就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

伊藤忠商事

伊藤忠商事 会社情報

2018卒新卒採用ページURL: http://career.itochu.co.jp/student/
設 立: 1949年12月1日
HP: http://www.itochu.co.jp/
特色

総合商社大手。非財閥系の雄。繊維や中国ビジネス強い。傘下にファミリーマート等の有力企業

最新クチコミ

面接での質問とその応対

伊藤忠商事の面説では、なぜ伊藤忠商事を志望しているのかという点が非常に重視される傾向にあります。以下が私の応対例になります。面接官「なぜ伊藤忠商事がいいのですか?三菱商事から内定をもらったらどちらにしますか?」ちゅうまん「三菱商事に行く気はありません。なぜなら伊藤ちゅ商事のほうが刺激的な人生が送れると考えたからです。というのも、私は強い相手を倒すために努力を続けてきました。高校時代は進学高弱小野球...(続きは省略されています)

ちゅうまんより

面接内容と選考過程

最終面接まで進みました。一次面接では本社の広いホールで行われました。学生一人に対して社員が二人。各ブースに案内されました。大量の学生を一斉に面接していました。面接官は若手社員という印象でした。面接内容はざっくばらんな感じで、学生時代をどのように過ごしたかが主な質問内容でした。私はサークルとアルバイト...(続きは省略されています)

するめい科より

君をプラスティックのスペシャリストにすると断言してくれました

募集要項が自動車に関するプラスティックの営業に関するものでした。その流れで面接で聞かれた質問は最初に前職の仕事内容、営業の得意さ、プラスティックのスペシャリストなる心構えはあるか、現在は知識はなくとも勉強する気はあるか、毎日6,7時pm頃から顧客との食事会があるが平気か、ゴルフは月2回土曜にあるが平...(続きは省略されています)

bangより

財務情報【証券コード】8001

伊藤忠商事は3年前(125515.6億円)と比較して、前期(50835.4億円)は売上が減少しています。
営業利益は2264.2億円となっており、直前期は黒字となっています。

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 125515.6億円 - - 50835.4億円
営業利益 2442.2億円 2889.9億円 2726.9億円 2264.2億円
経常利益 3111.1億円 3607.6億円 4185.2億円 3227.5億円
純利益 2803.0億円 2453.1億円 3005.7億円 2403.8億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
総資産 71174.5億円 77848.5億円 85607.0億円 80364.0億円
純資産 21126.2億円 20441.2億円 24332.0億円 21936.8億円
負債 50048.3億円 57407.3億円 61275.0億円 58427.2億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

繊維 5% 2541.8億円
機械 9% 4575.2億円
金属 5% 2541.8億円
エネルギー・化学品 42% 21350.9億円
食料 26% 13217.2億円
住生活・情報他 13% 6608.6億円

大株主一覧


2008年6月25日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 109,548,000 128,171 91,692 6.9%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 99,012,000 115,844 82,873 6.2%
三井住友海上火災保険株式会社 48,650,000 56,921 40,720 3.1%
日本生命保険相互会社 41,057,000 48,037 34,365 2.6%
東京海上日動火災保険株式会社 39,797,000 46,562 33,310 2.5%
日本興亜損害保険株式会社 39,748,000 46,505 33,269 2.5%
株式会社みずほコーポレート銀行 30,503,000 35,689 25,531 1.9%
朝日生命保険相互会社 27,530,000 32,210 23,043 1.7%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505103 25,425,000 29,747 21,281 1.6%
ビー・エヌ・ピー・パリバ・セキュリティーズ 21,351,000 24,981 17,871 1.4%
※当時価値(2008年6月25日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月24日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 110,749,000 71,544 92,697 7.0%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 93,608,000 60,471 78,350 5.9%
三井住友海上火災保険株式会社 48,650,000 31,428 40,720 3.1%
日本生命保険相互会社 41,057,000 26,523 34,365 2.6%
東京海上日動火災保険株式会社 39,797,000 25,709 33,310 2.5%
日本興亜損害保険株式会社 39,748,000 25,677 33,269 2.5%
朝日生命保険相互会社 27,530,000 17,784 23,043 1.7%
株式会社みずほコーポレート銀行 20,703,000 13,374 17,328 1.3%
株式会社三井住友銀行 20,667,000 13,351 17,298 1.3%
※当時価値(2009年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月25日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 88,943,000 67,152 74,445 5.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 43,826,000 33,089 36,682 2.8%
三井住友海上火災保険株式会社 41,150,000 31,068 34,443 2.6%
日本生命保険相互会社 41,057,000 30,998 34,365 2.6%
日本興亜損害保険株式会社 37,748,000 28,500 31,595 2.4%
東京海上日動火災保険株式会社 37,144,000 28,044 31,090 2.3%
朝日生命保険相互会社 27,530,000 20,785 23,043 1.7%
株式会社みずほコーポレート銀行 20,703,000 15,631 17,328 1.3%
株式会社三井住友銀行 20,667,000 15,604 17,298 1.3%
※当時価値(2010年6月25日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月24日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 69,602,000 57,422 58,257 4.4%
STATESTREETBANKANDTRUSTCOMPANY 43,912,000 36,227 36,754 2.8%
三井住友海上火災保険株式会社 41,150,000 33,949 34,443 2.6%
日本生命保険相互会社 38,057,000 31,397 31,854 2.4%
日本興亜損害保険株式会社 37,748,000 31,142 31,595 2.4%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 30,655,000 25,290 25,658 1.9%
東京海上日動火災保険株式会社 30,594,000 25,240 25,607 1.9%
SSBTOD05OMNIBUSACCOUNT-TREATYCLIENTS 29,423,000 24,274 24,627 1.9%
THECHASEMANHATTANBANK,N.A.LONDONSECSLENDINGOMNIBUSACCOUNT 27,981,000 23,084 23,420 1.8%
※当時価値(2011年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
三井住友信託銀行株式会社 5.92% +0.7% 2012-04-19
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.22% +5.22% 2011-04-21
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 4.05% -1.07% 2010-08-30
野村證券株式会社 4.28% -1.01% 2009-08-06
株式会社みずほコーポレート銀行 5.16% +0.07% 2009-05-22
野村證券株式会社 5.29% +5.29% 2009-04-06
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 5.12% +5.12% 2009-03-16
ブラックロック・ジャパン株式会社 4.57% -1.05% 2009-03-16
ブラックロック・ジャパン株式会社 5.62% -0.49% 2008-07-07


SWOT分析

強み 査定などの人事制度

弱み 財閥ではない

脅威 原料生産地、メーカー、小売店が独自に川下・川上統合をすると、 仲介ビジネスができなくなる。

機会 中国の経済成長