就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

京浜急行電鉄

口コミをカテゴリー別に読む

京浜急行電鉄 の概要・基本情報

設 立: 昭和23(1948)年6月1日
HP: http://www.keikyu.co.jp/
タグ

京浜急行電鉄の新卒採用HP

京浜急行電鉄 の特色・要チェックポイント

京浜、三浦半島地盤。羽田空港関連が成長の核、10年新駅開業で弾み。不動産、ホテルなどへ展開

最新クチコミ

JR線の存在

ラッシュ時などに東京方面への乗客の多くが横浜でJR線などに乗り換えてしてしまうことがあげられます。京急は、現在横浜から品>...(続きは省略されています)

人気の避暑地と「羽田空港」を結ぶ空港リムジンバスの運行

京急では、「富士山」と「軽井沢」という、人気の避暑地と「羽田空港」を結ぶ空港リムジンバスの運行を開始します。
>...(続きは省略されています)

災害や天候の影響を受けやすい

どの鉄道会社にもいえることですが、震災や天候の影響を受けやすいです。震災後の決算では、全体として減収となりました。
...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】9006

京浜急行電鉄は3年前(3140.5億円)と比較して、前期(3098.3億円)は売上が減少しています。
営業利益は377.6億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 3140.5億円 3177.1億円 3132.2億円 3098.3億円
営業利益 255.9億円 267.8億円 148.1億円 377.6億円
経常利益 203.2億円 220.1億円 117.9億円 353.9億円
純利益 92.6億円 107.8億円 -30.1億円 225.1億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 10184.1億円 10699.2億円 10225.2億円 8269.4億円
純資産 2074.5億円 2523.4億円 2217.2億円 2396.4億円
負債 8109.5億円 8175.8億円 8008.0億円 5873.0億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

交通 36% 1115.4億円
不動産 7% 216.9億円
レジャー・サービス 12% 371.8億円
流通 38% 1177.4億円
6% 185.9億円

SWOT分析

強み アクセスの良さ

弱み 災害や天候の影響を受けやすい

脅威 JR線の存在

機会 人気の避暑地と「羽田空港」を結ぶ空港リムジンバスの運行

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。