就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

アストラゼネカ

アストラゼネカの強み・弱み分析

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

強み MRの完全領域専任性の実施

顧客との接点であるMR(医薬情報担当者)は、同社プロフェッショナリズムを代表して、医薬品情報を正確、迅速そして十分に、医療の現場に伝える役割として、高度な専門性を目指し、領域別に専任のMRを配置する「完全領域専任制」を実施している。

強み 医学・薬学関連の豊富な文献をデータベース化

MRメディカル・レプレゼンタティブ(医薬情報担当者)の技能世界中のMRメディカル・レプレゼンタティブ(医薬情報担当者)が収集した安全性や有効性に関する膨大な情報は、迅速に医師や薬剤師に提供されると同時に、詳細な分析と評価を経て新しい医薬品の研究開発にフィードバックされます。さらに、世界各国で発行されている医学・薬学関連の豊富な文献をデータベース化し、世界中で検索できるシステムを確立しました。

機会 日本国内の抗癌市場拡大

アストラゼネカは、研究開発、生産・供給、情報収集のグローバルネットワークを構築し、エビデンスに基づいた情報提供を通じて、患者さんと医療従事者の方々のニーズに応える製品をお届けしています。
アストラゼネカの日本における売り上げ比率を治療領域別に見ると、前立腺がん36%、乳がん12%、肺がん7%、循環器18%、消化器17%、ニューロサイエンス(中枢神経、麻酔)7%、呼吸器3%となっています。

◆参照先 http://www.astrazeneca.co.jp/company/japan/products.html

脅威 副作用による問題

抗がん剤であり、上皮細胞成長因子阻害薬の「イレッサ」(一般名:ゲフィチニブ)の承認を世界に先駆けて日本で獲得したが、副作用などが問題となった。第4回ゲフィチニブ検討会にて、ガイドラインの周知を図ることでイレッサを使い続けることを決定
参照:Wikipedia

強み 研究開発のグローバル化

アストラゼネカでは、新薬の開発や申請に必要な膨大なデータを、全世界の開発拠点で共有しており、世界各国の市場での医薬品の生産・供給においても、Global Supply Chain&Manufacturing Strategy(グローバル供給チェーン&製造戦略)のもとグローバルネットワークを駆使して、スピーディさ、適正なコスト、需要に対する的確で安定した供給を目指し、アストラゼネカグループ全体の効率を高めている。
◆参照先
http://www.astrazeneca.co.jp/

アストラゼネカの企業研究リンク集

企業分析を投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。