就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ドリームインキュベータ

ドリームインキュベータ の概要・基本情報

大企業コンサルティング及びベンチャー企業への投資・育成を柱としている。

ベンチャー投資は一般的なベンチャーキャピタルと異なり、見込みのある企業に対して株式等の長期保有も実施している。
2015年にはNEDOの研究開発型ベンチャー支援VCに認定された。

アイペット損害保険に関しては2011年に株式の8割以上を取得し、連結子会社とした。

設 立: 2000年4月
HP: http://www.dreamincubator.co.jp
タグ

ドリームインキュベータ の特色・要チェックポイント

DIの企業研究

コンサルティングファーム志望者であれば気になるのが、ボストン・コンサルティング・グループやマッキンゼーなどの企業ですが、それらのトップファームに匹敵するほどの難関ファームがドリームインキュベータです。

創設者は、ボストンコンサルティンググループの日本支社長まで務めた堀紘一氏で現在社長の山川氏もボストン・コンサルティング・グループの出身です。
日本企業ですが、外資系コンサルティングファームと志望者層はほぼ合致しています。

ベンチャー企業を支援・育成して『第二のソニーやホンダを100社つくる』という目標を掲げ、設立されたファームです。
同社の事業は、最大の目的であるベンチャー企業の支援・育成に加え、主に大企業の経営相談や指導に当たるコンサルティング、そして企業を資金面から支援する投資という単に3本柱から構成されています。
社名の「ドリームインキュベータ」の「インキュベータ」はもともと卵をふ化する器という意味です。

2012年に、ペット医療保険事業を展開するアイペットを子会社化し、連結で見ると売上の半分が保険事業で占められています。
ペット医療保険の売上を除外すると、コンサル事業が6割、投資事業が3割程度を占めている模様です。
ただコンサルティングするだけでなく、資本参加して利益を取りに行く姿勢は商社や投資銀行に近いものもあります。

--
>株式会社アイペットの株式取得(子会社化)に関するお知らせ
http://www.dreamincubator.co.jp/pdf/ir11021001.pdf
>当社は今後成長が期待される事業の一つとして、数年前よりいわゆる「ペット医療向け保険」に 注目しており、株式会社アイペットに対しコンサルティング業務支援を実施して以来、ペット保 険事業の社会的意義や成長性といった点に一層強い魅力を持つに至りました。
--

ペット保険以外にも、様々な企業に資本参加しています。
国内の上場企業の中では、IT業界からドラッグストア、アイウェア(メガネ)など様々な種類の企業に投資しているようです。

最新クチコミ

過去受験者です

exam-interview

ドリームインキュベータのグループディスカッション(ウインタージョブ)について書きます。【受験者層について】同じ日に、東大早慶クラスの男ばっかり30人くらい集められ6~7人くらいずつでのグループディスカッションをしました。同じグループにはボストンコンサルティンググループのウ...(続きは省略されています)

過去受験者より

即戦力が求められる面接

exam-interview

さまざまな会社の経営をサポートするコンサルティングにあこがれて、ドリームインキュベータの採用選考を受けました。ドリームインキュベータの採用選考はやや特徴的で、グループディスカッションの就活生のグループですが、さまざまな大学の就活生がいるにもかかわらず、同じような大学が固まったグループに分けられてグル...(続きは省略されています)

みみより

ケーススタディ出題例

exam-interview

『新幹線(東京-新大阪間)車内での年間のコーヒーの販売額を算出して、販売額を1.5倍に増やす打ち手を考えて下さい』『シャンプーの国内市場規模を概算し、これを1.5倍に拡大する打ち手を考えて下さい(30分)』...(続きは省略されています)

Job(内定直結のインターンシップ)を通じての採用

newgrad

基本的にJob(内定直結のインターンシップ)を通じての採用を行っているが、Jobに参加するための選考も激戦となる。新卒採用は例年3名程度と、狭き門となっている。...(続きは省略されています)

2019卒向けJob(インターンシップ/内定直結)のエントリーが開始

interninfo

2019卒向けJob(インターンシップ/内定直結)のエントリーが開始されました。 【新卒採用】 2019年卒向け春選考のご案内<ビジネスプロデューサー職>2019年 卒業者向けの新卒採用(春選考)は、1月12日(金) 0時 よりエントリー受付を開始しました。DIでは、「Job(インターンシップ)」を通じて新卒採用を行っています。Jobとは、実在の企業/社会課題を題材に情報収集・分析・戦略策定等の課題に取り組み、検討結果を弊社幹部にプレゼンテーションしていただくプログ...(続きは省略されています)

