就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

新日鉄住金ソリューションズ

新日鉄住金ソリューションズ 会社情報

2019卒インターン情報ページURL:
2018卒新卒採用ページURL: http://www.nssol.nssmc.com/saiyo/
設 立: 設立 1980年(昭和55年)10月1日
HP: http://www.ns-sol.co.jp/

最新クチコミ

企業の強みや欲しい人材像のことも考えた応募理由を考えよう

私が新卒として就職活動した時に、この企業の面接を受けたことがあります。面接官が2人に対して、就活生1人による面接でした。初めての面接の機会だったので、とても緊張していたのを覚えています。質問は、全部で2つありました。最初は、「なぜ、この会社を選んだのか?」という質問です。当時の私は、緊張しながらも、...(続きは省略されています)

ドットネットより

金融業向けシステムの運用保守

私は金融業向けのシステムの運用保守の業務を行っておりました。金融業のお客様先に常駐して、日々のシステム監視や、法改訂や会社方針に沿った新商品に合わせた新システムの開発を行ったりする業務になります。部署にもよるかと思いますが、私はお客様先での作業でしたので業務成果の実感がありました。もちろんトラブルが...(続きは省略されています)

豚骨エンジニアより

企業とマッチしているかが問われる選考内容

新日鉄住金ソリューションズの選考内容は、面接主体で人物本位のタイプのものとなっています。1次選考:筆記試験筆記試験はSPIです。企業独自に作成されたものと思われますが、難度はそれほど高くないため、しっかりと準備ができれば良い結果に結びつきます。2次選考:面接(人事の方)この企業ではジョブマッチングと...(続きは省略されています)

寄稿記事より

財務情報【証券コード】2327

新日鉄住金ソリューションズは直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(1720.1億円)と比較して、前期(2186.9億円)は売上が増加しています。
営業利益は192.7億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 1720.1億円 1799.5億円 2063.0億円 2186.9億円
営業利益 111.3億円 124.2億円 162.1億円 192.7億円
経常利益 116.3億円 127.8億円 164.6億円 193.7億円
純利益 65.9億円 70.7億円 90.8億円 111.7億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 1627.9億円 1662.8億円 1757.0億円 2008.1億円
純資産 1009.6億円 974.4億円 1050.1億円 1257.2億円
負債 618.3億円 688.4億円 706.8億円 750.9億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

業務ソリューション 60% 1312.1億円
基盤ソリューション 12% 262.4億円
ビジネスサービス 28% 612.3億円

大株主一覧


2008年6月23日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
新日本製鐵㈱ 35,510,000 85,934 50,105 67.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱ 3,474,000 8,407 4,902 6.6%
日本マスタートラスト信託銀行㈱ 2,792,000 6,757 3,940 5.3%
ザチェースマンハッタンバンクエヌエイロンドンエスエルオムニバスアカウント 1,157,000 2,800 1,633 2.2%
新日鉄ソリューションズ社員持株会 636,000 1,539 897 1.2%
野村信託銀行㈱ 403,000 975 569 0.8%
シービーロンドンアールイーファンド116 321,000 777 453 0.6%
ルクセンブルグオフショアジャスディックレンディングアカウント 310,000 750 437 0.6%
資産管理サービス信託銀行㈱ 296,000 716 418 0.6%
※当時価値(2008年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月22日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
新日本製鐵㈱ 35,510,000 54,579 50,105 67.0%
日本マスタートラスト信託銀行㈱ 1,431,000 2,199 2,019 2.7%
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱ 1,193,000 1,834 1,683 2.2%
シービーニューヨークオービスエスアイシーアーヴィー 1,016,000 1,562 1,434 1.9%
新日鉄ソリューションズ社員持株会 826,000 1,270 1,165 1.6%
ザチェースマンハッタンバンクエヌエイロンドンエスエルオムニバスアカウント 599,000 921 845 1.1%
資産管理サービス信託銀行㈱ 521,000 801 735 1.0%
野村信託銀行㈱ 332,000 510 468 0.6%
※当時価値(2009年6月22日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月23日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
新日本製鐵㈱ 35,510,000 69,884 50,105 67.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱ 1,749,000 3,442 2,468 3.3%
日本マスタートラスト信託銀行㈱ 1,359,000 2,675 1,918 2.6%
資産管理サービス信託銀行㈱ 1,313,000 2,584 1,853 2.5%
新日鉄ソリューションズ社員持株会 1,001,000 1,970 1,412 1.9%
ジュニパー 988,000 1,944 1,394 1.9%
ザチェースマンハッタンバンクエヌエイロンドンエスエルオムニバスアカウント 936,000 1,842 1,321 1.8%
ゴールドマンサックスインターナショナル 442,000 870 624 0.8%
メロンバンクエヌエーアズエージェントフォーイッツクライアントメロンオムニバスユーエスペンション 396,000 779 559 0.8%
ノーザントラストカンパニー 337,000 663 476 0.6%
※当時価値(2010年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月23日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
新日本製鐵㈱ 35,510,000 53,620 50,105 67.0%
日本マスタートラスト信託銀行㈱ 1,453,000 2,194 2,050 2.7%
新日鉄ソリューションズ社員持株会 1,097,000 1,656 1,548 2.1%
ザチェースマンハッタンバンクエヌエイロンドンエスエルオムニバスアカウント 1,051,000 1,587 1,483 2.0%
ジュニパー 988,000 1,492 1,394 1.9%
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱ 784,000 1,184 1,106 1.5%
資産管理サービス信託銀行㈱ 679,000 1,025 958 1.3%
ニッポンベスト 325,000 491 459 0.6%
ノーザントラストカンパニー 306,000 462 432 0.6%
※当時価値(2011年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
三井住友信託銀行株式会社 8.3% -0.03% 2012-04-18
中央三井アセット信託銀行株式会社 8.33% +1.1% 2011-07-22
中央三井アセット信託銀行株式会社 7.23% -0.86% 2011-06-21
中央三井アセット信託銀行株式会社 8.09% +2.54% 2011-04-20
三井住友信託銀行株式会社 5.55% +0.39% 2010-06-07
三井住友信託銀行株式会社 5.16% -0.13% 2010-05-12
三井住友信託銀行株式会社 5.29% +5.29% 2009-10-21
新日本製鐵株式會社 67.0% ±0% 2009-08-19


SWOT分析

強み不況下でも新日本製鐵からの安定した受注に加えて外販での成功

世界的な経済危機により企業収益が悪化することによって、
多くのシステムインテグレーターも受注が難しくなっている中で、
2010年決算短信でも述べられている通り、
新日本製鐵向けにシステム企画・開発・運用を受注することができ
売上を確保することが ... ...

(続きは省略されています)

弱み 安定した受注とは反対に不採算・不稼働案件が多くリスク管理体制が弱い

脅威 受注ソフトウェアに関する売上伸び率が業界全体で鈍化が顕著になっている。

機会クラウド事業の中核となるデータセンターの建設に着手

近年、各企業が運用コストを下げるために、サーバーコストを減らすことができる
クラウドサーバーシステムに注目があつまっており、
09年までは、大企業と一部の先進的企業のみが構築する仮想システムだったが、
ベンダーも増え、ツールの価格も下がり
中堅 ... ...

(続きは省略されています)