就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

富士電機

富士電機 会社情報

設 立: 1923年8月29日
HP: http://www.fujielectric.co.jp/
特色

古河系で重電8社の一角、富士通の母体。自販機や発電関連設備に強み。特に地熱発電分野では世界シェア4割。
得意とする「電気を自在にあやつる技術」を駆使してエネルギー関連分野で様々な製品を提供しています。
・クリーンエネルギー
・スマートグリッド
・産業プラント
・ドライブコントロール
・パワー半導体 など

最新クチコミ

比較的働きやすい就業環境です

私は富士電機の上流行程(生産管理)の部署に勤務していました。仕事自体は納期交渉や日程管理がメインですが、お客様と直接やりとりすることも多い部署でした。フレックス制度が起用されているので、勤務しやすく、女性管理職の起用にも積極的でいい意味で会社が新しく働きやすい会社だと思います。また、管理職も実力主義...(続きは省略されています)

のりより

財務情報【証券コード】6504

富士電機は直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(7457.8億円)と比較して、前期(8135.5億円)は売上が増加しています。
営業利益は450.1億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 7457.8億円 7599.1億円 8106.8億円 8135.5億円
営業利益 219.9億円 331.4億円 393.2億円 450.1億円
経常利益 257.1億円 367.3億円 431.4億円 456.1億円
純利益 263.7億円 195.8億円 279.8億円 306.4億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 8107.7億円 9045.2億円 8453.8億円 8866.6億円
純資産 2512.3億円 3196.4億円 2609.8億円 3238.6億円
負債 5595.5億円 5848.9億円 5844.0億円 5628.0億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

発電・社会インフラ 20% 1627.1億円
産業インフラ 24% 1952.5億円
パワエレ機器 20% 1627.1億円
電子デバイス 16% 1301.7億円
食品流通 16% 1301.7億円
4% 325.4億円

大株主一覧


2008年6月24日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 83,080,000 35,392 15,121 11.1%
富士通株式会社 74,333,000 31,666 13,529 10.0%
朝日生命保険相互会社 23,266,000 9,911 4,234 3.1%
株式会社みずほコーポレート銀行 22,254,000 9,480 4,050 3.0%
古河電気工業株式会社 13,422,000 5,718 2,443 1.8%
ファナック株式会社 13,421,000 5,717 2,443 1.8%
古河機械金属株式会社 11,025,000 4,697 2,007 1.5%
株式会社損害保険ジャパン 9,851,000 4,197 1,793 1.3%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 8,582,000 3,656 1,562 1.1%
※当時価値(2008年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月24日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
富士通株式会社 74,333,000 12,488 13,529 10.0%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 46,980,000 7,893 8,550 6.3%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 34,702,000 5,830 6,316 4.7%
朝日生命保険相互会社 23,266,000 3,909 4,234 3.1%
株式会社みずほコーポレート銀行 22,254,000 3,739 4,050 3.0%
古河電気工業株式会社 13,422,000 2,255 2,443 1.8%
ファナック株式会社 13,421,000 2,255 2,443 1.8%
古河機械金属株式会社 11,025,000 1,852 2,007 1.5%
株式会社損害保険ジャパン 9,851,000 1,655 1,793 1.3%
※当時価値(2009年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月24日(木)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
富士通株式会社 74,333,000 20,888 13,529 10.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 42,763,000 12,016 7,783 5.7%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 38,383,000 10,786 6,986 5.1%
朝日生命保険相互会社 23,266,000 6,538 4,234 3.1%
株式会社みずほコーポレート銀行 22,254,000 6,253 4,050 3.0%
古河電気工業株式会社 13,422,000 3,772 2,443 1.8%
ファナック株式会社 13,421,000 3,771 2,443 1.8%
ジユニパー 11,732,000 3,297 2,135 1.6%
古河機械金属株式会社 11,025,000 3,098 2,007 1.5%
株式会社損害保険ジャパン 9,851,000 2,768 1,793 1.3%
※当時価値(2010年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月24日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
富士通株式会社 74,333,000 19,178 13,529 10.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 50,426,000 13,010 9,178 6.8%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 35,503,000 9,160 6,462 4.8%
朝日生命保険相互会社 23,266,000 6,003 4,234 3.1%
株式会社みずほコーポレート銀行 22,254,000 5,742 4,050 3.0%
古河電気工業株式会社 13,422,000 3,463 2,443 1.8%
ファナック株式会社 13,421,000 3,463 2,443 1.8%
古河機械金属株式会社 11,025,000 2,844 2,007 1.5%
株式会社損害保険ジャパン 9,851,000 2,542 1,793 1.3%
みずほ信託銀行株式会社 7,991,000 2,062 1,454 1.1%
※当時価値(2011年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
三井住友信託銀行株式会社 5.03% -0.13% 2012-04-18
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.16% -0.46% 2012-02-06
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.62% ±0% 2011-10-06
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.62% +0.05% 2011-09-06
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.57% +0.18% 2011-06-06
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.39% +5.39% 2011-04-20
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 3.85% -1.2% 2010-05-07
三井住友信託銀行株式会社 3.18% -1.91% 2010-04-22
三井住友信託銀行株式会社 5.09% +5.09% 2010-03-05
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 5.05% +5.05% 2010-02-16