『DI Summer Study 』事前対策まとめ

exam-interview

コンサルティングファーム志望者であれば気になるのが、ボストン・コンサルティング・グループやマッキンゼーなどの企業ですが、それらのトップファームに匹敵するほどの難関ファームがドリームインキュベータ(以下、DI)です。学生に戦略コンサルティングや事業創出の醍醐味を感じてもらうことを目的として毎年開催され...(続きは省略されています)

就活SWOT編集部より

DIの給与事情・福利厚生・採用人数

newgrad

30歳時点の平均年収は1000万円超。上場している国内企業の平均年収として、サービス業の中ではトップクラスの給与水準となっています。2013年度の初任給実績は、大学卒 550万円/年 大学院卒 570万円/年。※会社業績により決算賞与あり(同社HPより)新卒からの採用は、...(続きは省略されています)

コンサルファーム調査隊より

産業プロデュース活動において中国関連のプロジェクトが増加

産業プロデュース活動において中国関連のプロジェクトが増加しており、2010年12月には顧客のフォロー体制を増強するために>...(続きは省略されています)

理念主導の経営。

良い悪いはともかく、当社の経営は理念ありき。
短期的な損益はあまり重要視していない。
>...(続きは省略されています)

無借金経営。

直近の2009年3月期決算においては無借金経営。
しかも自己資本比率は97.6%を維持。>...(続きは省略されています)

ドリームインキュベータ のインターン情報

http://www.dreamincubator.co.jp/career/career_news/32386.html(求人を検索する)

2019卒向けJob(インターンシップ/内定直結)のエントリーが開始

2019卒向けJob(インターンシップ/内定直結)のエントリーが開始されました。

 【新卒採用】 2019年卒向け春選考のご案内
<ビジネスプロデューサー職>

2019年 卒業者向けの新卒採用(春選考)は、1月12日(金) 0時 よりエントリー受付を開始しました。

DIでは、「Job(インターンシップ)」を通じて新卒採用を行っています。

Jobとは、実在の企業/社会課題を題材に情報収集・分析・戦略策定等の課題に取り組み、検討結果を
弊社幹部にプレゼンテーションしていただくプログラムです。


ドリームインキュベータの新卒採用HP

求人を検索する
Job(内定直結のインターンシップ)を通じての採用

基本的にJob(内定直結のインターンシップ)を通じての採用を行っているが、Jobに参加するための選考も激戦となる。

新卒採用は例年3名程度と、狭き門となっている。


DIの給与事情・福利厚生・採用人数

30歳時点の平均年収は1000万円超。

上場している国内企業の平均年収として、サービス業の中ではトップクラスの給与水準となっています。 2013年度の初任給実績は、大学卒 550万円/年 大学院卒 570万円/年。

※会社業績により決算賞与あり(同社HPより)


新卒からの採用は、年間平均3名という狭き門になります。

(東京大学21名、京都大学5名、慶應義塾大学5名、東京工業大学3名、早稲田大学3名、一橋大学1名、カリフォルニア大学バークレー校1名…同社HPより)


福利厚生として、借上社宅制度、慶弔見舞金制度、就業不能所得補償制度、従業員持株会、健康管理(人間ドック補助)、入社準備金前借制度、健康保険組合、などがあり、手厚いようです。

財務情報【証券コード】4310

ドリームインキュベータは3年前(90.9億円)と比較して、前期(145.3億円)は売上が増加しています。
営業利益は5.2億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 90.9億円 133.4億円 126.9億円 145.3億円
営業利益 11.4億円 13.5億円 5.4億円 5.2億円
経常利益 11.0億円 13.7億円 5.3億円 5.3億円
純利益 8.5億円 9.9億円 4.2億円 1.0億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 195.4億円 157.3億円 161.3億円 173.5億円
純資産 143.4億円 114.5億円 112.5億円 109.7億円
負債 52.0億円 42.9億円 48.9億円 63.8億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

コンサルティング 24% 34.9億円
保険 56% 81.4億円
営業投資 11% 16億円
9% 13.1億円

SWOT分析

強み 無借金経営。

弱み 投資企業株価の影響を受けやすい。

機会 産業プロデュース活動において中国関連のプロジェクトが増加

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。