就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

近鉄百貨店

近鉄百貨店 会社情報

設 立: 1934年09月29日
HP: http://www.d-kintetsu.co.jp/
タグ

近鉄百貨店 の概要・基本情報

近鉄グループにおける流通部門の中核企業。大正年間創業の京都物産館(後の京都近鉄百貨店、閉店)が発祥。大阪南部や奈良県の近鉄沿線地域を地盤としている。阿倍野本店は隣接する「フープ」「アンド」も含め大阪市内有数の大型店。

最新クチコミ

外商部の状況

家庭外商と法人外商に分かれています。私は家庭外商に所属していました。5年間勤務しましたが、近畿圏では名の通った企業>...(続きは省略されています)

リッツより

部門ごとの仕事について

buzz

5年ほど前に在籍していました。新卒入社後、5年ほどは外商部に配属されましまた。他の百貨店に比べて外商に力を入れているようで男性は最初は外商配属が多いです。内容は外商顧客の家庭に訪問し宝飾品や生活用品を販売するというものでした。帰社してからも電話で生活用品を販売するのでかなり長い時間販売活動をする必要...(続きは省略されています)

ハイバラより

新卒採用面接での質問

exam-interview

個別面接と集団面接、役員面接の3回でした。個別面接では大学時代に一番打ち込んだこともしくはやりとげたことは何ですか?という質問と当社に入社したら何を一番したいですか?というものでした。1つめの質問にはアルバイトを時間帯責任者になるまで頑張ったことを伝え、2つめの質問には地域密着の会社だったので地域の...(続きは省略されています)

リッツより

財務情報【証券コード】8244

近鉄百貨店は3年前(2707.4億円)と比較して、前期(2707.7億円)は売上が増加しています。
営業利益は30.9億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年2月期 2014年2月期 2015年2月期 2016年2月期
売上高 2707.4億円 2770.7億円 2799.0億円 2707.7億円
営業利益 35.0億円 30.9億円 38.5億円 30.9億円
経常利益 27.0億円 24.9億円 26.4億円 25.4億円
純利益 25.7億円 9.7億円 -20.5億円 10.5億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年2月期 2015年2月期 2016年2月期 2017年2月期
総資産 1481.6億円 1411.6億円 1352.9億円 1319.6億円
純資産 290.9億円 282.2億円 281.3億円 305.4億円
負債 1190.8億円 1129.4億円 1071.6億円 1014.2億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

百貨店 93% 2518.2億円
卸・小売 4% 108.3億円
3% 81.2億円

SWOT分析

強み 関西での店舗戦略の強み

弱み ビジネスモデル構築が必要

脅威 地域中核店の業績低迷

機会 超高層複合ビルである阿倍野橋ターミナルビルの完成

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。