就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険 の概要・基本情報

設 立: 1879年(明治12年)8月
HP: http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
タグ

最新クチコミ

深堀される面接

exam-interview

ES・一次面接・二次面接・最終面接のような流れでした。雰囲気はどの会でも大変穏やかな雰囲気でした。二次面接では、自分の席と、面接官の方との距離感が大変離れており、声のボリュームに気を付けてお話しました。質問内容は、基本的に毎回あまり変わらず、自分が学生時代に頑張ったこと、どう考えたか、志望動機でした...(続きは省略されています)

ももより

これまでの人生すべて聴く面接

internship

サマーインターンシップの面接を受けました。流れはエントリーシート提出→説明会込みのグループ面接→二次面接→インターンシップ参加といったものです。グループ面接は1分程度の自己紹介と10分程度の自己PRでした。他の就活生の自己PRも聞けるので、声のトーンや速さなど、大変参考になります。担当者の方からも「もっとこうした方がいい」というアドバイスをいただけるので、面接慣れするには恰好の場です。二次面接は人事と就活生の1対1。コンピテンシー面接と呼ばれるそうですが、これまで自分の人生で...(続きは省略されています)

ゆんより

とにかく努力をした経験をアピール

exam-interview

適性テスト、ES、履歴書の提出の後の面接は一次面接、二次面接、最終面接と三回ありました。その面接はすべての回を通して必ず「今までで辛いと感じたことや挫折経験とそれをどう乗り越えたか」を聞かれました。 私が実際にこの会社で働いた経験から、お客様相手の仕事なので、理不尽なことを言われたり、事故を起こしてパニックになっているお客様を冷静に落ち着かせて対応する能力が求められます。 そういった面からも、窮地に陥った時にどのように自分で考え冷静に対処出来るかということを見ていたのだと思います。...(続きは省略されています)

はなまるより

東京海上エリア型の面接内容

exam-interview

選考の段階によって聞かれる内容が変わります。一次面接では、主に学生時代に頑張ったことを聞かれ、その中で、どう頑張ったか、困難はあったか、困難をどう乗り越えたか、を聞かれます。面接官の質問にちぐはぐにならないように答えられると通ると思います。なにを聞いてるのかをしっかり把握して、答えがダラダラと長くな...(続きは省略されています)

かいじょうちゃんより

挫折経験とその乗り越え方をアピール

exam-interview

適性検査、ESを経て一次面接・二次面接・最終面接とありましたが、面接で必ず聞かれたことは、今までで1番辛かった経験とそれをどうやって乗り越えたか、でした。特に乗り越えた方法について深く質問され、その時にどういう行動に出たか、行動に出た結果どうだったのか、そこから何を得たのか、などです。実際にこの会社へ入社し思ったのですが、お客様対応がメインになることもあり、お客様がパニックを起こされても、理不尽なことを言われても、常に冷静に対処し自分で解決する方法を見つけなければいけないので...(続きは省略されています)

はなまるより

この会社の働き心地

buzz

毎年、新卒者の人気企業ランキングで上位に入る会社であり、その評判通り、社員に対する待遇はとてもいいと言えます。①Iターン・Uターン制度が充実している結婚し、配偶者の転勤先に付いて行きたい方や、親の介護で現在の勤務地から離れている実家に戻りたい方等、会社に要望すれば勤務地を考慮してもらえるケースがあり...(続きは省略されています)

たまのいすずより

【エリア型採用】就活の面接で聞かれた質問

exam-interview

この企業では採用面接の際に志望動機はほとんど聞かれません。その代わり、コンピテンシー面接という、「この人はどのようなシチュエーションでどのような対応をする特性があるのか」というものを探るような質問をしてきます。筆者が聞かれた項目と回答を記載いたします。・「親からどんなしつけを受けて育ったか」→「挨拶...(続きは省略されています)

たまのいすずより

一般職採用 採用面接について

exam-interview

支店の一般職採用の最終面接の体験談です。コの字型に並べられた長テーブルにそれぞれ2名ずつ、計6名の男性社員が座っていました。私はその真ん中に置かれた椅子に座りましたが、面接が始まる前からかなりの圧迫を感じました。質問は志望動機や自己PRなどの一般的なものから始まりましたが、疑問や矛盾があると面接官か...(続きは省略されています)

emirieより

参加したおかげで業界について詳しく理解できたほか、企業について内部から知ることが出来、本選考の際に有利だと感じた

internship

サマーインターンにおいて、最初に意識していたのは業界を選ばないことです。この時期は業界の違いなどがそこまで詳しくわかっていないので、興味があるところはバンバン受けました。実際エントリーシートや面接において志望動機を重点的に見ているような印象はありませんでした。そしてエントリーする企業が決まったらES...(続きは省略されています)

