就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

竹中工務店

竹中工務店 の概要・基本情報

竹中工務店の建設大手の一社であり、
09年度売上高は9839億円となっています。
また、非上場ではあるが、社会貢献事業にも積極的であり、
大型の建築物などのブランド力は日本屈指である。

設 立: 1610年(慶長15)
HP: http://www.takenaka.co.jp/
タグ

竹中工務店の新卒採用HP

http://www.takenaka.co.jp/recruit/fresh/recruit/index.html

3〜4月に会社説明会実施。

採用コース・説明会

【募集コース】

総合職(全国)勤務地を限定せず、国内および海外のいずれの地域においても勤務することが前提
総合職(地域)勤務地を下記表に記載している各本支店管轄地域内に限定する。
地域型社員についても管轄地域内での転勤はある。


【自社セミナー】

事務、建築技術・設備、企画管理などの職種別セミナーや、全職種向けセミナーを自社で実施。


社内セミナーの申込みは3月1日以降にエントリーし、MYページより予約。※設備セミナーは機電系学生を含みます。

竹中工務店 の特色・要チェックポイント

NULL

企業概要・沿革

企業の沿革

 1610年 織田信長の家臣 竹中藤兵衛正高が名古屋で創業

 1699年 14代竹中藤衛門が神戸に進出 創立第一年とする。

 1923年 本店を大阪に移転する

 1937年 株式会社になる

 2010年 創業400周年

 設立当時は、神社仏閣の造営に携わっていた。それから成長すると、様々な建物を建てていく。

 東京タワー、東京ドーム、大阪ドーム、ナゴヤドーム、東京ミッドランド等、著名な建物の建設に携わる。


事業所

 大阪本店、東京本店を初めとして、北海道、東北、名古屋、広島、九州と各地に事業所がある。また、技術を研究するための竹中技術研究所がある。


企業理念として

 最良の作品を世に残し、社会に貢献する。

 自然環境との共生、低炭素社会、資源循環社会を求めていく。

 地域社会との交流を通じて社会に貢献する。

 お客様本位の物作りをしている。


活動内容

 主に建物の建造を行っている。大手ゼネコンである。ドームや塔のよな巨大な建築物の建造だけじゃなく、テレビ局、病院や学校、体育館も建造している。

 建築界の総合会社である。自社が施工した建物を作品と呼ぶことでも知られている。建築関連の賞を受賞した建物が数多くある。

 (竹中工務店から著名な建築家を輩出している。)


その他活動内容

 石巻市では、町の復興に役立つように協力している。公園作りに参加すると、地域住民と共に活動をしている。「子どものまち・いしのまき」に協力している。

 品質向上のための活動を積極的に行っている。建物が最良のものになるよう。付加価値を向上させるために考えている。物づくりの精神を若手に向けて伝えていく。

 最近では、コンプライアンスにも気をつけていて、コンプライアンス部と品質監査部を設置している。全社的にそれに取り組むと,問題が起きないように気をつけている。


特徴

 竹中工務店は、大手企業の中では珍しい非上場の企業である。非上場であることを行かした独自の経営で知られている。


最新クチコミ

【志望動機例】なぜ建物なのか

exam-interview

工務店で聞かれる内容としては王道かもしれませんが、なぜ他の建築や工務店ではなく竹中に就職したいのか聞かれました。当時の私の回答は以下になります。「建物に興味を持ったことはほとんどありませんでしたが、インターナショナルスクールで同級生だったインドネシア人の親友が日本に遊びに来た際に考えが変わりました。...(続きは省略されています)

SMaiより

思わぬ展開の面接に戸惑った!!選考内容について

exam-interview

竹中工務店の選考内容は一次試験が筆記と集団面接、二次試験は個人面接でした。 一次の集団面接では志望動機を詳細に聴かれました。他の受験者とは違う雰囲気を持っているらしく、私に質問が集中しました。 二次試験の個人面接で設計部長から私のデザインした物件の概要の説明依頼を受け、司会者から機密は守りますの旨の文書を頂きました。私がデザインのアドバイスをして完成した物件の説明を始めますと、途中から会社の方が何名か面接に参加されました。...(続きは省略されています)

寄稿記事より

選考について

exam-interview

選考雰囲気について私は一般職で応募し、選考を受けました。1次、2次は比較的に人事の方は比較的に気さくに話しかけてくれ、アットホームなかんじでグループワークなどを行いました。グループワークでは、自分の今までの経験の中で一番頑張ったことについて、グループワークをし、それをそれぞれみんなの前で発表するという内容でした。求められることとしては、何を言うかというより、どれだけ人事の方に伝えようとしてるかという姿勢を見られていると感じました。そして、そこでは最終選考通過の連絡を頂き、最終...(続きは省略されています)

pecoより

SWOT分析

強み 民間工事割合について

弱み リスクを取らない体質

脅威 民間工事の受注量の低下

機会 環境対応への社会的要請

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。