就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

東海旅客鉄道(JR東海)

東海旅客鉄道(JR東海) 会社情報

2019卒インターン情報ページURL:
2018卒新卒採用ページURL: https://saiyo.jr-central.co.jp/
設 立: 昭和62(1987)年4月1日
HP: http://jr-central.co.jp/
概要

ドル箱(新幹線)を抱えている。正式名称は、東海旅客鉄道

特色

JR東海。東海道新幹線と在来線12路線保有。新幹線が収益の約7割。流通、不動産事業も展開

タグ

最新クチコミ

選考ごとに特色がある

exam-interview

  名古屋地区のアソシエイト職で受けました。   一次面接は学生4~5人、面接官に2人の集団面接でした。 時間は30分ほどなので、質問に対する答えの内容というよりも 雰囲気や話し方を見ていたのだと思います。 質問は4~5個で、みんなに同じ質問がきます。 順番は毎回変...(続きは省略されています)

ぷーこより

JRも場所によって採用の仕方もさまざま

buzz

JR東日本、JR西日本、JR東海と受けましたが、同じJRでも場所によって採用の方針も様々だと感じました。JR東海の面接では、企業分析が決め手と言うよりは自己分析がどれだけちゃんとできているかが重要になってくる印象を受けました。具体的な質問内容としては、「自分の性格を説明してください」と言う質問があっ...(続きは省略されています)

tktktkより

東海道新幹線の保有

東海道新幹線は、東京駅から新大阪駅までを結ぶ。

東京、名古屋、大阪という日本の三大都市間を>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】9022

東海旅客鉄道(JR東海)は直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(15853.2億円)と比較して、前期(17384.1億円)は売上が増加しています。
営業利益は5786.8億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 15853.2億円 16525.5億円 16723.0億円 17384.1億円
営業利益 4261.4億円 4946.1億円 5066.0億円 5786.8億円
経常利益 3281.0億円 4042.6億円 4281.3億円 5114.6億円
純利益 1999.7億円 2556.9億円 2641.3億円 3374.4億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 51781.7億円 52179.8億円 52685.4億円 70526.8億円
純資産 18022.5億円 20639.7億円 23525.7億円 27267.3億円
負債 33759.1億円 31540.2億円 29159.8億円 43259.5億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

運輸業 77% 13385.8億円
流通業 13% 2259.9億円
不動産業 2% 347.7億円
8% 1390.7億円

大株主一覧


2008年6月25日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 102,888 117,292 65,231 4.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 99,120 112,997 62,842 4.4%
株式会社みずほコーポレート銀行 97,833 111,530 62,026 4.4%
野村信託銀行株式会社 71,250 81,225 45,173 3.2%
株式会社三菱東京UFJ銀行 66,649 75,980 42,255 3.0%
日本生命保険相互会社 50,000 57,000 31,700 2.2%
トヨタ自動車株式会社 40,000 45,600 25,360 1.8%
JR東海社員持株会 35,349 40,298 22,411 1.6%
株式会社みずほ銀行 34,162 38,945 21,659 1.5%
第一生命保険相互会社 34,000 38,760 21,556 1.5%
※当時価値(2008年6月25日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月24日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
株式会社みずほコーポレート銀行 97,833 59,189 62,026 4.4%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 93,453 56,539 59,249 4.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 78,009 47,195 49,458 3.5%
野村信託銀行株式会社 71,250 43,106 45,173 3.2%
株式会社三菱東京UFJ銀行 66,649 40,323 42,255 3.0%
日本生命保険相互会社 50,000 30,250 31,700 2.2%
トヨタ自動車株式会社 40,000 24,200 25,360 1.8%
JR東海社員持株会 38,810 23,480 24,606 1.7%
株式会社みずほ銀行 34,162 20,668 21,659 1.5%
※当時価値(2009年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月23日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
株式会社みずほコーポレート銀行 97,833 71,809 62,026 4.5%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 97,223 71,362 61,639 4.5%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 97,042 71,229 61,525 4.5%
野村信託銀行株式会社 71,250 52,298 45,173 3.3%
株式会社三菱東京UFJ銀行 66,781 49,017 42,339 3.1%
日本生命保険相互会社 50,000 36,700 31,700 2.3%
JR東海社員持株会 45,216 33,189 28,667 2.1%
トヨタ自動車株式会社 40,000 29,360 25,360 1.9%
株式会社みずほ銀行 34,162 25,075 21,659 1.6%
第一生命保険相互会社 34,000 24,956 21,556 1.6%
※当時価値(2010年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月24日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 101,316 64,437 64,234 4.7%
株式会社みずほコーポレート銀行 97,833 62,222 62,026 4.5%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 92,138 58,600 58,415 4.3%
野村信託銀行株式会社 71,250 45,315 45,173 3.3%
株式会社三菱東京UFJ銀行 66,781 42,473 42,339 3.1%
日本生命保険相互会社 50,000 31,800 31,700 2.3%
JR東海社員持株会 49,002 31,165 31,067 2.3%
トヨタ自動車株式会社 40,000 25,440 25,360 1.9%
株式会社みずほ銀行 34,162 21,727 21,659 1.6%
第一生命保険株式会社 34,000 21,624 21,556 1.6%
※当時価値(2011年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
東海旅客鉄道株式会社 4.37% -3.91% 2012-05-11
三井住友信託銀行株式会社 5.58% +0.09% 2012-04-19
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.49% +0.14% 2011-11-21
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.35% +0.33% 2011-09-22
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.02% +5.02% 2011-06-21
株式会社みずほコーポレート銀行 8.3% +1.17% 2009-05-22
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 9.79% +1.17% 2009-05-18
東海旅客鉄道株式会社 8.28% -3.71% 2009-05-15


SWOT分析

強み 東海道新幹線の保有

弱み 在来線

脅威 高速道路の無料化

機会 リニア中央新幹線の建設による、輸送力強化による収益力の向上

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。