就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

富士通

富士通 会社情報

2019卒インターン情報ページURL:
2018卒新卒採用ページURL: http://www.fujitsu.com/jp/about/corporate/employment/newgraduate/
設 立: 1935年6月20日
HP: http://jp.fujitsu.com/
特色

コンピュータ世界上位。通信、集積回路も手掛ける。ソフト、サービス国内首位。官需依存度高い

タグ

最新クチコミ

富士通における選考

面接を通して聞かれた内容はどれも一般的なものばかりでした。面接において、まず一番初めに聞かれたことは、志望動機でした。回答内容としては、人それぞれになると思いますが、幅広い分やでグローバルに活躍できる企業であり、何より社員の人柄がよかったといったことを述べました。アドバイスとしては、志望した率直な気...(続きは省略されています)

ジョンより

ES回答例「学生時代に力を入れたことについて、背景と自身の行動、結果を具体的に記述してください。」

エントリーシート課題あなたが学生時代に力を入れたことにおいて、セルフチェックで高く評価した社会人基礎力項目が発揮されたエピソードを教えてください。 その背景と、あなた自身が取った行動、その結果を具体的に記述してください。エントリーシート回答例私が所属している学生団体は、できて2年目の団体なので、これ...(続きは省略されています)

HH(同志社大学文化情報学部卒)より

【サマーインターン】富士通の選考をどうやって突破したか?

インターンに参加することは必須ではありませんが、インターンに参加するメリットはたくさんあります。インターンを経験することで「働くことはどういうものか」「選考とはどういうものか」を知ることが出来ますから、のちの就活をスムーズに進めることができます。今回は、富士通のサマーインターンに参加した方から、主に...(続きは省略されています)

げんちゃんより

財務情報【証券コード】6702

富士通は3年前(43817.3億円)と比較して、前期(47392.9億円)は売上が増加しています。
営業利益は1206.1億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 43817.3億円 47624.5億円 47532.1億円 47392.9億円
営業利益 882.7億円 1472.8億円 1786.3億円 1206.1億円
経常利益 984.3億円 1611.0億円 1988.6億円 1318.2億円
純利益 -799.2億円 1132.2億円 1400.2億円 867.6億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 31059.4億円 32711.2億円 32263.0億円 31915.0億円
純資産 5665.2億円 7900.9億円 7827.8億円 8812.9億円
負債 25394.2億円 24810.3億円 24435.2億円 23102.1億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

テクノロジーソリューション 67% 31753.2億円
ユビキタスソリューション 21% 9952.5億円
デバイスソリューション 12% 5687.1億円
0%

大株主一覧


2008年6月23日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 135,379,000 114,395 47,383 6.5%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 102,825,000 86,887 35,989 5.0%
富士電機ホールディングス株式会社 94,663,000 79,990 33,132 4.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 87,260,000 73,735 30,541 4.2%
富士電機システムズ株式会社 60,978,000 51,526 21,342 3.0%
朝日生命保険相互会社 40,743,000 34,428 14,260 2.0%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505103 37,894,000 32,020 13,263 1.8%
富士電機機器制御株式会社 36,886,000 31,169 12,910 1.8%
株式会社みずほコーポレート銀行 32,654,000 27,593 11,429 1.6%
富士通株式会社従業員持株会 23,772,000 20,087 8,320 1.1%
※当時価値(2008年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月22日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 122,789,000 62,377 42,976 5.9%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 111,956,000 56,874 39,185 5.4%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 100,434,000 51,020 35,152 4.8%
富士電機ホールディングス株式会社 94,663,000 48,089 33,132 4.6%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 84,900,000 43,129 29,715 4.1%
富士電機システムズ株式会社 81,868,000 41,589 28,654 4.0%
朝日生命保険相互会社 40,743,000 20,697 14,260 2.0%
株式会社みずほコーポレート銀行 32,654,000 16,588 11,429 1.6%
富士通株式会社従業員持株会 28,394,000 14,424 9,938 1.4%
ザチェースマンハッタンバンクエヌエイロンドンエスエルオムニバスアカウント 21,900,000 11,125 7,665 1.1%
※当時価値(2009年6月22日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月21日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
富士電機システムズ株式会社 112,085,000 69,381 39,230 5.4%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 98,563,000 61,010 34,497 4.8%
富士電機ホールディングス株式会社 95,957,000 59,397 33,585 4.6%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 85,450,000 52,894 29,908 4.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 41,777,000 25,860 14,622 2.0%
朝日生命保険相互会社 41,389,000 25,620 14,486 2.0%
富士通株式会社従業員持株会 33,326,000 20,629 11,664 1.6%
株式会社みずほコーポレート銀行 32,654,000 20,213 11,429 1.6%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505225 24,926,000 15,429 8,724 1.2%
※当時価値(2010年6月21日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月23日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
富士電機システムズ株式会社 114,623,000 50,434 40,118 5.5%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 105,322,000 46,342 36,863 5.1%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 98,753,000 43,451 34,564 4.8%
富士電機ホールディングス株式会社 95,957,000 42,221 33,585 4.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 48,051,000 21,142 16,818 2.3%
朝日生命保険相互会社 41,389,000 18,211 14,486 2.0%
SSBTOD05OMNIBUSACCOUNT–TREATYCLIENTS 40,411,000 17,781 14,144 2.0%
富士通株式会社従業員持株会 38,407,000 16,899 13,442 1.9%
株式会社みずほコーポレート銀行 32,654,000 14,368 11,429 1.6%
※当時価値(2011年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
モッソ・ファイナンス 5.09% -4.6% 2012-02-22
モッソ・ファイナンス 0.0% -5.09% 2012-02-22
ドッチ・アンド・コックス 5.02% +5.02% 2011-07-04
シティグループ証券株式会社 0.03% -5.09% 2011-06-06
富士電機株式会社 11.2% +0.04% 2011-04-08
シティグループ証券株式会社 5.12% -4.67% 2010-06-07
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー 3.55% -2.19% 2009-10-22
シティグループ証券株式会社 9.79% -1.23% 2009-10-08
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー 5.74% -1.0% 2009-09-17
シティグループ証券株式会社 12.06% +1.02% 2009-09-17


SWOT分析

強み顧客基盤、特に官公庁や大手金融を押さえている

顧客基盤、特に官公庁や大手金融を押さえていること。そのため国内のITベンダーとしては最上流。参考:官公庁向けページhttp://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/public-sector/government/導入事例: http://www.fujits ... ...

(続きは省略されています)

弱みここ20年ほど、ビジネスモデルが変わらない

私は営業に長年在籍していました。退職後、ソフトウエア等のITメーカーに所属していますが、富士通時代のSE単価や製品の価格の高額さにはいつもびっくりしています。高額だから、従業員の給料が高かったり、福利厚生がよかったりするのではないか、といわれたらそのとおりなのですが、この状態がずっと継続することには ... ...

(続きは省略されています)
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • 就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    エントリーシート自動添削