就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

三菱重工業

三菱重工業 会社情報

2019卒インターン情報ページURL: http://www.mhi.co.jp/recruit/shinsotsu/event/internship/internship.html
2018卒新卒採用ページURL: http://www.mhi.co.jp/recruit/shinsotsu/event/internship/internship.html
設 立: 1950年1月11日
HP: http://www.mhi.co.jp/
概要

三菱東京UFJ銀行・三菱商事と並んで「三菱グループ御三家」と呼ばれる、三菱グループの中核企業である。主力製品は、船舶・エネルギー関連機器・産業機械・航空機・ロケットエンジンなどであるが、兵器製造の分野では旧防衛庁(現在は防衛省)への納入実績第一位の企業であり、戦闘機・ヘリコプター・イージス艦を含む護衛艦・戦車などを製造している。また、鉄道車両(電気機関車・懸垂型モノレール・新交通システム・LRVなど)の製造、さらにエアコンや事業所向け大型冷凍機、ETCシステムの製造でも知られ、過去には「シルバーピジョン」というスクーターも製造していた。なお、エアコン・ETCシステム・加湿器は三菱グループ内で三菱電機と競合している(単に「三菱エアコン」「三菱ルームエアコン」といった場合、三菱電機のほうを指す事の方が多い)。

特色

総合重機首位。火力発電所用ガスタービンはじめ、航空、防衛、造船、産業機械など事業幅広い

タグ

最新クチコミ

伝統的日本企業

buzz

《強み》海洋研究船や高砂製作所のガスタービンを始め、この世の中にない物を作り出す設計力は特に強み。また、日本の伝統企業である為、社内行事(運動会やバドミントン大会、球技大会など)が多く、また福利厚生(社宅、独身寮、社食、各種手当)が厚い。また給与水準についても他の製造業と比較して高水準であり、安定し...(続きは省略されています)

twtwtw21より

財閥系の巨大グループ企業

buzz

社内は、よく言えば柔らかく、悪く言えば緩い雰囲気が漂っている。仮に状況が切羽詰まっていても、殺伐とした感がでないのは、巨大グループ会社だからこその余裕だろうか。また伝統的な仕事の習慣を踏襲している部分が多々あるだけでなく、変わろうとする若い世代と、古き良きを大事にする団塊世代との軋轢も感じる時がある...(続きは省略されています)

kilieより

面接情報

exam-interview

面接官2人、就活生2人での面接。面接官の内一人は人事部所属、もう一人は事業部の営業所属でした。聞かれた内容としたは①志望動機、②学生時代に力を入れて取り組んだこと、③どんな仕事がしたいか、④三菱重工における事務系社員としてどのように関わるか①、②についてはESと同じような内容で答えた。面接官から深堀...(続きは省略されています)

バイパーより

財務情報【証券コード】7011

三菱重工業は直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(28178.9億円)と比較して、前期(40468.1億円)は売上が増加しています。
営業利益は3095.1億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 28178.9億円 33496.0億円 39921.1億円 40468.1億円
営業利益 1635.2億円 2061.2億円 2961.4億円 3095.1億円
経常利益 1490.3億円 1831.6億円 2747.9億円 2725.0億円
純利益 973.3億円 1604.3億円 1104.1億円 638.3億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 48860.4億円 55203.6億円 - 54819.3億円
純資産 17742.2億円 21200.1億円 - 21073.0億円
負債 31118.1億円 34003.4億円 - 33746.3億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

エネルギー・環境 37% 14973.2億円
交通・輸送 14% 5665.5億円
防衛・宇宙 14% 5665.5億円
機械・設備システム 33% 13354.5億円
2% 809.4億円

大株主一覧


2008年6月26日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 181,960,000 96,621 58,591 5.4%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱東京UFJ銀行口 125,666,000 66,729 40,464 3.7%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口 124,815,000 66,277 40,190 3.7%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社信託口 118,046,000 62,682 38,011 3.5%
明治安田生命保険相互会社 80,022,000 42,492 25,767 2.4%
東京海上日動火災保険株式会社 63,000,000 33,453 20,286 1.9%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口4 50,970,000 27,065 16,412 1.5%
ジェーピーモルガンチェースバンク380055 46,780,000 24,840 15,063 1.4%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱UFJ信託銀行口 45,934,000 24,391 14,791 1.4%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505041 33,114,000 17,584 10,663 1.0%
※当時価値(2008年6月26日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月25日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口4G 198,062,000 78,631 63,776 5.9%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口 180,983,000 71,850 58,277 5.4%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社信託口 131,709,000 52,288 42,410 3.9%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱東京UFJ銀行口 125,666,000 49,889 40,464 3.7%
明治安田生命保険相互会社 80,022,000 31,769 25,767 2.4%
東京海上日動火災保険株式会社 63,000,000 25,011 20,286 1.9%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱UFJ信託銀行口 45,934,000 18,236 14,791 1.4%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口4 33,732,000 13,392 10,862 1.0%
オーディー05オムニバスチャイナトリーティ808150 33,171,000 13,169 10,681 1.0%
三菱重工持株会 28,645,000 11,372 9,224 0.8%
※当時価値(2009年6月25日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月24日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口 155,104,000 50,099 49,943 4.6%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社信託口 132,051,000 42,652 42,520 3.9%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱東京UFJ銀行口 125,666,000 40,590 40,464 3.7%
明治安田生命保険相互会社 80,022,000 25,847 25,767 2.4%
東京海上日動火災保険株式会社 50,400,000 16,279 16,229 1.5%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱UFJ信託銀行口 45,934,000 14,837 14,791 1.4%
オーディー05オムニバスチャイナトリーティ808150 38,875,000 12,557 12,518 1.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口9 38,070,000 12,297 12,259 1.1%
三菱重工持株会 31,683,000 10,234 10,202 0.9%
JFEスチール株式会社 28,056,000 9,062 9,034 0.8%
※当時価値(2010年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月23日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口 168,868,000 62,988 54,375 5.0%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社信託口 142,166,000 53,028 45,777 4.2%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱東京UFJ銀行口 125,666,000 46,873 40,464 3.7%
明治安田生命保険相互会社 80,022,000 29,848 25,767 2.4%
SSBTOD05OMNIBUSACCOUNT-TREATYCLIENTS 63,129,000 23,547 20,328 1.9%
東京海上日動火災保険株式会社 50,400,000 18,799 16,229 1.5%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社信託口9 49,795,000 18,574 16,034 1.5%
野村信託銀行株式会社退職給付信託三菱UFJ信託銀行口 45,934,000 17,133 14,791 1.4%
三菱重工持株会 35,869,000 13,379 11,550 1.1%
野村信託銀行株式会社投信口 31,542,000 11,765 10,157 0.9%
※当時価値(2011年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
三井住友信託銀行株式会社 5.44% +0.12% 2012-04-18
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.32% +5.32% 2011-04-20
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 8.46% +1.01% 2009-01-19
キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー 4.37% -0.63% 2008-05-09
キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー 5.0% +5.0% 2008-04-07


SWOT分析

強み 総合重機のトップ企業

弱み マニュアル依存

脅威 国際競争激化(原発の海外受注2連敗 官民連携必要性高まる)

機会 新興国における事業展開

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。