就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

住友信託銀行

住友信託銀行 の概要・基本情報

設 立: 大正14年(1925年)
HP: http://www.sumitomotrust.co.jp/
タグ 銀行/

住友信託銀行 の特色・要チェックポイント

2011年4月1日付で、中央三井トラスト・ホールディングス株式会社との株式交換による経営統合に伴い、本年3月29日付にて上場廃止となった。

(旧証券コードは、8403)



参考:

http://www.sumitomotrust.co.jp/news/110331.html



※こちらのページに表示している財務情報は、三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(旧・中央三井トラスト・ホールディングス)の情報となります。

最新クチコミ

企業研究が生きてくる選考内容です。

exam-interview

住友信託銀行Aコースの選考内容は、企業への熱意を重視されます。エントリーシートはweb上から記入し、大学生活で達成感が得られたこと・周囲と協力した体験などを書きました。筆記試験は採用web上で行われ、マークシート形式で数学、国語、SPIを受けました。一次面接は人事1名、学生4名の集団面接で、時間は1...(続きは省略されています)

寄稿記事より

分散された事業ポートフォリオ

同社のビジネスは色々なものに分散されている。

融資、市場性業務(トレーディング)、企業年金>...(続きは省略されています)

年金問題

近年、年金問題は社会をおおいに騒がせている。住友信託銀行でも、年金運用は主力事業の一つである。信託銀行の資産運用の方法は>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】8309

住友信託銀行は3年前(11875.7億円)と比較して、前期(12612.7億円)は売上が増加しています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 11875.7億円 12035.5億円 11989.0億円 12612.7億円
営業利益 - - - -
経常利益 2580.2億円 2924.8億円 2780.6億円 1963.8億円
純利益 1376.8億円 1596.7億円 1669.1億円 1214.5億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 418894.1億円 462359.5億円 582299.5億円 654537.3億円
純資産 24410.4億円 27169.7億円 27045.1億円 27916.8億円
負債 394483.7億円 435189.8億円 555254.4億円 626620.4億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

【資金】貸付信 0%
【資金】預金 36% 4540.6億円
【資金】金銭信 32% 4036.1億円
【資金】他 32% 4036.1億円
【資産】現・預け金 14% 1765.8億円
【資産】有価証券 15% 1891.9億円
【資産】貸出金 61% 7693.7億円
【資産】他 9% 1135.1億円
【融資】中小企業等向け 58% 7315.4億円
【融資】住宅・消費者向け 29% 3657.7億円

SWOT分析

強み 独自路線

弱みオンライン証券・FX

信託銀行のビジネスは、今後は法人向けのビジネスに特化していくだろう。個人では、オンライン証券・FXが当たり前になってきているため、わざわざ信託銀行に資産運用を委託するとは思えない。信託銀行は、主に以下のような事業を取り扱う。

(転載初め、ウィキペディアより)
... ...

(続きは省略されています)

脅威 年金問題

機会 住信SBIネット銀行

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。