就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

小田急電鉄

小田急電鉄 の概要・基本情報

小田急電鉄は陸運業鉄道大手であり、
沿線上の価値を上昇させるために、観光開発事業も積極的に行っている。
売上高は503,405,000,000円

設 立: 1948年6月1日
HP: http://www.odakyu.jp/
採用HP: http://www.odakyu.jp/recruit/shinsotsu/
タグ

小田急電鉄 の特色・要チェックポイント

新宿拠点の鉄道大手。複々線化を推進。沿線価値向上目指しグループ経営強化、箱根観光開発も

最新クチコミ

ES内容、面接での質問内容

exam-interview

【ES内容】ES内容はここ数年主に以下の3点を聞かれています。●あなた自身を自由に表現してください●学生時代に頑張ったこと(その中で大変だったこと、またそれをどのように乗り越えたか) ●当社に入って実現したいこと若干変更がありますが、基本的にはこの3点を聞かれます。また、特徴的なのは上記を...(続きは省略されています)

原水より

面接の内容と雰囲気について

exam-interview

小田急電鉄は、鉄道会社の一つで地元民に愛されている会社です。自社沿線に密着した事業を展開しており、そのため選考内容も多様性を問う場面も見られました。面接では、まず最初に自己紹介と自己PR。その次に学科の説明や、どうしてこの学校に入った理由を問われたり、アルバイトはどのような事をしていたか、部活を行っ...(続きは省略されています)

寄稿記事より

日本全国での百貨店の収益低下傾向

全国で百貨店不況が多く報道され、この傾向は続くと多くのアナリスト達が判断している。
そういった状況の中、小>...(続きは省略されています)

都心の電車増発や延伸が困難な状況への改善策としての「複々線」の認可

小田急電鉄は首都圏民間鉄道の中で2番目に高い混雑率であり、
改善するための増発や延伸が困難であることが問題>...(続きは省略されています)

ホテル事業での収益確保が困難な状況に陥っている。

小田急電鉄は運輸業の他にホテル業を営んでいるが、大規模な改装による集客力の強化を図っているが、
ホテル業、>...(続きは省略されています)

高度成長期の多角化が限られていたことによる事業再編や合理化にかかる費用負担が少ない。

小田急電鉄は、同業他社にくらべ、多角化が顕著ではなかったため、
多くの民間鉄道業者が鉄道事業の設備投資費用>...(続きは省略されています)

鉄道事業の高い収益性

小田急電鉄は、首都圏における事業基盤と鉄道事業の安定的なキャッシュフローが反映されており、
民鉄業界では比>...(続きは省略されています)

小田急電鉄 のインターン情報

【2018-07-17締切】 (技術系)土木・建築コース 理系歓迎交通費 実施日数 1週間程度 開始日(場所) 8/21(東京)
https://job.rikunabi.com/2020/company/r330300072/internship/

【2018-07-17締切】 (技術系)電気・機械コース 理系歓迎交通費 実施日数 1週間程度 開始日(場所) 8/21(東京)
https://job.rikunabi.com/2020/company/r330300072/internship/

(求人を検索する)

小田急電鉄の新卒採用HP

http://www.odakyu.jp/recruit/shinsotsu/求人を検索する

【小田急電鉄株式会社】(マイナビ2019)
2019 新卒採用 鉄道 、 不動産、旅行・観光

募集職種・分野 総合職
事務系:学部学科問わず
技術系:電気、電子、機械、土木、建築等専攻

エキスパート職
運転:学部学科問わず
駅務:学部学科問わず
車両:機械、電気、電子の専攻が望ましい
土木・建築:土木、建築専攻
電気:電気、電子の専攻が望ましい
商業施設(事務):学部学科問わず
商業施設(技術):建築、電気専攻が望ましい
IT:学部学科問わず

※職種の併願は受け付けておりません。
仕事内容 総合職
事務系:グループ事業、開発、不動産賃貸、鉄道、広報、総務、財務部門等における企画立案業務など
技術系: 鉄道、開発分野における企画立案業務・施工管理業務など

エキスパート職
運転:運転士や車掌としての運転業務など
駅務:駅におけるサービス業務、信号業務など
車両:鉄道車両の整備業務など
土木・建築:鉄道建築物の施工管理、保線業務など
電気:電力・通信設備の保守業務など
商業施設...

財務情報【証券コード】9007

小田急電鉄は3年前(5231.9億円)と比較して、前期(5230.3億円)は売上が減少しています。
営業利益は499.5億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 5231.9億円 5187.2億円 5298.1億円 5230.3億円
営業利益 493.8億円 498.6億円 529.3億円 499.5億円
経常利益 420.6億円 441.0億円 457.0億円 466.4億円
純利益 250.5億円 301.5億円 275.0億円 260.7億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 12443.4億円 12538.5億円 12573.3億円 12701.0億円
純資産 2675.7億円 3082.1億円 3170.2億円 3387.0億円
負債 9767.7億円 9456.4億円 9403.1億円 9314.0億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

運輸業 32% 1673.7億円
流通業 43% 2249億円
不動産業 11% 575.3億円
14% 732.2億円

SWOT分析

強み 鉄道事業の高い収益性

弱み ホテル事業での収益確保が困難な状況に陥っている。

脅威 日本全国での百貨店の収益低下傾向

機会 都心の電車増発や延伸が困難な状況への改善策としての「複々線」の認可

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。