就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

全日本空輸(ANA)

全日本空輸(ANA) 会社情報

2019卒インターン情報ページURL:
2018卒新卒採用ページURL: https://www.ana.co.jp/group/recruit/
設 立: 1952年(昭和27年)12月27日
HP: http://www.ana.co.jp/
タグ

最新クチコミ

自社養成パイロットの面接で聞かれたこと

exam-interview

総合職、自社養成パイロットで受験しました。面接の際に聞かれて返答に苦しんだのは、やはりライバル他社である某赤色会社を受験しているか、ということです。私は実際に受験をしていたので正直に受けていることを伝えました。 やはりそのあと、「ではどちらが第一志望なのか、両方受かったらどちらに行くのか」などと聞かれました。私自身は本当にどちらでも良く、航空業界で働くことが夢であったのでその...(続きは省略されています)

にっぺりより

選考内容と質問

exam-interview

CAの採用面接では、書類選考、一次面接、二次面接、最終面接の合計4回の選考がありました。一次面接では、グループディスカッションと集団面接があり、制服をきたらはじめに何をしたいか等の変わった質問もありました。二次面接では、志望動機など企業研究をしているか試されるような質問があり、最終では、それに加えて...(続きは省略されています)

skyより

会社の雰囲気、将来性

business

羽田からの国際線枠も国内のライバル社に比べて、かなり多く獲得できており、その路線網を活用することで今後さらなる成長が期待できると思います。福利厚生として飛行機を格安で利用することができるため、地方出身者や旅行が好きな人には大きなメリットになるでしょう。イメージでは先進的で外資系のような雰囲気を想像し...(続きは省略されています)

kokoより

財務情報【証券コード】9202

全日本空輸(ANA)は直近の三年間、売上は毎年増収を達成しています。
直近の二年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(14835.8億円)と比較して、前期(17911.9億円)は売上が増加しています。
営業利益は1364.6億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 14835.8億円 15701.5億円 17134.6億円 17911.9億円
営業利益 1038.3億円 659.9億円 915.4億円 1364.6億円
経常利益 769.7億円 429.3億円 671.3億円 1307.3億円
純利益 431.4億円 188.9億円 392.4億円 781.7億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 21736.1億円 23024.4億円 22288.1億円 23144.1億円
純資産 7512.9億円 8035.5億円 7949.0億円 9241.8億円
負債 14223.2億円 14988.9億円 14339.1億円 13902.4億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

航空 81% 14508.6億円
航空関連 3% 537.4億円
旅行 10% 1791.2億円
商社 6% 1074.7億円
1% 179.1億円

大株主一覧


2008年6月24日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
名古屋鉄道株式会社 80,482,000 31,951 16,740 4.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 46,624,000 18,510 9,698 2.4%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 41,497,000 16,474 8,631 2.1%
東京海上日動火災保険株式会社 41,452,000 16,456 8,622 2.1%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 39,479,000 15,673 8,212 2.0%
三井住友海上火災保険株式会社 34,770,000 13,804 7,232 1.8%
日本生命保険相互会社 30,681,000 12,180 6,382 1.6%
全日空社員持株会 29,590,000 11,747 6,155 1.5%
株式会社三井住友銀行 26,820,000 10,648 5,579 1.4%
株式会社みずほコーポレート銀行 26,753,000 10,621 5,565 1.4%
※当時価値(2008年6月24日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2009年6月23日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
名古屋鉄道株式会社 80,482,000 27,847 16,740 4.1%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 49,182,000 17,017 10,230 2.5%
東京海上日動火災保険株式会社 40,397,000 13,977 8,403 2.1%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 36,636,000 12,676 7,620 1.9%
三井住友海上火災保険株式会社 34,770,000 12,030 7,232 1.8%
全日空社員持株会 30,705,000 10,624 6,387 1.6%
日本生命保険相互会社 30,681,000 10,616 6,382 1.6%
株式会社三井住友銀行 26,820,000 9,280 5,579 1.4%
株式会社みずほコーポレート銀行 26,753,000 9,257 5,565 1.4%
※当時価値(2009年6月23日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2010年6月22日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
名古屋鉄道株式会社 80,482,000 23,742 16,740 3.2%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 74,864,000 22,085 15,572 3.0%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 56,437,000 16,649 11,739 2.2%
東京海上日動火災保険株式会社 40,397,000 11,917 8,403 1.6%
三井住友海上火災保険株式会社 34,770,000 10,257 7,232 1.4%
全日空社員持株会 31,712,000 9,355 6,596 1.3%
日本生命保険相互会社 30,681,000 9,051 6,382 1.2%
NCT信託銀行株式会社 28,152,000 8,305 5,856 1.1%
株式会社三井住友銀行 26,820,000 7,912 5,579 1.1%
株式会社みずほコーポレート銀行 26,753,000 7,892 5,565 1.1%
※当時価値(2010年6月22日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


2011年6月21日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
名古屋鉄道株式会社 80,482,000 20,442 16,740 3.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 59,009,000 14,988 12,274 2.3%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 55,074,000 13,989 11,455 2.2%
東京海上日動火災保険株式会社 40,397,000 10,261 8,403 1.6%
全日空社員持株会 30,872,000 7,841 6,421 1.2%
三井住友海上火災保険株式会社 30,770,000 7,816 6,400 1.2%
日本生命保険相互会社 30,681,000 7,793 6,382 1.2%
SSBTOD05OMNIBUSACCOUNT-TREATYCLIENTS 29,746,000 7,555 6,187 1.2%
メリルリンチ日本証券株式会社 29,724,000 7,550 6,183 1.2%
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 28,547,000 7,251 5,938 1.1%
※当時価値(2011年6月21日)と現在価値(2012年5月25日)の単位は百万円です


SWOT分析

強み 労組との良好な関係、人件費カットが受け入れられる土壌

弱み 不採算の関連会社が多い

脅威 円安により海外旅行客が減少すること

機会 円高

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。