就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

東映アニメーション

東映アニメーション 会社情報

設 立: 1948年(昭和23年)1月23日
HP: http://www.toei-anim.co.jp/
特色

東映系のアニメ制作老舗。テレビ向けに強み。キャラクターの商品化権等の版権収入も大きい

タグ

最新クチコミ

映画の世界に飛び込みたい

幼いころから映画が好きで、映画の世界に飛び込みたいと思い、東映アニメーションの採用選考を受けることにしました。就活生の多くは専門学校出身の方が多く、私のような普通の大学出身者はどちらかと言うとマイノリティーだったような気がします。採用選考の流れはエントリーシートからの一次面接、二次面接、最後に最終面...(続きは省略されています)

uuuより

ワンピースはダメだったみたいです

私の場合は面接会場には一人で入りました。面接会場は会社内の会議室のような場所でそこに10人近い面接官がいます。まず、進行役の人が志望動機を聞かれたので私が御社を志望いたしました理由は御社がデジタル作画を初めとした新しいことをアニメ業界に先んじて行っており、また安定した経営を行っているため、クリエ...(続きは省略されています)

亞北ネルより

財務情報【証券コード】4816

東映アニメーションは3年前(336.4億円)と比較して、前期(336.1億円)は売上が減少しています。
営業利益は76.4億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 336.4億円 310.3億円 303.1億円 336.1億円
営業利益 47.7億円 36.0億円 40.0億円 76.4億円
経常利益 52.6億円 39.4億円 39.8億円 80.0億円
純利益 32.9億円 23.3億円 24.4億円 51.5億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 458.2億円 504.6億円 - 659.8億円
純資産 385.1億円 411.0億円 - 515.5億円
負債 73.1億円 93.6億円 - 144.3億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

映像製作・販売 45% 151.2億円
版権 33% 110.9億円
商品販売 18% 60.5億円
5% 16.8億円

大株主一覧


2008年6月26日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
東映株式会社 4,560,000 9,462 7,661 32.6%
株式会社テレビ朝日 2,110,000 4,378 3,545 15.1%
株式会社フジテレビジョン 1,410,000 2,926 2,369 10.1%
モルガン・スタンレーアンドカンパニーインク 1,136,000 2,357 1,908 8.1%
ビービーエイチオッペンハイマーグローバルオポチュニティーズファンド 400,000 830 672 2.9%
ジェーピーモルガンチェースバンク380055 392,000 813 659 2.8%
ユービーエスセキュリティーズエルエルシーカスタマーセグリゲイティッドアカウント 365,000 757 613 2.6%
東映ラボ・テック株式会社 350,000 726 588 2.5%
東映ビデオ株式会社 350,000 726 588 2.5%
株式会社バンダイナムコホールディングス 280,000 581 470 2.0%
※当時価値(2008年6月26日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月25日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
東映株式会社 4,619,000 7,159 7,760 33.0%
株式会社テレビ朝日 2,110,000 3,271 3,545 15.1%
株式会社フジ・メディア・ホールディングス 1,410,000 2,186 2,369 10.1%
モルガンスタンレーアンドカンパニーインク 900,000 1,395 1,512 6.4%
ジェーピーモルガンチェースバンク380055 381,000 591 640 2.7%
東映ビデオ株式会社 350,000 543 588 2.5%
東映ラボ・テック株式会社 350,000 543 588 2.5%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505103 349,000 541 586 2.5%
ノーザントラストカンパニー 285,000 442 479 2.0%
株式会社バンダイナムコホールディングス 280,000 434 470 2.0%
※当時価値(2009年6月25日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月28日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
東映株式会社 4,668,000 6,587 7,842 33.3%
株式会社テレビ朝日 2,110,000 2,977 3,545 15.1%
株式会社フジ・メディア・ホールディングス 1,410,000 1,990 2,369 10.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 554,000 782 931 4.0%
東映ビデオ株式会社 385,000 543 647 2.8%
東映ラボ・テック株式会社 350,000 494 588 2.5%
ノーザントラストカンパニー 329,000 464 553 2.4%
ジェーピーモルガンチェースバンク380055 296,000 418 497 2.1%
株式会社バンダイナムコホールディングス 280,000 395 470 2.0%
株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 260,000 367 437 1.9%
みずほ信託銀行株式会社退職給付信託ソニー株003口再信託受託者資産管理サービス信託銀行株式会社 260,000 367 437 1.9%
※当時価値(2010年6月28日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月29日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
東映株式会社 4,700,000 7,943 7,896 33.6%
株式会社テレビ朝日 2,110,000 3,566 3,545 15.1%
株式会社フジ・メディア・ホールディングス 1,410,000 2,383 2,369 10.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 1,014,000 1,714 1,704 7.2%
東映ビデオ株式会社 444,000 750 746 3.2%
東映ラボ・テック株式会社 350,000 592 588 2.5%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 286,000 483 480 2.0%
株式会社バンダイナムコホールディングス 280,000 473 470 2.0%
株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 260,000 439 437 1.9%
みずほ信託銀行株式会社退職給付信託ソニー株003口再信託受託者資産管理サービス信託銀行株式会社 260,000 439 437 1.9%
※当時価値(2011年6月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
東映株式会社 40.16% ±0% 2012-04-05
シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社 8.84% +1.03% 2012-01-11
東映株式会社 40.16% +0.37% 2011-09-02
シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社 7.81% +1.01% 2011-07-25
シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社 6.8% +1.53% 2010-11-22
シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社 5.27% +5.27% 2010-10-18
モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・リミテッド(MorganStanleyInvestmentManagementLimited) 3.99% -1.03% 2010-08-04
東映株式会社 0.14% +0.14% 2010-08-04
モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・リミテッド(MorganStanleyInvestmentManagementLimited) 5.02% +5.02% 2009-12-07
東映株式会社 38.77% +1.0% 2009-12-03


  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • 就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    エントリーシート自動添削