..就活SWOTは、現在メンテナンス中です。メンテナンス終了しましたらTwitterにてお知らせいたします。 野村総合研究所の強み・弱み,SWOT分析|企業分析なら就活SWOT

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

野村総合研究所

野村総合研究所の強み・弱み分析

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

強み 特定の業界と強いつながりをもち、その事業が売上げの中核を担えるほどである

特定の業界、つまり金融(証券業・保険業・銀行業・その他金融)・流通業で全体の売上高の8割以上を占める

強み 問題解決に向けた各種ソリューションまでノンストップで提供する一貫したトータルソリューション

強み 将来を先取りした問題発見力

強み 徹底したリサーチ力

1965年、日本初のシンクタンクとして設立されて以来、蓄積されてきたデータとリサーチ力に裏打ちされたノウハウを持つ。(TRUENAVIというインターネットリサーチサイトもありリサーチ力への自信の程が伺える)
TRUENAVI
http://truenavi.net/

強み 将来を先取りした問題発見から問題解決に向けた各種ソリューションまでノンストップで提供するトータルソリューション

クライアントへの付加価値を高めていくためにその場限りの解決策だけでなく、地道な調査研究活動を通じて未来への深い洞察力(未来ナビhttp://www.nri.co.jp/navi/index.htmlなど時代を先取り)を培い、コンサルティングからシステム設計、構築、運用といった幅広い機能を活かして、あ... ...

(省略されている内容はログイン後に表示されます。)
弱み 特定の業界へ依存しがちである

体制や考え方はしっかりしているが長年功序列型など古い体質が残る。安定志向。

弱み 日本企業のグローバル思考が強い中、海外拠点が15拠点しかない

日本企業のグローバル化によってコンサルティング会社のニーズが増加している。特に中国の台頭など経営の複雑さが増して企業が適切で迅速な対応をするためにコンサルティング会社の需要が増えてきている
また、日本の一流企業の6割以上が中国進出している。
野村総研の海外拠点(15か所)
http://www.nri.co.jp/company/overseas.html

脅威 リーマンショック以降の不況やドバイショックでの過剰な円高傾向

ただし、状況によってはこの不況も案件が増えるチャンスに変わる可能性もある。

脅威 欧米に比べて日本の市場規模はまだ小さい

世界の市場が10~20兆円であるのに対し、日本の市場規模はまだ2700~3200億円とかなり出遅れている。しかし、今後コンサルティング業界の市場は伸びていくという見方が強い。

機会 リーマンショック以降の不況によるコンサルティング業界へのニーズ増

企業は不況で経営が悪化し、生き残りをかけて経営改革を迫られている。その結果、コンサルティング会社へのコスト削減や事業再生、業界再編などの案件は増えてきている

野村総合研究所の企業研究リンク集

企業分析を投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。