就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

意外な高年収企業を探せ(1)―従業員規模別平均年収ランキング

人気記事 13,771 views

本コラムは、東洋経済新報社が発行する会社情報誌『就職四季報』様から寄稿いただきました。

いの一番のエントリーにほぼ意味はない

いわば会員登録的なプレエントリーに続き、
「選考の案内をしますよ」という本エントリーを始める企業も出てきたが、
エントリーを早く済ませることに意味はない。
エントリー数を稼ぐのは後でもできる。
代わりに今しかできないことは、とりこぼしを防ぐこと。

つまり1つでも多く
「知らない会社だったけど自分にとってはよい会社」を探すことだ。

ここ数年、「NAを減らしてほしい」に続く『就職四季報』への要望は、
「中小企業をもっと載せてほしい」というもの。その一方で、
中小企業と大企業の違いからわかっていないので、教えてほしいという意見もある。
企業の規模を示す指標はいくつかあるが、計りやすいのは従業員数だ。
国の統計などでは従業員数300人以上が大企業、それ以下が中小企業とされている。
卸売業や小売業はさらに大企業のハードルが低い。

(詳しくは中小企業庁HP)

知らない会社=中小企業だと思っていない?

就職四季報は大企業しか載っていない」と言われるが、
確かにこの基準に照らすと最新2013年版で大企業比率96%と
ほとんどが大企業である。
ただし、「中小企業を載せてほしい」という就活生が、
この基準をわかって中小企業に入りたいと思っているのかはかなり疑問だ。

たとえば、名古屋地盤のスズケンという医薬品卸。
従業員数5000人を超え、売上高1兆7000億円と、
どこからどうみても大企業なのだが、「中小では?」と思っている
学生がほとんどなのではないだろうか(というとかなりこの会社に失礼なのだが)。

トヨタ車体やトヨタ紡織は「トヨタ」がつくので
トヨタ自動車系列ということはわかるが、
下請けの中小企業だと思っていないだろうか。

ジヤトコやカルソニックカンセイはどうだろう。
いずれも従業員数数千人規模で、
たとえばカルピスやエスビー食品、
ロート製薬といった従業員1000人以下、
売上1000億円前後という会社よりも格段に規模が大きい。
つまり、よく知っている会社=大企業で、
知らない会社=中小企業だと思っている人が多いのではないだろうか。

誰もが知っている超大手ばかり受けるのは自殺行為だが、
中小企業なら誰でも入れるわけではない。
まして、他の記事でも触れたように、中小企業は採用数が少ないため、
入れる確率が無条件に大企業より高いというわけでもない。

気になる指標で知らない会社を探そう

知名度が低くても優良な会社を探すのは非常によいことだ。
ただ、知名度が低い会社がすべて中小企業だと思うことだけはやめてほしい。

『就職四季報』掲載会社を従業員規模で分けてから、
平均年収の高い順に抽出してみたのが以下のリストだ。

同300人未満の「中小企業」は母集団が少ないため、
年収が高くない会社も含まれるが、従業員数1000人前後だと、
名前を知らない会社で年収が高い会社があることがわかるのではないだろうか。

もちろん年収がすべてではない。

ただ、最初は年収でもなんでも興味をひかれる指標でよいから、
知らない会社、意外な会社を見つけてほしい。
エントリーの締切にはまだ時間がある。

■従業員数ゾーン別平均年収ランキング

(注)平均年収の[総]は総合職、※は何らかの注記つきデータ、
無印は原則現業除く全従業員であることを示す(以下同)。

(1)従業員数3,000人以上

[お知らせ] こちらのコンテンツは25685文字が会員限定となっております。全ての内容を読むには 会員登録もしくはログインをお願いいたします。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、就活入門資料面接対策資料も無料プレゼント。就活カレンダーでES〆切もチェックできます!)

 

就職四季報とは?

東洋経済新報社が発行する『就職四季報』は、
6000社の企業情報が掲載される、会社研究本です。自分の手で会社を探し、自分に合った会社に入るためには、【1】「有名企業だけが優良企業ではない」ということがわかる
【2】会社のマイナス面や厳しさがわかる
【3】自分が会社選びで何を重視するのかがわかるという3つの「わかる」が重要であると考え、
掲載会社からの掲載料を一切受けず中立・客観的な就活データを提供しています。『就職四季報』を使い倒すための公式サイト「就職四季報プラスワン」
http://www.toyokeizai.net/spc/shushoku/

Tags: ,

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削