就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

アサヒビール(アサヒグループホールディングス)

アサヒビール(アサヒグループホールディングス) 会社情報

設 立: 1949年9月1日(昭和24年)
HP: http://www.asahibeer.co.jp/
特色

ビール類シェア首位。総合酒類・飲料メーカー。カゴメの筆頭株主。12年にカルピスを買収

タグ メーカー/ アサヒ/

最新クチコミ

選考内容・面接内容

exam-interview

「アサヒビール」での面接について、私の実体験をお話ししたいと思います。アサヒビールでは、まず書類選考がありその次に筆記選考がありました。ここを通過すると面接選考に進みます。中でも面接官が議題を与え、グループで討論を行う形式は必ず行われます。私の就活の年は、次のような議題でした。「近年、若い人たちのビール離れが見受けられます。そんな中、君たちならどのようにしてアサヒスーパードライのシェア拡大を図りま...(続きは省略されています)

ensemtryより

自己分析の大切さ

exam-interview

アサヒホールディングスの採用はかなり独特なものがありました。まずエントリーシートの段階から、提出するエントリーシートに貼る写真は単なる証明写真ではなく「自分らしさが表現できている写真」を貼るように指示がありました。また、エントリーシートの内容も具体的な質問項目はなく、かなり広い欄がひとつ設けられてい...(続きは省略されています)

やまさより

グループディスカッションは鬼門です

buzz

 自分がアサヒビールを受けたのはとにかくお酒が好きだったので、お酒を売る仕事にかかわりたいと強く思っていたからです。また一般的に就活をするうえで、文系学部出身の自分は、どの会社に入社してもほぼほぼ営業配属になると先輩から言われていたので、どうせ営業をするならば自分の好きな商品を営業したいと...(続きは省略されています)

けんたより

財務情報【証券コード】2502

アサヒビール(アサヒグループホールディングス)は3年前(17142.4億円)と比較して、前期(17069.0億円)は売上が減少しています。
営業利益は1368.9億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年12月期 2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期
売上高 17142.4億円 17854.8億円 16895.3億円 17069.0億円
営業利益 1174.7億円 1283.1億円 966.3億円 1368.9億円
経常利益 1236.1億円 1331.7億円 1175.6億円 1500.7億円
純利益 617.5億円 691.2億円 757.7億円 892.2億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期
総資産 19366.1億円 18046.7億円 20863.8億円
純資産 8965.1億円 7894.2億円 8363.5億円
負債 10401.0億円 10152.5億円 12500.3億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

酒類 54% 9217.3億円
飲料 27% 4608.6億円
食品 6% 1024.1億円
海外 11% 1877.6億円
2% 341.4億円

大株主一覧


2009年3月27日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 24,727,000 31,181 41,912 5.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 22,113,000 27,884 37,482 4.6%
旭化成株式会社 18,785,000 23,688 31,841 3.9%
第一生命保険相互会社 17,920,000 22,597 30,374 3.7%
富国生命保険相互会社 16,883,000 21,289 28,617 3.5%
株式会社三井住友銀行 9,028,000 11,384 15,302 1.9%
住友信託銀行株式会社 8,126,000 10,247 13,774 1.7%
住友生命保険相互会社 7,090,000 8,940 12,018 1.5%
株式会社みずほコーポレート銀行 5,644,000 7,117 9,567 1.2%
※当時価値(2009年3月27日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年3月29日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 21,755,000 37,854 36,875 4.5%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 21,282,000 37,031 36,073 4.4%
旭化成株式会社 18,785,000 32,686 31,841 3.9%
第一生命保険相互会社 16,920,000 29,441 28,679 3.5%
富国生命保険相互会社 16,883,000 29,376 28,617 3.5%
株式会社三井住友銀行 9,028,000 15,709 15,302 1.9%
住友信託銀行株式会社 8,126,000 14,139 13,774 1.7%
住友生命保険相互会社 7,090,000 12,337 12,018 1.5%
株式会社みずほコーポレート銀行 5,644,000 9,821 9,567 1.2%
農林中央金庫 5,566,000 9,685 9,434 1.1%
※当時価値(2010年3月29日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年3月28日(月)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 25,021,000 36,305 42,411 5.2%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 22,417,000 32,527 37,997 4.6%
旭化成株式会社 18,785,000 27,257 31,841 3.9%
第一生命保険株式会社 16,920,000 24,551 28,679 3.5%
富国生命保険相互会社 16,883,000 24,497 28,617 3.5%
JPMORGANCHASEBANK380055 10,757,000 15,608 18,233 2.2%
株式会社三井住友銀行 9,028,000 13,100 15,302 1.9%
住友信託銀行株式会社 8,126,000 11,791 13,774 1.7%
STATESTREETBANKANDTRUSTCOMPANY 7,112,000 10,320 12,055 1.5%
住友生命保険相互会社 7,090,000 10,288 12,018 1.5%
※当時価値(2011年3月28日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2012年3月28日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 24,693,000 44,842 41,855 5.1%
旭化成株式会社 18,785,000 34,114 31,841 3.9%
第一生命保険株式会社 16,920,000 30,727 28,679 3.5%
富国生命保険相互会社 16,883,000 30,660 28,617 3.5%
JPMORGANCHASEBANK380055 10,971,000 19,923 18,596 2.3%
SSBTOD05OMNIBUSACCOUNT-TREATYCLIENTS 9,852,000 17,891 16,699 2.0%
株式会社三井住友銀行 9,028,000 16,395 15,302 1.9%
住友信託銀行株式会社 8,126,000 14,757 13,774 1.7%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 6,923,000 12,572 11,734 1.4%
※当時価値(2012年3月28日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


提出者 保有割合 増減 提出日
三井住友信託銀行株式会社 5.66% +0.18% 2012-04-18
中央三井アセット信託銀行株式会社 5.48% +5.48% 2011-04-20
ブラックロック・ジャパン株式会社 4.83% -1.1% 2008-12-26
野村證券株式会社 3.93% -1.67% 2008-07-23
野村證券株式会社 5.6% +5.6% 2008-07-07
ブラックロック・ジャパン株式会社 5.93% +0.73% 2008-07-07


SWOT分析

強み ビールのシェアトップ

脅威1994年をピークに、ビールの需要は右肩下がり

1994年をピークに、ビールの需要は右肩下がりとなっている。 アサヒビールは同業界のTOP企業であるが、業界全体の需要低下により、苦戦を余儀なくされている。 参考:http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140121/258576/ また、今後シェア拡大が見込めるという「高級ビール」市場においては サント ... ...

(続きは省略されています)
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。