しんちゃん(早慶文系)より

エントリーシート(ES設問内容と回答/選考のアドバイス)(グロウアップコース)

entrysheet

「ES設問内容と回答」(グロウアップコース)・大学時代に力を入れたこと三つ(150文字)私が大学時代に力を入れ取り組んだことの一つ目は、成績が上がらない学習塾で講師リーダーとして講師研修を担当し生徒の成績向上に尽力したことです。二つ目が初心でも楽しめる「初心者バスケットボールチーム」の設立と運営をし...(続きは省略されています)

ほっしーより

東京海上日動火災保険 のインターン情報

【2021-02-28締切】 体験できる仕事 ■半日仕事体験(業界研究セミナー)内容■ “保険のプロ”として東京海上日動のTOP QUALITY 代理店で活躍するメンバーと共にコンサルティング営業の体験ができる業界研究セミナーです。単なる保険業界の知識だけでなく、保険代理店の社会的存在意義やその役割について学ぶことができます。 ●保険代理店とは 保険代理店は、保険会社の委託を受けて損害保険契約、生命保険契約の募集を行っています。多様化するお客様のニーズに応じて最適な保険を提案することで、お客様に安心と安全をお届けするリスクコンサルタ
https://job.rikunabi.com/2022/company/r448281093/internship/

(求人を検索する)

【東京海上日動火災保険株式会社】(リクナビ2022)
2022 インターンシップ 損害保険

東京海上日動火災保険株式会社
業種
損害保険

本社
東京
TOKIO MARINE プレミアム・インターンシップ in Summer

毎年多くの学生さんに参加いただいているインターンシップ!!TOKIO MARINEのビジネスフィールドを肌で感じてください!!

実施内容詳細 日本の近代化、グローバル化を実現させてきた東京海上日動では、
当社ビジネスを「実際の現場」で体験いただく受入型インターンシップを開催します。

「少人数のチーム」で各部門の社員と直に交流しながら、
「プロとは何か」「働くとは何か」を肌で感じてください。
「常識を覆す」「プロフェッショナルに挑む」をメインテーマにさまざまな部門で、
課題解決や新たなソリューション提供に挑戦していただきます。

当社ビジネスの舞台の広さや影響力を感じていただくとともに、
是非社会で働くことを考えるきっかけにしてください...

東京海上日動火災保険の新卒採用HP

求人を検索する

【東京海上日動火災保険株式会社】(理系ナビ 2021)
2021 新卒採用 グローバルコース/エリアコース(ワイドエリア)/エリアコース(エリア)

財務情報【証券コード】8766

東京海上日動火災保険は直近の三年間、売上は毎年増収を達成しています。
3年前(41661.3億円)と比較して、前期(52326.0億円)は売上が増加しています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 41661.3億円 43279.8億円 45790.8億円 52326.0億円
営業利益 - - - -
経常利益 2743.9億円 3581.8億円 3858.3億円 3876.6億円
純利益 1841.1億円 2474.4億円 2545.4億円 2738.6億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 189480.0億円 208896.7億円 218553.3億円 226076.0億円
純資産 27391.1億円 36096.6億円 35126.6億円 35697.6億円
負債 162088.9億円 172800.2億円 183426.7億円 190378.4億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

火災 17% 8895.4億円
海上 4% 2093億円
傷害 7% 3662.8億円
自動車 42% 21976.9億円
自賠責 10% 5232.6億円
20% 10465.2億円

SWOT分析

強み ・他社に比べ海外展開を加速させている。 Ex.2008年、米中堅損保のフラデルフィア社の買収など ・総資産が2位のMS海上の2倍以上(3社統合後も依然トップ)

弱み ・どの損保にも言え、且つ過去の話であるが、保険金不払い問題

脅威 三井住友海上、あいおい損保、ニッセイ同和損保の経営統合 それによる、保険料収入ベースでの2位転落

機会 ・日系企業の海外進出→保険によるリスクマネージメントの機会が増加 ・海外での自動車需要の拡大

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。