就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

曙ブレーキ工業

口コミをカテゴリー別に読む

曙ブレーキ工業 の概要・基本情報

1929年の創業以来、一貫してブレーキおよびブレーキ用摩擦材の開発・生産・販売を行っている。
現在は、自動車用から自動二輪車用、鉄道車両用、産業機械用などのブレーキ事業の他、自動車用を中心としたセンサー事業を展開している。
独立系ブレーキメーカー。内外で高シェア。日産、トヨタ向け多い。ボッシュから北米事業譲受。

設 立: 1936年1月25日
HP: http://www.akebono-brake.com
タグ

最新クチコミ

在外社員の比率が大きいことによるリスク

海外社員数比率が43.0%(2008年度)と非常に高(全国労働者平均約1.5%)。海外安全情報に左右。
...(続きは省略されています)

北米の売上高の比率が大きい

売上高比率34.0%(2008年度)と高く、北米の景気に左右。

曙ブレーキ公式HP 事業・CS>...(続きは省略されています)

ブレーキ装置部品の特許取得

ディスクブレーキ装置用パッドグリップの特許(2010年公開)。地震時の揺れから強風時の揺れまで対応し安定した動作。 ...(続きは省略されています)

財務情報【証券コード】7238

曙ブレーキ工業は3年前(2366.7億円)と比較して、前期(2661.0億円)は売上が増加しています。
営業利益は42.2億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
売上高 2366.7億円 2541.6億円 2813.4億円 2661.0億円
営業利益 80.8億円 40.0億円 -37.6億円 42.2億円
経常利益 72.7億円 28.3億円 -68.2億円 7.6億円
純利益 24.2億円 -61.0億円 -194.6億円 3.5億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 1992.0億円 2258.9億円 - 2017.9億円
純資産 604.3億円 599.2億円 - 293.8億円
負債 1387.7億円 1659.8億円 - 1724.1億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

ブレーキ製品関連 100% 2661億円

SWOT分析

強み 40%のシェア

弱み モータースポーツ不況

脅威 北米の売上高の比率が大きい

機会 北米事業展開

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。