就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

ザッパラス

ザッパラス 会社情報

設 立: 2000年3月27日
HP: http://www.zappallas.com/

最新クチコミ

売上は半減し、赤字決算に転落

携帯電話(フィーチャーフォン)向けにコンテンツを配信することをメイン事業としていましたが、フィーチャーフォンがスマートフォンに取って代わられるとともに、ザッパラスの事業規模は縮小均衡を続けています。業績は、2012年4月期までは売上高は100億円程度で横ばいを続けており経常利益は25億円程度を計上し...(続きは省略されています)

カウンセラーAru諏訪部明仁より

継続型のビジネスモデル

ザッパラスは「占い」「デコメ」をメインで提供している。
(2009年10におけるサイト総数は374、そのう>...(続きは省略されています)

データベースを顧客サービスに活かし、顧客との長期的関係を構築

コンテンツの利用状況を分析しデータベースを構築、どのような顧客にどのようなサービスが好まれるのかをリサーチ。
>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】3770

ザッパラスは3年前(88.9億円)と比較して、前期(55.6億円)は売上が減少しています。
営業利益は2.4億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年4月期 2014年4月期 2015年4月期 2016年4月期
売上高 88.9億円 81.6億円 75.8億円 55.6億円
営業利益 14.2億円 7.2億円 5.2億円 2.4億円
経常利益 16.6億円 7.5億円 7.3億円 1.6億円
純利益 9.2億円 3.8億円 2.4億円 -5.4億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年4月期 2015年4月期 2016年4月期
総資産 100.6億円 101.7億円 84.3億円
純資産 83.9億円 84.9億円 77.1億円
負債 16.7億円 16.8億円 7.2億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

コンテンツ 75% 41.7億円
コマース関連 19% 10.6億円
海外 2% 1.1億円
5% 2.8億円

大株主一覧


2008年7月31日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
玉置真理 27,020 7,866 1,900 20.6%
三木谷浩史 14,930 4,346 1,050 11.4%
ネットキャピタルパートナーズリミテッド 12,050 3,508 847 9.2%
バンクオブニューヨークジーシーエムクライアントアカウントジェイピーアールディアイエスジーエフイーエイシー 5,138 1,496 361 3.9%
佐藤和利 5,024 1,462 353 3.8%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 4,738 1,379 333 3.6%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 4,697 1,367 330 3.6%
杉山全功 3,060 891 215 2.3%
モルガンスタンレーアンドカンパニーインターナショナルピーエルシー 2,975 866 209 2.3%
ステートストリートバンクアンドトラストクライアントオムニバスアカウントオーエムゼロツー 2,900 844 204 2.2%
※当時価値(2008年7月31日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年7月31日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
川嶋真理 25,520 4,578 1,794 19.2%
三木谷浩史 13,930 2,499 979 10.5%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 10,821 1,941 761 8.2%
ドイチェバンクスイスアーゲー 7,274 1,305 511 5.5%
佐藤和利 4,020 721 283 3.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 2,642 474 186 2.0%
トランス・コスモス株式会社 2,600 466 183 2.0%
杉山全功 1,860 334 131 1.4%
資産管理サービス信託銀行株式会社 1,674 300 118 1.3%
※当時価値(2009年7月31日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年7月29日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
川嶋真理 26,720 2,560 1,878 19.9%
三木谷浩史 6,454 618 454 4.8%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 2,900 278 204 2.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 2,463 236 173 1.8%
兼松コミュニケーションズ株式会社 1,500 144 105 1.1%
チェースマンハッタンバンクジーティーエスクライアンツアカウントエスクロウ 1,370 131 96 1.0%
ジェーピーモルガンチェースバンク385093 1,349 129 95 1.0%
資産管理サービス信託銀行株式会社 1,181 113 83 0.9%
バンクオブニューヨークヨーロッパリミテッド131705 1,006 96 71 0.8%
※当時価値(2011年7月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
ブラックロック・ジャパン株式会社 4.92% -1.41% 2012-04-06
三木谷浩史 4.98% -1.05% 2011-12-20
ブラックロック・ジャパン株式会社 6.33% +1.3% 2011-11-08
川嶋真理 21.33% -0.02% 2011-09-01
ブラックロック・ジャパン株式会社 5.03% +5.03% 2011-07-07
みずほ信託銀行株式会社 4.03% -1.11% 2011-03-07
みずほ信託銀行株式会社 5.14% -1.4% 2011-02-07
みずほ信託銀行株式会社 6.54% -1.02% 2011-01-21
川嶋真理 21.45% ±0% 2011-01-18
みずほ信託銀行株式会社 7.56% -1.4% 2011-01-11


SWOT分析

強み 継続型のビジネスモデル

弱み広告費や開発関連費用の増加

2010年4月期の業績見通しを下方修正した。修正した営業利益は、28.8億円(前期比6.3%増)で、従来予想は31.1億円だった。

営業利益が伸び悩んだ原因の一つは広告費がかさんだため。ザッパラスは、もともと携帯電話のアフィリエイト広告を主な顧客獲得手段として使っていた ... ...

(続きは省略されています)

脅威 モバイルコンテンツ市場の動向および競合について

機会中国市場への進出

iPeerとの業務提携ならびに香港法人(名称未定)の設立、出資によるGgwan及びMmclickとの業務提携を通じて、中国市場に進出する。

中国の携帯電話ユーザー数は、2012年度には10億ユーザーまで拡大するとともに、3Gサービスの開始によってモバイルインターネット市 ... ...

(続きは省略されています)