就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

小林製薬

小林製薬 の概要・基本情報

家庭用品製造販売大手。「ブルーレット」「消臭元」など芳香消臭剤を筆頭に「ブレスケア」など口腔ケア品、「ナイシトール」など医薬品を製造。全社員が対象の新商品提案制度による需要創造型の商品開発力が最大の強み。ニッチ製品市場を開拓・占有することで高い収益力を誇る。ネーミングにも定評。手術関連用品等の医療機器事業も展開。売上高は大きくても薄利の大衆薬卸事業を売却する(08年)など、経営の選択と集中を加速。

設 立: 1919年8月22日
HP: http://www.kobayashi.co.jp/
タグ

最新クチコミ

発想力を試す選考

exam-interview

1次選考はグループワークで、「これまでになかった新しい商品案を作る」と言う内容でした。前方にはこれまでの商品一例が並んでいるものの、8人程度のチームで1から案を練り、最終的に模造紙にまとめて発表となるため、商品ラインナップはある程度把握しておく必要があります。 話し合いながら商品をまとめていくものの、内容の新規性、訴求力、魅せ方(プレゼン力)、タイムマネジメントが難しいところかと思います。 その後個人に分かれて短い面接があります。...(続きは省略されています)

ななより

人間的に面白いかどうか

exam-interview

研究開発職です。インターン参加での早期選考で、エントリーシートはほぼ全員通っていました。1次選考は1:1で人事の方と面接なのですが、雑談のような感じで学生時代のことを聞かれました。特に部活動は深掘りされましたがこのときは役職の説明をして終わってしまいアピールできずに終わりました。2次は部長面接で、部長と人事の方が面接官でした。ストレス耐性も見られていたのか結構厳しめの質問が飛んできて、自己アピールと入社したら何がしたいか、自己PRの深掘りなどでした。研究概要は聞かれませんでし...(続きは省略されています)

あんめるつより

【マイナビ2019】2019 新卒採用 化学

最終選考 役員面接(小林製薬役員) 内々定 ※各選考... 社後1カ月間、小林製薬グループ合同新入社員研修を大阪にて実施いたします。 その後富山にお戻りいただき、小林製薬プラックス... ...(続きは省略されています)

マイナビ2019より

品質のリスク

当社グループの製品の中には、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、食品等があり、品質不良等により消費者、患者に健康被害を>...(続きは省略されています)

PL訴訟問題


同社が1993年に発売したキズドライは当初、傷口を洗浄した後に使用する旨の周知が不十分であったために、傷口>...(続きは省略されています)

医療機器事業の展開


医療機器事業は、1972年6月より積極的に取り組んでおり、株式会社日本メディコ(現株式会社メディコン)設立>...(続きは省略されています)

人材育成


小林製薬の経営理念である「創造と革新」を実践するための人材の育成が、経営における最重要課題との認識しており>...(続きは省略されています)

13ヶ月で1つ新製品を生み出す商品開発力


自社開発製品の企画研究開発・生産・販売を狙う「製造販売事業」では小林製薬グループのブランドスローガンである>...(続きは省略されています)

小林製薬 のインターン情報

小林製薬の新卒採用HP

財務情報【証券コード】4967

小林製薬は3年前(1272.9億円)と比較して、前期(1372.1億円)は売上が増加しています。
営業利益は182.6億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年12月期 2016年3月期
売上高 1272.9億円 1283.4億円 1200.5億円 1372.1億円
営業利益 181.2億円 179.2億円 174.1億円 182.6億円
経常利益 187.7億円 188.4億円 195.0億円 179.5億円
純利益 123.1億円 124.5億円 143.2億円 134.7億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年12月期 2016年3月期
総資産 1709.2億円 1863.3億円 2012.3億円 1890.0億円
純資産 1269.5億円 1396.1億円 1433.2億円 1420.2億円
負債 439.7億円 467.2億円 579.1億円 469.7億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

家庭用品製造販売 90% 1234.9億円
通信販売 8% 109.8億円
医療関連 1% 13.7億円
1% 13.7億円

SWOT分析

強み 13ヶ月で1つ新製品を生み出す商品開発力

弱み 人材育成

脅威 PL訴訟問題

機会 医療機器事業の展開

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。