就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧社名:ソニー・コンピュータエンタテイメント)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧社名:ソニー・コンピュータエンタテイメント)の強み・弱み分析

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

強み 互換戦略

SCEの開発するゲーム機器は同一カテゴリ品においては下位(後方)互換性を確保する戦略を用いてきたが、40GBモデルのPS3からPS2互換機能を廃止した。PS2はI/OコントローラーにPSのCPU等を取り込む事によって互換を維待している。互換性は機器の発売初期においては当初の少ないタイトル数を備い、ま... ...

(省略されている内容はログイン後に表示されます。)
機会 ゲームは「3D」と「モーション」の時代に

家庭用ゲーム機「プレイステーション3」を擁するSCEは、3Dをトピックの一つに据え、ソニー本社のソニー執行役EVPでもある平井一夫氏は、SCEアメリカ法人が開いた会見に登場し、「ソニーグループ全体で、プレイステーション3の3Dゲームをサポートする」と宣言した。ソニーは、すでに発売済みの据え置き型ゲーム機であるプレイステーション3(PS3)に、無料でソフトのアップデートを行い、3D対応テレビと3D対応ゲームを組み合わせることで、ゲームの立体視を実現すると発表しました。3D放送のための設備も、ソニーが製造しています。すなわち、ゲームを3Dの「切り込み隊長」と位置づけ、3Dそのものを推進していこうというのがソニーの狙い。
※参照先:http://www.asahi.com/digital/digitre/TKY201006240393_01.html

脅威 他社の技術戦略の動向

体全体で操作するマイクロソフトの「キネクト」は 、3Dではなく、コントローラーを使わずにゲームを操作するゲームシステム「Kinect(キネクト) for Xbox 360」で勝負に出る。 キネクトは、ビデオカメラなど複数の「センサー」を組み込んだ機器で、発売済みの家庭用ゲーム機「Xbox 360」と... ...

(省略されている内容はログイン後に表示されます。)
強み 生産戦略

PS2からは主要半導体の自社生産を戦略とし、他社半導体メーカによる供給と異なり、部材確保のタイミングやコストをコントロールしやすく、製品の垂直立ち上げや発売初動から安価な値付けを行うなどの演出を実現してきた。PS2の国内初動100万台販売やPSPの約2万円の価格など、従来のこれらの規模の製品ではあま... ...

(省略されている内容はログイン後に表示されます。)
強み ハードウェアの方針による差別化技術戦略

同社ゲーム機器を開発する際、テーマとする機能、性能が最も高くなるような味付けを行うことで他社との差別化を図ってきた。例えばPSではGTEによるジオメトリ性能の強化を図り、またPS2ではエンベデッドDRAMを採用しピクセル描画性能を高めてきた。PS3ではCellによる浮動小数点演算性能を強化し、物理演... ...

(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧社名:ソニー・コンピュータエンタテイメント)の企業研究リンク集

企業分析を投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。