就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

第一三共

第一三共 の概要・基本情報

設 立: 2005年9月28日
HP: http://www.daiichisankyo.co.jp/
タグ

第一三共 のインターン情報

http://www.daiichisankyo-recruiting.com/dsws2017/

【MR職(営業)インターンシップ】

第一三共では、薬学部生対象と文理系対象に3daysのMR職(営業)インターンシップを9月下旬~10月上旬に実施します。



※2泊3日の宿泊形式。

※薬学部向けと文理向けでは開催時期が異なります。



■締切

プレエントリー期限:7/12(水) 23:59

WEBエントリーシート提出期限:7/13(木) 23:59



※WEBエントリーシートの提出を持って本エントリーが完了となります。

※プレエントリーは以下よりどうぞ。

https://job.axol.jp/hk/i/daiichisankyo_19/entry/agreement

第一三共 の特色・要チェックポイント

国内製薬メーカー大手5社の一角。循環器と感染症薬強み。がん注力。インド子会社の売却で新興国事業振り出しに。

最新クチコミ

具体的な志望理由をきちんと準備していく必要があります。

exam-interview

 面接は厳しい雰囲気はなく、リラックスできるように気遣いがとても感じられました。集団面接でははじめに世間話などをしてからスタートし、そこにいる人たちが笑顔になったところではじまりました。なぜ製薬会社なのかと聞かれたので、かつて救急車に乗ったことがあり、そこで親身になって助けてくれる人たちの...(続きは省略されています)

らっこより

面接での質問

exam-interview

面接の様子:面接官の方は3人でした。グループ討論ではなく、個人面接の形式でした。とてもフレンドリーで、こちらの発言に対して相槌を打ってくれたり、終始穏やかな雰囲気でした。質問:1.志望動機2.学生時代頑張ったこと、大変だったこと3.医薬品の種類についてどの程度知っているのか4.自分の性格(長所・短所)について※その他はエントリーシートからの質問でした。どのように答えたか:・志望動機・・・製薬業界に...(続きは省略されています)

三上寧音より

安定感のある年収の高い会社

buzz

第一三共と取引をしていたことがあります。会社としてはヒットする薬が開発されれば、会社の見通しが良くなり、そうではないと厳しくなりますが、歴史もあり会社の経営状態は比較的安定しています。何よりも医薬業界なので景気に左右されることが少なく、これから高齢化の時代を迎えるのでむしろニーズは高まると思います。...(続きは省略されています)

みかげより

第一三共の面接で気を付けるべきこと

buzz

2016年度の第一三共の二次面接を受けました。聞かれた質問内容は一次面接で聞かれた質問内容の延長線上にあるものが多い印象でした。例えば、一次面接では第一三共を第一志望とする理由いわゆる志望動機について聞かれたのですが、私は「子どものころに父を亡くしたので、ほかの人が同じような悲しみを味わわないように...(続きは省略されています)

sykより

役職レベルは忙しいイメージです

buzz

第一三共グループの会社で働いた経験があります。当方は製造部門に配属となったため、その他の部署のことは聞いた話でしか分かりません。ここでは私のいた部署での業務について覚えていることを書きます。事業所は、(場所によって若干異なりますが)8時〜8時30分頃の始業だったと思います。朝は大体みんなメールチェッ...(続きは省略されています)

かなこより

実際に働いた私が感じたこと(入社〜1年経つまで)

buzz

面接後、内定を貰い、第一三共グループ会社に入社した私自身が感じたこと、体験したことについて書いていきます。まず入社式です。入社式は日本橋の本社で行われました。高卒、高専卒、大卒がほとんどだったと思います。(ちなみに私はこの時初めて高卒も採用されるのだということを知りました。)第一三共本体(第一三共株...(続きは省略されています)

ゆうりより

主に面接内容についての体験談

exam-interview

私が勤務していた第一三共グループ会社での面接の体験談です。当時の面接は、面接担当者が5名ほど横並びで座り、部屋の中央に受験者(1名)が対面して座るという感じでした。まず、1番端に居た人事(採用)担当と思われる方が質問を振り、それに私が答えます。途中、気になる点や、更に掘り下げた質問を他の方々(副社長...(続きは省略されています)

ゆうりより

私の面接体験談

exam-interview

私は、現在第一三共で働いて、3年目になります。大学を卒業し面接に受かり何とか第一三共に入ることができました。私のころの面接で聞かれた内容は、自己PR、志望動機などの簡単な内容から始まり、「世界中に会社があるのですが、海外転勤は可能ですか?」といった質問まで答えました。そのときはいやでも、とりあえずは...(続きは省略されています)

わたるより

子会社の為替デリバティブ契約

子会社のランバクシーが金融機関と結んだ為替デリバティブ契約がインド通貨ルピーの相場変動で巨額の損失や利益を出し、同社 を>...(続きは省略されています)

高齢化社会

高齢化社会によって医療のニーズが増加していくことが期待される。>...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】4568

第一三共は3年前(8991.3億円)と比較して、前期(9551.2億円)は売上が増加しています。
営業利益は889.3億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 8991.3億円 9193.7億円 9864.5億円 9551.2億円
営業利益 1129.2億円 744.2億円 1304.1億円 889.3億円
経常利益 1129.5億円 799.4億円 1223.9億円 877.9億円
純利益 609.4億円 3221.2億円 822.8億円 534.7億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 18540.4億円 19822.9億円 19005.2億円 19149.8億円
純資産 9799.3億円 13040.6億円 12314.1億円 11759.0億円
負債 8741.0億円 6782.3億円 6691.2億円 7390.8億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

医薬品・第一三共グループ 80% 7641億円
医薬品・ランバクシーグループ 20% 1910.2億円

SWOT分析

強み 親近感と幅広さ

弱み 海外市場

脅威 子会社の為替デリバティブ契約

機会 高齢化社会

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。