就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

PwCアドバイザリー

PwCアドバイザリー の概要・基本情報

設 立: 1999年6月15日
HP: http://www.pwcadvisory.co.jp/
タグ

PwCアドバイザリー の特色・要チェックポイント

2010年1月1日 - PwCアドバイザリー株式会社を存続会社として、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社と経営統合し、商号を「プライスウォーターハウスクーパース株式会社」に変更。
( https://swot.jp/company/comp/pwc/ を参照)

最新クチコミ

個人面接での質問内容

exam-interview

●選考ステップ私が応募した際の選考ステップは次の通りでした。インターンシップをはさむ選考のほか、いわゆる一般的な複数の面接を行う選考もあるようです。書類選考⇒インターンシップ⇒個人面接①⇒個人面接②●個人面接での質問内容個人面接①では、ケーススタディを行う面接と学生時代に力を入れてきたことなどを質問...(続きは省略されています)

noriより

Big4の中でもコンサルよりのファーム

business

PwCアドバイザリーは、PwCグループの中でもM&Aを軸にしたプロフェッショナルサービスに特化したファームです。M&A戦略・企業再生・企業価値評価・モデリング・PMIなど、それぞれの領域に専門家がいるチーム構成になっています。出自が監査法人であるため、財務・会計の専門性が活きる領域が...(続きは省略されています)

Noriより

欧米に比べて日本の市場規模はまだ小さい

世界の市場が10~20兆円であるのに対し、日本の市場規模はまだ2700~3200億円とかなり出遅れている。しかし、今後コ>...(続きは省略されています)

同社の得意分野であるPPT分野における強力な競合企業の出現

例)マッキンゼー&カンパニー(http://www.mckinsey.co.jp/services/practices/>...(続きは省略されています)

リーマンショック以降の不況によるコンサルティング業界へのニーズ増

企業は不況で経営が悪化し、生き残りをかけて経営改革を迫られている。その結果、コンサルティング会社へのコスト削減や事業再生>...(続きは省略されています)

官民パートナーシップ(PPP)の着実な浸透

PPPに関連する方針等の策定等において、昨年度に比べて数値の上昇が見られ、着実にPPPが浸透しつつある。
>...(続きは省略されています)

事業および財務戦略上の選択肢の提案や案件の執行などを扱うディール機能と、企業価値の向上などを扱うコンサルティング機能とを併せ持つ

Big4の一角をなすPwCのメンバーファームとして財務会計のスペシャリティを有しながら、それをディールのみならず、コンサ>...(続きは省略されています)

官民パートナーシップ(PPP)に強い(①財政負担の最小化と②政策効果の最大化)

PPPに精通したプロフェッショナルチームが先進市場でのPwCの知識とノウハウ活用してクライアントのニーズに合ったサービス>...(続きは省略されています)

SWOT分析

強み 官民パートナーシップ(PPP)に強い(①財政負担の最小化と②政策効果の最大化)

脅威 同社の得意分野であるPPT分野における強力な競合企業の出現

機会 官民パートナーシップ(PPP)の着実な浸透

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。