就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックス 会社情報

2019卒インターン情報ページURL:
2018卒新卒採用ページURL: http://www.goldmansachs.com/japan/careers/
設 立: 2005年9月
HP: http://www2.goldmansachs.com
特色

アメリカ本社の金融グループで、世界最大級の投資銀行。投資銀行業務の幅広い分野においてリーグテーブル上位に位置する。

タグ

最新クチコミ

内部の方に聞かないと答えられない質問があるため、OBOG訪問は最低でも2人以上は行っておくべき

文系学部卒の私がゴールドマンサックスの二次面接まで進むことが出来たのでそのときのことをお話します。最初に言っておきますが、ゴールドマンサックスの採用選考はかなり厳しいです。厳しいというのは学歴フィルターやエントリーシートの通過倍率などももちろんそうですが、それだけでなく精神的に結構来るものがありまし...(続きは省略されています)

金融商社志望より

GSに新卒入社する3パターンの学生

 ゴールドマン・サックス証券の元幹部社員です。GSは新卒採用において非常に難関とされており、実際に入社している社員はいくつかのパターンに分かれます。(1)政治家や超大手企業役員のご子息などのコネの強い方→例えばソフトバンクの孫さんのお嬢さんはGS新卒入社です。(2)少なくとも語学にたけてお...(続きは省略されています)

たかひこより

外資の学歴フィルターと非公式のOB会・説明会

過去に受験した者です。 GSは、東大・京大・東工大・一橋大・慶應・早稲田であれば、学歴フィルターにはおそらく引っかからないでしょう。 ただし、早慶の文系は少し不利かもしれません。特に、早稲田の文系に関してはあまりOBがいないようです。 ゴールドマンサックスに限らず、外資は大学別の説明会...(続きは省略されています)

元受験者より

SWOT分析

強み政財界とのコネクション

ゴールドマン・サックスの強みとして政財界へ優秀な人材を輩出し、コネクションになっていることが挙げられます。

アメリカ本国ですと、OBには現アメリカ合衆国財務長官のヘンリー・ポールソンや元同国財務長官のロバート・ルービン、ヘンリー・H・ファウラーなどがいます。
... ...

(続きは省略されています)

弱みリスクが過大に拡大する傾向があること

投資銀行業界全般に言えることですが、『個人』を制御することが難しくて、リスクが過大に拡大する傾向があることは弱点です。詳しく言うとこうです。トレーダーは成功報酬というオプションが行使される期間が1年であり、将来大損をしても、過去の報酬を返さなくてもよいです。そのために、将来の損失の可能性と引き替えに ... ...

(続きは省略されています)

脅威 自己資金勘定での高リスク投資への規制

機会エマージング市場の発展

エマージングとは「新興」という意味で、一般的に、中国、インド、東欧、ロシア、中南米、東南アジアなどの発展途上国がエマージング市場(Emerging markets:新興成長国市場)とされています。
一般的なのは、BRICs、VISTA、NEXT11などがありますが、新たなエマージング市 ... ...

(続きは省略されています)
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • 就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    エントリーシート自動添削