就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ヤマハ

ヤマハ 会社情報

設 立: 1897年10月12日
HP: http://www.yamaha.co.jp/
概要

明治時代の創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランド[1]であり、機械的な面での質の良さから、海外においても非常に知名度のあるブランドとなっている。
1960年代からエレクトーン、電子ピアノ等の電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど高い技術力を誇っている。これらの電子機器の開発から得られた技術力を活かし、半導体等の電子部品、ルータ等のネットワーク機器、オーディオ機器等の製造を行うAV・IT事業でも知られる。

タグ

最新クチコミ

最終面接での自己PRタイムに困ります。

最終面接で最初に自己PRタイムがあります。人によってやることはまちまちなのですが、困るのは楽器を経験した人間なら、演奏するべきなのか?しない方がいいのか?下手だとそれを理由に落とされてしまうのではないかと考えてしまいます。 自分の場合は、研究していたテーマをそのまま紹介しました。学会で一度...(続きは省略されています)

kostoreより

インターンシップにおける書類審査や面接のあれこれ

インターンシップの選考に関して私の体験を書かせて頂きます.ヤマハのインターンシップは,技術系,事務系ともにテーマが豊富にあり,自分の興味や研究内容と合致するテーマが見つけやすいと思います.エントリーシートは選んだテーマへの参加動機や自分の研究などの専門性を実習にどのように活かしたいか,学生時代に注力...(続きは省略されています)

s_yanより

サプライチェーンの取り組み強化

>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】7951

ヤマハは直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(3669.4億円)と比較して、前期(4354.8億円)は売上が増加しています。
営業利益は406.6億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 3669.4億円 4103.0億円 4321.8億円 4354.8億円
営業利益 92.2億円 259.9億円 301.4億円 406.6億円
経常利益 85.8億円 261.5億円 312.3億円 409.1億円
純利益 41.2億円 229.0億円 249.3億円 326.3億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 4389.3億円 5300.3億円 4697.5億円 5223.6億円
純資産 2748.4億円 3487.5億円 3038.9億円 3674.4億円
負債 1640.9億円 1812.8億円 1658.6億円 1549.3億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

楽器 64% 2787.1億円
音響 26% 1132.2億円
電子部品 5% 217.7億円
5% 217.7億円

大株主一覧


2008年6月26日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 14,693,000 30,415 9,888 7.1%
ヤマハ発動機株式会社 10,216,000 21,147 6,875 5.0%
ジェーピーモルガンチェースバンク 9,809,000 20,305 6,601 4.8%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 9,152,000 18,945 6,159 4.4%
三井住友海上火災保険株式会社 8,918,000 18,460 6,002 4.3%
株式会社みずほ銀行 8,779,000 18,173 5,908 4.2%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 8,528,000 17,653 5,739 4.1%
株式会社静岡銀行 8,349,000 17,282 5,619 4.0%
住友生命保険相互会社 7,300,000 15,111 4,913 3.5%
ドイツ証券株式会社 6,722,000 13,915 4,524 3.2%
※当時価値(2008年6月26日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月26日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 11,232,000 13,265 7,559 5.7%
ヤマハ発動機株式会社 10,216,000 12,065 6,875 5.2%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 10,146,000 11,982 6,828 5.1%
三井住友海上火災保険株式会社 8,918,000 10,532 6,002 4.5%
株式会社みずほ銀行 8,779,000 10,368 5,908 4.5%
株式会社静岡銀行 8,349,000 9,860 5,619 4.2%
住友生命保険相互会社 7,300,000 8,621 4,913 3.7%
日本生命保険相互会社 6,482,000 7,655 4,362 3.3%
株式会社みずほコーポレート銀行 5,775,000 6,820 3,887 2.9%
※当時価値(2009年6月26日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月28日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
ヤマハ発動機株式会社 10,326,000 9,562 6,949 5.2%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 10,154,000 9,403 6,834 5.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 9,636,000 8,923 6,485 4.9%
三井住友海上火災保険株式会社 8,918,000 8,258 6,002 4.5%
株式会社みずほ銀行 8,779,000 8,129 5,908 4.5%
株式会社静岡銀行 8,349,000 7,731 5,619 4.2%
住友生命保険相互会社 7,300,000 6,760 4,913 3.7%
日本生命保険相互会社 6,482,000 6,002 4,362 3.3%
株式会社みずほコーポレート銀行 5,775,000 5,348 3,887 2.9%
資産管理サービス信託銀行株式会社 4,030,000 3,732 2,712 2.0%
※当時価値(2010年6月28日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月27日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
ヤマハ発動機株式会社 10,326,000 9,097 6,949 5.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 9,193,000 8,099 6,187 4.7%
株式会社みずほ銀行 8,779,000 7,734 5,908 4.5%
株式会社静岡銀行 8,349,000 7,355 5,619 4.2%
三井住友海上火災保険株式会社 8,008,000 7,055 5,389 4.1%
住友生命保険相互会社 7,300,000 6,431 4,913 3.7%
日本生命保険相互会社 6,482,000 5,711 4,362 3.3%
株式会社みずほコーポレート銀行 5,775,000 5,088 3,887 2.9%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 4,849,000 4,272 3,263 2.5%
※当時価値(2011年6月27日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
三井住友信託銀行株式会社 5.48% -0.08% 2012-04-19
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.56% +5.56% 2011-04-21
株式会社みずほコーポレート銀行 10.87% +0.03% 2009-10-20
株式会社みずほコーポレート銀行 10.84% +0.19% 2009-05-14
キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー 4.2% -1.31% 2009-01-21
キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー 5.51% -1.95% 2009-01-08
野村證券株式会社 3.95% -1.1% 2008-12-22
野村證券株式会社 5.05% -1.22% 2008-11-06
キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー 7.46% +1.02% 2008-10-22
キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー 6.44% +1.41% 2008-08-21


SWOT分析

強み 携帯電話用音源LSIビジネス

弱み 自社の強みの技術を積極的に営業する姿勢に欠ける。技術でかって市場で負ける可能性あり。

脅威 為替リスクの影響大

機会 中国及びアジアのピアノ成長市場への展開

口コミをカテゴリー別に読む

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • 就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    エントリーシート自動添削