就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

電通

電通 会社情報

2019卒インターン情報ページURL: http://www.career.dentsu.jp/intern/2017/
2018卒新卒採用ページURL: http://www.career.dentsu.jp/recruit/2018/top/
設 立: 1901年(明治34年)7月1日
HP: http://www.dentsu.co.jp/
特色

広告代理店国内首位。世界5位。13年に英イージス買収し海外展開本格化。海外比率は5割強に

タグ

最新クチコミ

電通の選考内容

buzz

面接では「志望動機」「自分の強み」「好きな広告は何か」などを中心に、面接官によって様々な質問が来ます。...(続きは省略されています)

電通のインターンシップ(2013年夏開催:参考情報)

internship

博報堂ほど採用直結ではありませんが、「電通クリエーティブ塾」を前身とする電通インターンシップを開催しています。...(続きは省略されています)

電通の社風と仕事内容

buzz

電通は誰もが知る有名広告代理店ですが、良くも悪くも古きよき時代の会社といったところです。...(続きは省略されています)

maimaiより

財務情報【証券コード】4324

電通は直近の二年間、売上は毎年増収を達成しています。

3年前(19412.2億円)と比較して、前期(7286.3億円)は売上が減少しています。
営業利益は1323.1億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年12月期 2015年3月期
売上高 19412.2億円 6597.7億円 7064.7億円 7286.3億円
営業利益 584.7億円 1072.8億円 1072.7億円 1323.1億円
経常利益 590.3億円 1108.0億円 1060.4億円 1343.0億円
純利益 363.4億円 665.1億円 726.5億円 798.5億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年12月期 2015年3月期 2016年12月期
総資産 26859.3億円 30660.8億円 31595.3億円 31552.3億円
純資産 9010.1億円 10682.2億円 10803.6億円 9327.4億円
負債 17849.2億円 19978.6億円 20791.7億円 22224.9億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

広告 97% 7067.7億円
情報サービス 2% 145.7億円
0%

大株主一覧


2008年6月27日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
株式会社時事通信社 30,218,680 69,503 67,569 10.9%
社団法人共同通信社 20,488,800 47,124 45,813 7.4%
日本マスタ-トラスト信託銀行株式会社 14,156,800 32,561 31,655 5.1%
株式会社みずほコーポレート銀行 11,328,880 26,056 25,331 4.1%
日本トラスティ・サ-ビス信託銀行株式会社 10,038,700 23,089 22,447 3.6%
電通グループ従業員持株会 7,381,078 16,976 16,504 2.6%
財団法人吉田秀雄記念事業財団 4,984,808 11,465 11,146 1.8%
株式会社リクルート 4,929,900 11,339 11,023 1.8%
ドイツ証券株式会社 4,287,300 9,861 9,586 1.5%
株式会社東京放送 4,000,000 9,200 8,944 1.4%
※当時価値(2008年6月27日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月26日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
株式会社電通 29,960,751 58,394 66,992 10.8%
社団法人共同通信社 20,488,800 39,933 45,813 7.4%
株式会社時事通信社 19,748,680 38,490 44,158 7.1%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 12,235,600 23,847 27,359 4.4%
株式会社みずほコーポレート銀行 11,328,880 22,080 25,331 4.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 8,918,500 17,382 19,942 3.2%
電通グループ従業員持株会 8,182,778 15,948 18,297 2.9%
財団法人吉田秀雄記念事業財団 4,984,808 9,715 11,146 1.8%
株式会社リクルート 4,929,900 9,608 11,023 1.8%
※当時価値(2009年6月26日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月29日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
社団法人共同通信社 20,488,800 50,116 45,813 7.4%
株式会社時事通信社 19,748,680 48,305 44,158 7.1%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 13,810,900 33,781 30,881 5.0%
株式会社みずほコーポレート銀行 11,328,880 27,710 25,331 4.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 9,120,200 22,308 20,393 3.3%
電通グループ従業員持株会 8,365,678 20,462 18,706 3.0%
財団法人吉田秀雄記念事業財団 4,984,808 12,193 11,146 1.8%
株式会社リクルート 4,929,900 12,059 11,023 1.8%
株式会社TBSテレビ 4,000,000 9,784 8,944 1.4%
日本生命保険相互会社 3,873,700 9,475 8,662 1.4%
※当時価値(2010年6月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月29日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
一般社団法人共同通信社 20,488,800 47,001 45,813 7.4%
株式会社時事通信社 18,748,680 43,009 41,922 6.7%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 17,356,500 39,816 38,809 6.2%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 9,810,200 22,505 21,936 3.5%
電通グループ従業員持株会 8,381,378 19,227 18,741 3.0%
株式会社みずほコーポレート銀行 7,930,216 18,192 17,732 2.8%
財団法人吉田秀雄記念事業財団 4,984,808 11,435 11,146 1.8%
株式会社リクルート 4,929,900 11,309 11,023 1.8%
株式会社TBSテレビ 4,000,000 9,176 8,944 1.4%
日本生命保険相互会社 3,873,700 8,886 8,662 1.4%
※当時価値(2011年6月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 5.56% +5.56% 2010-04-19
株式会社みずほコーポレート銀行 4.32% -1.34% 2010-04-07
株式会社みずほコーポレート銀行 5.66% +0.51% 2009-05-22
株式会社みずほコーポレート銀行 5.15% -0.14% 2009-01-09
株式会社みずほコーポレート銀行 5.29% +0.17% 2008-11-10
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 4.24% -4.03% 2008-09-30
株式会社電通 10.25% +2.38% 2008-09-08
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 8.27% +1.26% 2008-09-01
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 7.01% +1.61% 2008-08-18
株式会社電通 7.87% +1.91% 2008-08-08


SWOT分析

強み マーケティング分析や情報の獲得においてスケールメリットが活かせる

弱み海外では、知名度も低く、海外展開はあまりうまくいっていない

国内では圧倒的なシェアを誇る電通ですが、海外展開は欧米の大手広告グループと比べると非常に弱く、海外での認知度も低い。強みにも掲載した下記の表を見るとわかりますが、世界の上位2社とは以前会社規模で差があります。これに対し、近年は欧米の広告グループとの提携に力を入れており、2000年には、アメリカ合衆国 ... ...

(続きは省略されています)

機会海外進出について

電通は世界5位の規模の広告代理店です。
しかし、依然海外では弱いです。

これに対し、強みでも記しましたが、近年は欧米の広告グループとの提携に力を入れており、2000年には、アメリカ合衆国の「レオ・バーネット」などと共に、広告会社グループ「bcom3」を結成 ... ...

(続きは省略されています)
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。