就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

カシオ計算機

カシオ計算機 会社情報

設 立: 1957(昭和32)年6月1日
HP: http://www.casio.co.jp/
タグ

カシオ計算機 の概要・基本情報

電卓、電子辞書、電子楽器、時計、デジタルカメラ、携帯電話などを扱う日本の電機メーカー。売上高連結6,230億50百万円(2008年3月期)・従業員数12,358。計算機、電卓からスタートしたが、現在は携帯電話とデジタルカメラが合わせて売上高の半分以上を占めている。

カシオ計算機 の特色・要チェックポイント

樫尾4兄弟が創業。電波時計、電子辞書で高シェア。デジカメ規模拡大図る。携帯は持分法移行

最新クチコミ

強み弱みと社風

buzz

この会社はG-SHOCKやBABY-Gなどの時計や電卓で収益を上げている会社です。 強みは世の中にまだない新しい商品を開発するという着眼点があるところだと思います。 弱みは強みである商品開発が時代の流れにあっておらず、発売当初の実績になかなかつながらず、数か月もしくは数年後に他社が同様の商品を発売してヒットするといった状況に陥るところだと思います。デジカメがいい例で、一...(続きは省略されています)

aoikunより

面接中に受けた際の質問で困ったもの

exam-interview

カシオ計算機のデザイン部、パッケージデザインの部署でインターシップ、集団面接、筆記面接?、面接後の本社の最終役員面接でされた質問になります。面接のメインは課題のプレゼンテーションでしたが、私が聞かれて少し困った質問なので紹介させていただきます。質問内容もしも入社してあなたの希望する仕事ではなく、人の...(続きは省略されています)

リカより

ES回答例「会社選定基準(理由)、自分を表す言葉(具体例)、CASIOへの興味、実現したい目標・夢(内容)、他」

entrysheet

エントリーシート課題会社選定基準(理由)、自分を表す言葉(具体例)、CASIOへの興味、実現したい目標・夢(内容)、興味のある製品、事業、希望職種、TOEICエントリーシート回答例会社選定基準商品をつくり提供することで社会貢献する会社であること、また社風、社員の雰囲気が自分に適しているかを軸とします...(続きは省略されています)

あい(中央大学 文学部卒)より

財務情報【証券コード】6952

カシオ計算機は直近の三年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(2977.6億円)と比較して、前期(3522.6億円)は売上が増加しています。
営業利益は421.7億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 2977.6億円 3217.6億円 3383.9億円 3522.6億円
営業利益 200.5億円 265.8億円 367.6億円 421.7億円
経常利益 197.0億円 257.4億円 378.6億円 410.7億円
純利益 118.8億円 159.9億円 264.0億円 311.9億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 3669.6億円 3746.6億円 - 3514.5億円
純資産 1852.6億円 2041.6億円 - 1963.3億円
負債 1817.1億円 1705.0億円 - 1551.2億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

コンシューマ 82% 2888.5億円
システム 14% 493.2億円
4% 140.9億円

SWOT分析

強み 自社商品のブランド化

弱み 時代を先取りし過ぎる

機会 時代に合わせた商品転換

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。