就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ボストンコンサルティンググループ

ボストンコンサルティンググループ 会社情報

2019卒インターン情報ページURL: https://www.bcg.com/ja-jp/careers/apply/current-students.aspx
2018卒新卒採用ページURL: http://www.bcg.co.jp/join_bcg/apply/new_grad.aspx
設 立: 1966年(日本法人)
HP: http://www.bcg.co.jp/
概要

ボストンコンサルティンググループは世界で活躍する
大手戦略系コンサルティング会社であり、
「PPM」や「経験曲線」のようなコンセプトの開発はコンサル業界に大きな影響を与えている。

特色

1963年にアメリカ合衆国で設立された戦略系コンサルティング会社。世界的上位企業500社の2/3をクライアントとして持ち、マッキンゼー・アンド・カンパニーと双璧をなす。

タグ コンサルティングファーム/

最新クチコミ

コンサルティングの最大手の面接

ボストンコンサルティンググループの採用選考を経験しました。これまで多くのコンサルティング会社の採用選考を受けてきましたが、ボストンコンサルティンググループの採用選考はかなり厳しかった印象があります。まず、面接でのテーマが難しいです。自分についての質問はいくつかされます。たとえば、純粋に自己紹介や自分...(続きは省略されています)

匿名20代より

オーソドックスだがレベル高し

数年前に新卒でコンサルティングスタッフとしての面接を受けました。その当時はスプリングジョブとサマーインターンがありましたが、どちらも選考内容としては基本的なコンサルの面接という感じです。フェルミ推定とケース問題が出題されて、私の時は「高速のSAでのチョコレート菓子の売り上げを推測せよ」「その売り上げ...(続きは省略されています)

だぶるどりぶるより

非常に優秀な人たちの集団

2009年に入社した事務職ですが、人生で後にも先にもあれほどのプロフェッショナル集団に会ったことがありません。会社は、コンサルタントスタッフと、事務職スタッフに大きく2分されていますが、事務職のレベルの高さが尋常ではないです。一般事務のスピードの最低5倍から7倍だと予想したほうがいいです。たとえ事務...(続きは省略されています)

matsutakeより

SWOT分析

強み 名門コンサルティング会社としての認知度の高さ

弱み マッキンゼーに比べ世界での影響力が低い

脅威 コンサル業界全体での戦略や知識のテンプレート化

機会 マッキンゼーの日本企業戦略との差別化

口コミをカテゴリー別に読む

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • 就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    エントリーシート自動添削