就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ファミリーマート

ファミリーマート の概要・基本情報

コンビニ業界においては、国内第3位の大手である。
2010年2月期においては15,789店 (国内外エリアフランチャイズ含む)での総売り上げは、1,273,752百万円となっている。


設 立: 1981年9月1日
HP: http://www.family.co.jp/index.html
タグ

最新クチコミ

面接で聞かれた質問内容

exam-interview

質問は以下の三つでした。1.入社動機とにかくスーパーバイザーになりたい一心で志望した旨を話しました。具体的な内容は自分が同チェーンの加盟店店舗で担当スーパーバイザーの仕事を見たり、話を聞かせて頂いてから日を重ねる事に憧れが増していき今日に至った事、業界の基礎知識を学ぶ為に在学中に「販売士2級」を取得...(続きは省略されています)

ベルーガより

頑張れる企業

buzz

他の方も書かれていますが入社して与えられるSVという仕事は最初はかなり大変だと思います。マニュアルを全て覚え業務内容、新商品、新しいサービスこれらを1から覚えていかないといけません。私も心折れそうになることも多々ありましたが新人教育の指導がかなりきめ細かいです。研修の場を設けてくれる機会も多く覚える...(続きは省略されています)

ぷにままより

仕事のし甲斐がある企業

buzz

最近ではコンビニ業界の競争が激しく、商品もそうですが、サービス内容も以前に増して良くなっているように感じます。私が御社に勤めていた時分は研修の時間を何日か設けていただき、しっかり実用出来る様指導していただいておりました。またそのお陰で接客に対するプロ意識や仕事に対する考え方を変えさせていただき一人前...(続きは省略されています)

mmより

財務情報【証券コード】8028

ファミリーマートは直近の三年間、売上は毎年増収を達成しています。
直近の二年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(3456.0億円)と比較して、前期(8949.9億円)は売上が増加しています。
営業利益は560.5億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年2月期 2015年2月期 2016年2月期 2017年2月期
売上高 3456.0億円 3744.3億円 4276.8億円 8949.9億円
営業利益 433.1億円 404.2億円 487.3億円 560.5億円
経常利益 473.2億円 425.2億円 518.9億円 593.4億円
純利益 226.1億円 256.7億円 210.7億円 190.1億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年2月期 2015年2月期 2016年2月期 2017年2月期
総資産 5881.4億円 6662.4億円 - 16439.2億円
純資産 2654.6億円 2848.3億円 - 5344.9億円
負債 3226.8億円 3814.2億円 - 11094.3億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

コンビニエンスストア・国内 88% 7875.9億円
コンビニエンスストア・海外 12% 1074億円

SWOT分析

強み 幅広い出店規模

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。