就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループ 会社情報

2019卒インターン情報ページURL:
設 立: 2003年1月8日
HP: http://www.mizuho-fg.co.jp/
タグ 都市銀行/

みずほフィナンシャルグループ の新卒採用HP

https://www.mizuho-fg.co.jp/saiyou/index.html

イベント情報 https://www.mizuho-fg.co.jp/saiyou/recruit/event/index.html

みずほフィナンシャルグループ の特色・要チェックポイント

3メガバンクで規模2位。旧富士、第一勧業、日本興業の3行が前身。銀行・信託・証券の連携加速

最新クチコミ

おだやかでのんびりした社風です。

buzz

みずほフィナンシャルグループは旧興銀、富士、第一勧銀、ミズホコーポレート銀行という巨大な銀行すべてを一つにしただけあり、主に大企業との取引に強いのが強みであると思いました。これだけ銀行が合併したにも関わらず、行内で旧○○銀行出身だからという隔てや差別は全くありませんでした。身内に他行行員がいますが、...(続きは省略されています)

ゆりより

2015年度選考クチコミまとめ

<一次面接>
広い会場に個々にブースを設けての個人面接>...(続きは省略されています)

みずほより

2015年度選考クチコミまとめ

<一次面接>
広い会場に個々にブースを設けての個人面接>...(続きは省略されています)

みずほより

財務情報【証券コード】8411

みずほフィナンシャルグループは直近の三年間、売上は毎年増収を達成しています。
3年前(29130.1億円)と比較して、前期(32152.7億円)は売上が増加しています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 29130.1億円 29277.6億円 31802.3億円 32152.7億円
営業利益 - - - -
経常利益 7503.8億円 9875.9億円 10108.7億円 9975.3億円
純利益 5605.2億円 6884.2億円 6119.4億円 6709.4億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 1758228.9億円 1896847.5億円 1934585.8億円 2005086.1億円
純資産 83045.5億円 98005.4億円 93532.4億円 92733.6億円
負債 1675183.4億円 1798842.1億円 1841053.4億円 1912352.5億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

【資金】預金 87% 27972.8億円
債券 0%
譲渡性預金 13% 4179.9億円
【資産】現・預け金 13% 4179.9億円
有価証券 28% 9002.8億円
貸出金 45% 14468.7億円
13% 4179.9億円
【融資】中小企業等向け 57% 18327億円
住宅・消費者向け 21% 6752.1億円

SWOT分析

強み 個人預金口座数2,500万、国内上場企業の約7割との取引を背景とした強固な顧客基盤 首都圏における大きなプレゼンス

弱み 保有株が他より多く、財務体質が株安に左右されやすい

脅威 外国為替相場の変動

機会 グループのつながりを利用したシナジー

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。