就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

大日本印刷(DNP)

大日本印刷(DNP) 会社情報

設 立: 1894(明治27)年1月
HP: http://www.dnp.co.jp/

最新クチコミ

就活生への選考のヒント(内々定者)

 最初の選考はGDです。ある問題が与えられて、複数ある選択肢に順序をつけて発表するというものでした。グループ内で発表役を任せてもらう立ち回りを意識し、実際発表を行い高評価もいただき、次の選考に進みました。 次の選考は面接です。相手二人でこちらが一人の個人面接です。聞いてくる内容は「自己紹介」「自分の...(続きは省略されています)

業界自体の先細からの脱却なるか?

印刷というある種ニッチな産業に位置する企業の二強の一角。もともとの本業は出版印刷、商業印刷等の紙モノへの印刷だったが、包装資材、住宅内装材、エレクトロニクス系へと印刷技術を核に多角化を進めてきた。しかしながら、やはり出版不況や人口減少、情報産業自体のインターネットへのシフト等により「印刷」という手法...(続きは省略されています)

貞山公より

印刷会社二強の一角

 現在の日本の印刷会社で売り上げ高一兆円を超える企業は、凸版印刷と大日本印刷だけ。印刷自体が先細りしていくといわれる昨今、大きく売り上げを落とさずトップを走り続けるのは地盤がしっかりしているからといえます。大日本印刷の特色の一つとして対個人との取引ではなく、対ビジネス、BtoBを基軸にした...(続きは省略されています)

norihinoより

財務情報【証券コード】7912

大日本印刷(DNP)は3年前(14466.1億円)と比較して、前期(14559.2億円)は売上が増加しています。
営業利益は454.7億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 14466.1億円 14485.5億円 14621.2億円 14559.2億円
営業利益 357.8億円 501.0億円 481.7億円 454.7億円
経常利益 403.2億円 532.9億円 537.6億円 526.5億円
純利益 192.2億円 256.4億円 269.2億円 335.9億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 15747.5億円 18094.6億円 17186.4億円 17419.0億円
純資産 9763.9億円 11240.9億円 10632.4億円 10812.9億円
負債 5983.7億円 6853.7億円 6554.0億円 6606.2億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

情報コミュニケーション 48% 6988.4億円
生活・産業 37% 5386.9億円
エレクトロニクス 12% 1747.1億円
清涼飲料 4% 582.4億円

大株主一覧


2008年6月27日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 43,824,000 67,927 26,426 6.3%
第一生命保険相互会社 34,646,000 53,701 20,892 5.0%
ヒーローアンドカンパニー 25,904,000 40,151 15,620 3.7%
ユービーエスエージーロンドンアカウントアイピービーセグリゲイテッドクライアントアカウント 23,462,000 36,366 14,148 3.4%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 22,924,000 35,532 13,823 3.3%
株式会社みずほコーポレート銀行 15,242,000 23,625 9,191 2.2%
日本生命保険相互会社 14,349,000 22,241 8,652 2.0%
株式会社みずほ銀行 12,471,000 19,330 7,520 1.8%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505103 10,142,000 15,720 6,116 1.4%
自社従業員持株会 10,013,000 15,520 6,038 1.4%
※当時価値(2008年6月27日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月26日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 40,945,000 52,123 24,690 5.8%
第一生命保険相互会社 30,882,000 39,313 18,622 4.4%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 28,455,000 36,223 17,158 4.1%
ザバンクオブニューヨークメロンアズデポジタリバンクフォーデポジタリレシートホルダーズ 20,745,000 26,408 12,509 3.0%
株式会社みずほコーポレート銀行 15,242,000 19,403 9,191 2.2%
日本生命保険相互会社 14,349,000 18,266 8,652 2.0%
株式会社みずほ銀行 12,471,000 15,876 7,520 1.8%
自社従業員持株会 10,797,000 13,745 6,511 1.5%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505225 6,800,000 8,656 4,100 1.0%
※当時価値(2009年6月26日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月29日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 37,398,000 40,315 22,551 5.3%
第一生命保険相互会社 30,882,000 33,291 18,622 4.4%
ザバンクオブニューヨークメロンアズデポジタリバンクフォーデポジタリレシートホルダーズ 26,665,000 28,745 16,079 3.8%
株式会社みずほコーポレート銀行 15,242,000 16,431 9,191 2.2%
日本生命保険相互会社 14,349,000 15,468 8,652 2.0%
株式会社みずほ銀行 12,471,000 13,444 7,520 1.8%
自社従業員持株会 11,462,000 12,356 6,912 1.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 7,958,000 8,579 4,799 1.1%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505225 7,595,000 8,187 4,580 1.1%
※当時価値(2010年6月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月29日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 40,614,000 36,471 24,490 5.8%
第一生命保険株式会社 30,882,000 27,732 18,622 4.4%
ザバンクオブニューヨークメロンアズデポジタリバンクフォーデポジタリレシートホルダーズ 29,411,000 26,411 17,735 4.2%
株式会社みずほコーポレート銀行 15,242,000 13,687 9,191 2.2%
日本生命保険相互会社 14,349,000 12,885 8,652 2.0%
株式会社みずほ銀行 12,471,000 11,199 7,520 1.8%
自社従業員持株会 12,323,000 11,066 7,431 1.8%
SSBTOD05OMNIBUSACCOUNT-TREATYCLIENTS 11,280,000 10,129 6,802 1.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 10,385,000 9,326 6,262 1.5%
※当時価値(2011年6月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
第一生命保険株式会社 5.07% -0.22% 2010-04-22
株式会社みずほコーポレート銀行 7.37% +0.02% 2009-10-22
株式会社みずほコーポレート銀行 7.35% +1.03% 2009-02-06
大日本印刷株式会社 7.04% +1.0% 2008-06-02
大日本印刷株式会社 6.04% +1.02% 2008-04-18
ブランデス・インベストメント・パートナーズ・エル・ピー 4.99% -1.02% 2008-04-14


SWOT分析

強み 実質無借金経営。

弱み エンドユーザーに知名度がない

脅威 紙媒体から電子媒体へのシフト

機会 太陽電池分野の市場成長