就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

楽天とAmazonの売上比較は無意味?企業の売上を比較する時は「ビジネスモデル」に注意しよう

企業研究をする際、売上を基準として考える方が多いと思います。

もちろん売上は企業を評価する際の1つの基準として活用できますが、
その時に1つ注意点があります。
PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V1
例えば、2013年にこんなニュースがありました。

「Amazonの日本売上高が判明 12年は78億ドル」
(執筆時点の為替では、78億ドル=7279億円でした)

Amazonと楽天はよくライバルとして比較されていますが、
直近で楽天の売上は4435億円でした。

「楽天、売上高・営業利益が過去最高に」

つまり日本国内での売上を単純に比較するとAmazonの方が
3000億円程度高い…という事になるのですが、これらの売上を比較して
「楽天よりAmazonの方が国内シェアが高い」と判断するのは軽率です。

なぜかというと、両者のビジネスモデルが全く異なるものだからです。

【Amazonのビジネスモデルは?】

Amazonは、ECサイトの大手ですが、現時点でのビジネスモデルは
百貨店やスーパーなどの小売店と同じです。

消費者が1000円の商品を購入すれば、
その1000円はそのままAmazonの売上となります。
シンプルですね。

(マーケットプレイス型のビジネスモデルについては、後述します)

【楽天のビジネスモデルは?】

対して、楽天のビジネスモデルは「出店料」型のものです。

消費者が1000円の商品を購入しても、
その1000円は楽天の売上になるわけではありません。

楽天ではなく、「出店者の売上」になるのです。

そして、楽天はその出店者の売上のうち何%かを「手数料」として徴収するのです。
これが楽天の基本となるビジネスモデルです。

【では、実際に勝ってるのはどっち?】

つまり、Amazonの売上とは「商品流通額」で、楽天の売上とは「出店料」なのです。

前述のITMEDIAの記事によると
「楽天の2012年のEC流通総額は1兆4446億円で、同社によると流通総額ベースのオンライン小売市場シェアでは楽天が28.8%、Amazonが12.4%だとしている」
と記載されていますので、
商品流通額では楽天の方が勝っているようです。

ただ、商品流通額で楽天が勝っているとはいえ
利益でも楽天が勝っているのか?と言えば、それはまた別の話になります。

「流通額では勝って利益では負ける」という可能性も十分にありますが、
それについてはAmazonの日本単体の利益がわからないため、比較できません。

現時点では
「商品流通額では楽天の方が勝っている。
 売上の比較は、そもそもビジネスモデルが違うので無意味」
と考えるのが正解です。

【余談 Amazonも手数料ビジネスを推進している?】

Amazonは小売り企業だと書きましたが、
厳密に言うならば、手数料ビジネスも展開しています。

中古の本などを買う時、お世話になっている方も多いかもしれませんが、
「マーケットプレイス」というのがそれに当たります。

これはどういうビジネスモデルかというと
Amazonを利用する他の小売業者が、自分の在庫商品を登録しておき
Amazonを介して売れたら、Amazonはその手数料をもらうというビジネスです。

(ちなみに個人ユーザーでも出品することができるので、
 読み終わった本などをマーケットプレイスで売っている方もいらっしゃるようです)

書籍に関しては古本での展開がメインになっていますが、
書籍以外に関してはマーケットプレイスで提供されている商品も多いようです。

【その他の業界ではどうなのか?】

似たような業種でも、ビジネスモデルが全然違う
というパターンは枚挙に暇がありません。

例えば、人材業界であれば、人材派遣と人材紹介は似ているようで
全く違うビジネスモデルです。

人材派遣では、顧客から労働者に支払われる時給も含めて人材派遣会社の売上として計上され、
人材紹介では、人材紹介会社の売上として計上されるのは
「紹介料(中途なら年収の30%)」のみです。

(今回の例でいえば人材派遣はAmazon、人材紹介は楽天と立場が似ていますね)

他にも、広告代理店は媒体元に支払う広告掲載費用も自社の売上として計上するため、
粗利に対して売上が高くなる傾向があります。

色んなパターンがあるため一言でまとめるのは難しいのですが、

「どの時点で売上として計上されるのか?」
「売上のうち、粗利益はどの程度出るのか?」

という部分に注目すると良いでしょう。

手前味噌ではありますが、就活SWOTでは
企業の売上、利益の推移もグラフで閲覧できるようになっていますので
同じビジネスモデルの企業同士を比較してみるのも面白いかと思います。

https://swot.jp/industry/

Tags: , , ,

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削