就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

大塚商会

大塚商会 会社情報

2019卒インターン情報ページURL: http://jinzai.otsuka-shokai.co.jp/shinsotsu/event/intern2019/
2018卒新卒採用ページURL: http://jinzai.otsuka-shokai.co.jp/shinsotsu/
設 立: 1961年12月13日
HP: http://www.otsuka-shokai.co.jp/
概要

大塚商会はOA機器専門の商社で、
近年は、事業拡大のために【ソリューーションプロバイダ事業】に参入をはじめている。
2009年12月期売上高は4,299億円で財務状況がよいことでも知られている。

特色

情報サービス大手でSIから保守まで一貫。中堅・中小に強み。オフィス通販「たのめーる」も。

タグ

最新クチコミ

選考では自分らしさと積極性が大事!

exam-interview

CMなどで知名度もある大塚商会。私は就職活動当時は聞いたことのある企業をとりあえず受けてみようという形で大塚商会さんの選考を受けました。選考にはまず職種別の会社説明会を受けます。これに参加しなくては選考へ進めません。その後、私の場合は【一次選考】筆記試験、グループディスカッション【ニ次選考】個人面接...(続きは省略されています)

Oさんより

積極性が大切な大塚商会の面接・選考内容

exam-interview

就職活動当時はとにかく、名の知れた会社を片っ端から受けていましたが、大塚商会はその中でも内定までいただき、すごく評価をしてくれた会社でした。私の年の選考内容は筆記試験と2~3回程度の面接でした。なお、その前に会社説明会や内定者の方との交流が行われる機会が持たれており、大塚商会での採用の事にかかわらず...(続きは省略されています)

寄稿記事より

独立系を活かした、マルチベンダー対応とマルチフィールド対応による顧客満足度の高さ

大塚商会はOA機器販売商社であるが、独立系システムインテグレーターとしての評価が高く、
特定のメーカーにと>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】4768

大塚商会は直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(5646.0億円)と比較して、前期(6434.2億円)は売上が増加しています。
営業利益は396.8億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年12月期 2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期
売上高 5646.0億円 6057.7億円 6090.5億円 6434.2億円
営業利益 339.0億円 371.0億円 373.1億円 396.8億円
経常利益 335.1億円 381.4億円 382.4億円 407.8億円
純利益 202.7億円 234.6億円 237.1億円 266.8億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期
総資産 3055.1億円 3247.6億円 3438.2億円
純資産 1643.5億円 1744.0億円 1911.7億円
負債 1411.7億円 1503.5億円 1526.5億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

システムインテグレーション 59% 3796.2億円
サービス・サポート 41% 2638億円
0%

大株主一覧


2009年3月27日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
大塚装備株式会社 8,537,000 33,380 52,844 27.0%
大塚裕司 2,197,000 8,590 13,599 6.9%
大塚実 1,525,000 5,963 9,440 4.8%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 1,435,000 5,611 8,883 4.5%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 1,408,000 5,505 8,716 4.4%
大塚厚志 1,075,000 4,203 6,654 3.4%
大塚商会社員持株会 1,015,000 3,969 6,283 3.2%
大塚照恵 645,000 2,522 3,993 2.0%
ザチェースマンハッタンバンクエヌエイロンドンエスエルオムニバスアカウント 552,000 2,158 3,417 1.7%
※当時価値(2009年3月27日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年3月26日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
大塚装備株式会社 9,277,000 52,786 57,425 29.3%
大塚実 1,525,000 8,677 9,440 4.8%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 1,502,000 8,546 9,297 4.7%
大塚裕司 1,457,000 8,290 9,019 4.6%
大塚商会社員持株会 1,080,000 6,145 6,685 3.4%
大塚厚志 1,075,000 6,117 6,654 3.4%
大塚照恵 645,000 3,670 3,993 2.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 467,000 2,657 2,891 1.5%
資産管理サービス信託銀行株式会社 435,000 2,475 2,693 1.4%
※当時価値(2010年3月26日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年3月29日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
大塚装備株式会社 9,277,000 47,777 57,425 29.3%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 2,282,000 11,752 14,126 7.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 1,847,000 9,512 11,433 5.8%
大塚実 1,525,000 7,854 9,440 4.8%
大塚裕司 1,457,000 7,504 9,019 4.6%
大塚商会社員持株会 1,090,000 5,614 6,747 3.4%
大塚厚志 1,075,000 5,536 6,654 3.4%
大塚照恵 645,000 3,322 3,993 2.0%
野村信託銀行株式会社 542,000 2,791 3,355 1.7%
資産管理サービス信託銀行株式会社 313,000 1,612 1,937 1.0%
※当時価値(2011年3月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2012年3月28日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
大塚装備株式会社 9,788,000 61,762 60,588 30.9%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 1,633,000 10,304 10,108 5.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 1,231,000 7,768 7,620 3.9%
大塚商会社員持株会 1,138,000 7,181 7,044 3.6%
大塚裕司 946,000 5,969 5,856 3.0%
大塚実 945,000 5,963 5,850 3.0%
大塚厚志 945,000 5,963 5,850 3.0%
大塚照恵 645,000 4,070 3,993 2.0%
サジャップ 533,000 3,363 3,299 1.7%
シービーニューヨークオービスエスアイシーアーヴィー 354,000 2,234 2,191 1.1%
※当時価値(2012年3月28日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
大塚裕司 33.9% ±0% 2011-09-13
フィデリティ投信株式会社 5.31% -1.07% 2011-02-04
フィデリティ投信株式会社 6.38% +1.29% 2010-08-20
フィデリティ投信株式会社 5.09% +5.09% 2010-07-22
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社 4.85% -1.29% 2010-07-06
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社 6.14% -1.34% 2010-05-11
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社 7.48% -0.9% 2010-01-07
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社 8.38% -1.23% 2009-12-03
大塚裕司 33.9% ±0% 2009-05-20
大塚裕司 33.9% ±0% 2009-05-15


SWOT分析

強み 独立系を活かした、マルチベンダー対応とマルチフィールド対応による顧客満足度の高さ

弱み メーカー系やユーザー系に比べると長期間の安定的収益性が低い

脅威 システムインテグレーターに関する批判やインハウス開発への注目度の高さ

機会 待望のシステム更新需要の高まり

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。