就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

東洋水産

口コミをカテゴリー別に読む

東洋水産 の概要・基本情報

戦後冷蔵事業から出発。即席麺2位。米国、メキシコではライバルを圧倒。M&Aには消極的冷凍魚介類の仕入れ・加工・販売、即席麺類の製造・販売、生麺類の製造・販売
売り上げは即席麺45%、生麵23%を占める。売上高は2167億円

設 立: 1948年4月5日
HP: http://www.maruchan.co.jp/
タグ

最新クチコミ

北米市場の減速

代替品の上昇、景気の回復>...(続きは省略されています)

北米市場の減速

代替品の上昇、景気の回復>...(続きは省略されています)

大手スーパーのプライベートブランドの出現

原材料費の値上げで即席麺の値上げを余儀なくされたが、その一方で大手スーパーのプライベートブランド商品の出現で多少ならずと>...(続きは省略されています)

即席麺の国内シェア

ラーメンのシェアは、東日本で高く、西日本では低めである(日清食品が関西系であるため)。
特に、東北地方と北>...(続きは省略されています)

即席麺の原価上昇

原因はめん製品の原材料である小麦粉価格が値上げとなったため。
なお、値上げではなく分量を減らすものや、値上げ>...(続きは省略されています)

圧倒的シェアの北米も成長が続く

即席麺業界は、同社を含む3社でシェア80%以上を占める寡占市場であり、小売りのプライベートブランドのシェアは低く、
...(続きは省略されています)

総合食品メーカーを目指す。

カップ麺の品ぞろえを充実。今年3月頃から新商品を続々と発売。>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】2875

東洋水産は3年前(3722.3億円)と比較して、前期(3826.8億円)は売上が増加しています。
営業利益は294.9億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 3722.3億円 3812.6億円 3832.8億円 3826.8億円
営業利益 306.0億円 250.8億円 283.1億円 294.9億円
経常利益 322.4億円 266.3億円 294.9億円 311.5億円
純利益 227.2億円 169.0億円 183.6億円 208.4億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 3087.9億円 3339.3億円 3454.0億円 3610.7億円
純資産 2369.4億円 2599.5億円 2662.0億円 2818.0億円
負債 718.5億円 739.8億円 792.0億円 792.8億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

水産食品 9% 344.4億円
海外即席麺 20% 765.4億円
国内即席麺 34% 1301.1億円
低温食品 17% 650.6億円
加工食品 5% 191.3億円
冷蔵 4% 153.1億円
11% 420.9億円

SWOT分析

強み 総合食品メーカーを目指す。

脅威 大手スーパーのプライベートブランドの出現

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。