就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

富士急行

口コミをカテゴリー別に読む

富士急行 会社情報

2019卒インターン情報ページURL:
設 立: 1926年9月18日
HP: http://www.fujikyu.co.jp/
タグ

富士急行 の新卒採用HP

http://www.fujikyu.co.jp/jinji/saiyo/sinsotsu/index.html

エントリー受付中。
3月6日20:00~WEBセミナー配信決定!エントリー後マイページより視聴いただけます。

富士急行 の概要・基本情報

鉄道、バス、タクシーなど運輸業全般。また、不動産事業やレジャー産業、百貨店も経営している。売上高は237億9,300万円(2009年3月期・単体)、456億4,800万円(2009年3月期・連結)となっている。

最新クチコミ

総合職 3次面接の体験談

exam-interview

私の就職活動において、唯一の圧迫面接の経験です。3次面接は、役員クラスの男性二人対学生一人の個人面接でした。時間は30分程度で、質問の大半はエントリーシートの記入内容から掘り下げて出されました。一番最初に志望動機を話すまでは、普通の面接の雰囲気でした。しかし次第に面接官が下を向き始めたり返事をしなく...(続きは省略されています)

たぬきより

グループの結束力

主力の運輸業はもちろん、レジャー産業では「富士急ハイランド」が全国的にも知られ、複合的に消費者と関わるビジネスモデルとな>...(続きは省略されています)

マイカーの利用者急増?

政権交代が起きて、高速道路の無料化政策など車の所有者にはマイカーの利用の機会が増え、公共交通機関を使う人が減少することが>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】9010

富士急行は直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(447.0億円)と比較して、前期(517.8億円)は売上が増加しています。
営業利益は54.3億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 447.0億円 477.0億円 489.7億円 517.8億円
営業利益 34.3億円 38.5億円 43.5億円 54.3億円
経常利益 25.6億円 31.2億円 36.9億円 48.0億円
純利益 12.9億円 14.8億円 20.6億円 23.5億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 923.5億円 959.0億円 948.6億円 975.7億円
純資産 198.9億円 224.3億円 226.3億円 252.4億円
負債 724.6億円 734.7億円 722.3億円 723.3億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

運輸業 34% 176.1億円
不動産業 5% 25.9億円
レジャー・サービス業 50% 258.9億円
11% 57億円

SWOT分析

強み グループの結束力

脅威 マイカーの利用者急増?

機会 連休の分散化?

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。