就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

日本触媒

日本触媒 会社情報

設 立: 1941年08月21日
HP: http://www.shokubai.co.jp/
概要

日本触媒- 触媒から出発。基礎品のエチレングリコール、アクリル酸・同エステ

ルをベースに成長。1941年ヲサメ合成化学工業として設立、91年から現社

名。アクリル酸・同誘導品で世界3強の1角にあり、その主な機能性用途の高吸

水性樹脂で世界2位。両事業をコア事業に世界展開。エチレングリコールはPE

T向けに欧州・米国で成長へ。電子情報材料の光学材料樹脂が軌道化。新分野と

して医薬中間体、新エネルギー材料(燃料電池ジルコニアシート)に照準。

タグ

最新クチコミ

入社後の展望は本業に囚われない

exam-interview

最終面接で、当時の社長とお話しすることになりました。志望理由、研究内容、研究室での役割、学部生で学生生活など、どこでも飛んでくるような質問をに回答したあと、飛んできたのが、またありきたりな質問でした。「入社後にこの会社であなたがしたいことはなんですか?」当社の事業や研究活動など、ありきたりな回答でも...(続きは省略されています)

ZUNより

触媒技術

同社強みは、自社の持つ触媒技術にあり、他社からの技術導入に頼らず、触媒技術というコア技術をベースに、進化と発展を遂げてき>...(続きは省略されています)

アクリル酸世界市場の製造能力55%のシェア

世界のアクリル酸製造能力の55%のシェアを持つが、自社のアクリル酸の世界シェアは15%で世界3位である。同社は世界の化学>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】4114

日本触媒は3年前(2695.2億円)と比較して、前期(3231.2億円)は売上が増加しています。
営業利益は312.3億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 2695.2億円 3021.4億円 3748.7億円 3231.2億円
営業利益 100.3億円 137.5億円 261.3億円 312.3億円
経常利益 138.2億円 166.5億円 299.4億円 343.4億円
純利益 84.0億円 105.0億円 190.9億円 260.0億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 3984.0億円 4196.3億円 4080.0億円 4336.1億円
純資産 2421.9億円 2701.3億円 2824.9億円 2922.8億円
負債 1562.0億円 1495.1億円 1255.1億円 1413.4億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

基礎化学品 43% 1389.4億円
機能性化学品 49% 1583.3億円
環境・触媒 8% 258.5億円

大株主一覧


2008年6月19日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
住友化学株式会社 19,484,000 15,003 16,444 10.0%
新日本石油株式会社 10,645,000 8,197 8,984 5.5%
株式会社りそな銀行 6,867,000 5,288 5,796 3.5%
三洋化成工業株式会社 6,338,000 4,880 5,349 3.2%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 5,827,000 4,487 4,918 3.0%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 4,982,000 3,836 4,205 2.5%
株式会社みずほコーポレート銀行 4,744,000 3,653 4,004 2.4%
東洋インキ製造株式会社 3,988,000 3,071 3,366 2.0%
日本生命保険相互会社 3,945,000 3,038 3,330 2.0%
日本興亜損害保険株式会社 2,781,000 2,141 2,347 1.4%
※当時価値(2008年6月19日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月19日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
住友化学株式会社 19,484,000 14,145 16,444 10.4%
新日本石油株式会社 10,645,000 7,728 8,984 5.7%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 9,133,000 6,631 7,708 4.9%
株式会社りそな銀行 6,867,000 4,985 5,796 3.7%
三洋化成工業株式会社 6,338,000 4,601 5,349 3.4%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 5,920,000 4,298 4,996 3.2%
株式会社みずほコーポレート銀行 4,744,000 3,444 4,004 2.5%
東洋インキ製造株式会社 3,988,000 2,895 3,366 2.1%
日本生命保険相互会社 3,945,000 2,864 3,330 2.1%
※当時価値(2009年6月19日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月22日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
住友化学株式会社 19,484,000 17,302 16,444 10.4%
新日本石油株式会社 10,645,000 9,453 8,984 5.7%
株式会社りそな銀行 6,867,000 6,098 5,796 3.7%
三洋化成工業株式会社 6,338,000 5,628 5,349 3.4%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 5,650,000 5,017 4,769 3.0%
株式会社みずほコーポレート銀行 4,744,000 4,213 4,004 2.5%
東洋インキ製造株式会社 3,988,000 3,541 3,366 2.1%
日本生命保険相互会社 3,945,000 3,503 3,330 2.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 3,073,000 2,729 2,594 1.6%
※当時価値(2010年6月22日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月21日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
住友化学株式会社 19,484,000 19,055 16,444 9.2%
JXホールディングス株式会社 10,645,000 10,411 8,984 5.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 9,733,000 9,519 8,215 4.6%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 9,421,000 9,214 7,951 4.4%
株式会社りそな銀行 6,867,000 6,716 5,796 3.2%
三洋化成工業株式会社 6,338,000 6,199 5,349 3.0%
全国共済農業共同組合連合会 4,780,000 4,675 4,034 2.2%
株式会社みずほコーポレート銀行 4,744,000 4,640 4,004 2.2%
東洋インキ製造株式会社 4,522,000 4,423 3,817 2.1%
日本生命保険相互会社 3,945,000 3,858 3,330 1.9%
※当時価値(2011年6月21日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
フィデリティ投信株式会社 5.2% +5.2% 2011-12-22
株式会社りそな銀行 5.2% +5.2% 2011-04-07
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー 4.11% -1.04% 2010-10-04
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー 5.15% +5.15% 2010-07-21
JXホールディングス株式会社 5.69% +5.69% 2010-07-07
JX日鉱日石エネルギー株式会社 0.0% -5.01% 2010-07-07
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー 4.62% -0.42% 2010-06-04
株式会社りそな銀行 4.25% -1.04% 2010-02-19
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー 5.04% +5.04% 2010-01-20
株式会社りそな銀行 5.29% -1.13% 2009-09-24


SWOT分析

強み 触媒技術

機会 新興国におけるコンクリート混和剤用ポリマーの成長

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    2019卒(3年生・修士1年生)必見イベント