就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ヤフー

ヤフー の概要・基本情報

インターネット上の広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業などを行っている。
1日平均19億のアクセス数を誇り、日本における検索エンジンとしては過半数のシェアを獲得している。ソフトバンクグループが筆頭株主となっている。

設 立: 1996年1月31日
HP: http://www.yahoo.co.jp/
タグ

ヤフーの新卒採用HP

http://hr.yahoo.co.jp/job-info/potential/

30歳以下がポテンシャル採用枠となっておりそれが新卒者の応募できるコースです。

最新クチコミ

(一次面接)ヤフー人事担当1名との個人面接

exam-interview

ESを提出し、選考が進み、個人面接など 実際の面接でどのような受け答えをしているのか?を 内定を獲得した先輩の実際の受け答えを元に4つの記事で再現したものです。 今回は、一次面接編です。 前回のESを元にどのような会話が繰り広げられるのか ぜひチェックしてみてください。 30代の人事担当1名との個人面接の記録です。 面接官:「2分ぐらいで自己紹介をしてください。」...(続きは省略されています)

SWOT編集部より

【選考の流れ】内定を取るまで ~二次面接編~ 面接で意図しないツッコミを受けても焦ることはない

exam-interview

こちらの記事は、ESを提出し、選考が進み、個人面接など実際の面接でどのような受け答えをしているのか?を内定を獲得した先輩の実際の受け答えを元に4つの記事で再現したものです。今回は、二次面接編です。前回の一次面接とはうって変わり様々なツッコミを受けています。ぜひチェックしてみてください。ヤフー株式会社...(続きは省略されています)

(内定者インタビュー)より

通過ES 「学生時代にもっとも力をいれ、やりきったこと・経験」「ヤフーで実現したいこと」「現在の就職活動状況」2018卒

entrysheet

「学生時代にもっとも力をいれ、やりきったこと・経験」「ヤフーで実現したいこと」「現在の就職活動状況」...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】4689

ヤフーは直近の三年間、売上は毎年増収を達成しています。
3年前(4085.1億円)と比較して、前期(8537.3億円)は売上が増加しています。
営業利益は1920.5億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 4085.1億円 4284.9億円 6523.3億円 8537.3億円
営業利益 1964.4億円 1972.1億円 2250.0億円 1920.5億円
経常利益 2082.2億円 2083.0億円 2265.9億円 1934.8億円
純利益 1286.1億円 1330.5億円 1716.2億円 1365.9億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 8499.9億円 10076.0億円 13428.0億円 15342.1億円
純資産 6196.8億円 7260.0億円 8441.7億円 9308.2億円
負債 2303.1億円 2816.0億円 4986.3億円 6033.9億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

マーケティングソリューション 70% 5976.1億円
コンシューマ 26% 2219.7億円
5% 426.9億円

SWOT分析

強み 高い利益率

弱み 売り上げに占める広告費の割合が高い

脅威 売り上げに占める広告費の割合が高い

機会 インターネット広告の成長

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。