就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

大和総研

大和総研 の概要・基本情報

設 立: 平成20年10月1日
HP: http://www.dir.co.jp/
タグ

大和総研 の特色・要チェックポイント

大和総研の持ち株会社である大和総研ホールディングスは、大和証券グループ本社の100%子会社です。
このページの財務情報は、大和証券グループ本社の情報となります。

最新クチコミ

2017年度エントリーシート

entrysheet

 ・設問 「大和総研グループ」への志望動機を教えて下さい。(全角記入) 400文字以下  ・回答 貴社のお客様と真摯に向き合い、課題解決に向けて尽力するところに魅かれ、志望いたしました。お客様からのヒアリングから運用、他社では担わない保守までの一連を提供することから、お客様を大切にしていることが感じられました。また、貴社ではリサーチ、コンサルティング、システムを兼ね備えており、幅広いお客様の要望に対して、的確に応えられることが強みだと感じました。...(続きは省略されています)

さんとうより

就活の面接で聞かれたこと

exam-interview

大和総研の面接において、自分がこの会社で何がやりたいのか、またどんな役に立つのかということについて質問されました。 それぞれ典型的な質問ではあるため、金融についての知識を生かしコンサルティングを行いたい、高いコミュニケーション能力を生かしてお客様に喜ばれ、また会社内の空気を良くすることもできるという用意していた答えを言いました。...(続きは省略されています)

ダモより

システム部門とリサーチ部門とコンサル部門があり、収益のメインはシステム

buzz

証券関連のシステムなど、大和証券関連の仕事が多いです。大和証券以外の仕事を受注するための分社化でしたが、実際には大半が親会社からの仕事となっています。良い面では大和証券グループの仕事を独占できるということであり、悪い面では親会社の予算などに左右される会社です。 システム部門とリサーチ部門とコンサル...(続きは省略されています)

LKOより

大和証券100%出資

大和証券100%の子会社のため、同業種他社と比べ貪欲さにやや欠ける

http://ja.w>...(続きは省略されています)

証券システムの技術

大和総研は証券システムの技術とその技術を基にしたシステムの構築が得意

http://www>...(続きは省略されています)

携帯電話の本人確認ソリューションの開発

大和総研ビジネス・イノベーションと東芝ソリューションは3月16日、携帯電話を活用した本人確認ソリューションの開発で協業す>...(続きは省略されています)

大和総研 のインターン情報

大和総研 の新卒採用HP

財務情報【証券コード】8601

大和総研 は3年前(6428.3億円)と比較して、前期(6165.0億円)は売上が減少しています。
営業利益は1190.6億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 6428.3億円 6594.0億円 6537.1億円 6165.0億円
営業利益 1845.9億円 1708.4億円 1503.0億円 1190.6億円
経常利益 1970.5億円 1845.8億円 1651.5億円 1356.2億円
純利益 1694.6億円 1484.9億円 1168.5億円 1040.7億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 194808.6億円 230015.9億円 204208.2億円 198273.0億円
純資産 12534.6億円 14346.8億円 13130.1億円 13434.3億円
負債 182274.0億円 215669.1億円 191078.1億円 184838.6億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

受入手数料 47% 2897.6億円
トレーディング損益 24% 1479.6億円
営業投資有価証券関連損益 3% 185億円
金融収益 17% 1048.1億円
9% 554.9億円

SWOT分析

強み 証券システムの技術

弱み 大和証券100%出資

機会 携帯電話の本人確認ソリューションの開発

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。