就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

カネカ

カネカ の概要・基本情報

カネカ(旧鐘淵化学工業株式会社)は化成品、機能性樹脂事業・発泡樹脂事業・食品事業・ライフサイエンス事業・エレクトロニクス事業・合成繊維事業などで世界的に活躍している企業である。
売上高は連結:4,124億円単独:2,407億円。

設 立: 1949年(昭和24年)9月1日
HP: http://www.kaneka.co.jp/
タグ

最新クチコミ

コエンザイムQ10のトップ原料製造メーカー


カネカは老化の進行を抑制するとされるコエンザイムQ10のトップ製造メーカーであり
資生堂や>...(続きは省略されています)

総事業における海外売上高比率が高い

総事業における海外売上高比率が36.5パーセントと高いことでしられている。
これに対してカネカは長期ビジョ>...(続きは省略されています)

カネミ油症事件に関連してPCBを製造しており現在でも問題が残っている。

和解事例の増加や発生からの年数の経過で事件の風化が進んでいたが、
2004年の認定基準の見直しにより再び注>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】4118

カネカは3年前(5247.9億円)と比較して、前期(5482.2億円)は売上が増加しています。
営業利益は331.6億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 5247.9億円 5521.9億円 5552.3億円 5482.2億円
営業利益 248.2億円 246.4億円 382.2億円 331.6億円
経常利益 259.6億円 247.5億円 330.4億円 274.3億円
純利益 136.5億円 180.3億円 209.9億円 204.8億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 5201.2億円 5579.6億円 5772.5億円 5929.0億円
純資産 2851.3億円 3092.3億円 3087.2億円 3215.5億円
負債 2349.9億円 2487.4億円 2685.3億円 2713.5億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

化成品 20% 1096.4億円
機能性樹脂 16% 877.2億円
発泡樹脂 13% 712.7億円
食品 26% 1425.4億円
ライフ 9% 493.4億円
エレクトロ 9% 493.4億円
合成繊維・他 7% 383.8億円

SWOT分析

強み コエンザイムQ10のトップ原料製造メーカー

弱み カネミ油症事件に関連してPCBを製造しており現在でも問題が残っている。

脅威 特許権侵害リスクの増加

機会 世界的に需要が高い有機EL照明デバイス事業への進出

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。