就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

eBASE

口コミをカテゴリー別に読む

eBASE 会社情報

設 立: 2001年10月1日
HP: http://www.ebase.co.jp/
特色

商品情報管理ソフト「eBASE」を開発、販売。食品業界間でのトレーサビリティ用途が主軸

タグ

財務情報【証券コード】3835

eBASEは直近の二年間、売上は毎年増収増益を達成しています。
3年前(28.3億円)と比較して、前期(35.7億円)は売上が増加しています。
営業利益は7.0億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期
売上高 28.3億円 27.8億円 30.9億円 35.7億円
営業利益 4.4億円 5.1億円 6.2億円 7.0億円
経常利益 4.5億円 5.1億円 6.3億円 6.9億円
純利益 2.8億円 3.3億円 4.1億円 4.7億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
総資産 19.4億円 24.3億円 27.6億円 32.6億円
純資産 16.8億円 20.1億円 24.2億円 29.1億円
負債 2.5億円 4.2億円 3.5億円 3.5億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

パッケージソフトウェア開発販売 41% 14.6億円
IT開発アウトソーシングビジネス 59% 21.1億円

大株主一覧


2008年6月27日(金)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
常包浩司 5,918 1,124 1,172 41.4%
西山貴司 745 142 148 5.2%
大塚勉 590 112 117 4.1%
西尾浩一 550 105 109 3.8%
富士ゼロックス株式会社 500 95 99 3.5%
常包和子 375 71 74 2.6%
窪田勝康 355 67 70 2.5%
岩田貴夫 303 58 60 2.1%
福田泰弘 240 46 48 1.7%
山崎健太郎 217 41 43 1.5%
※当時価値(2008年6月27日)と現在価値(2012年5月15日)の単位は百万円です


2010年6月30日(水)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
常包浩司 5,963 1,491 1,181 40.5%
西山貴司 775 194 153 5.2%
大塚勉 650 163 129 4.4%
西尾浩一 550 138 109 3.7%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 520 130 103 3.5%
富士ゼロックス株式会社 500 125 99 3.4%
窪田勝康 385 96 76 2.6%
岩田貴夫 383 96 76 2.6%
常包和子 375 94 74 2.5%
山崎健太郎 270 68 53 1.8%
※当時価値(2010年6月30日)と現在価値(2012年5月15日)の単位は百万円です


2011年6月28日(火)現在
株主名 保有株式数 当時価値 現在価値 比率
常包浩司 5,958 1,090 1,180 40.4%
西山貴司 775 142 153 5.2%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 664 122 131 4.5%
大塚勉 650 119 129 4.4%
西尾浩一 550 101 109 3.7%
富士ゼロックス株式会社 500 92 99 3.4%
窪田勝康 385 70 76 2.6%
岩田貴夫 383 70 76 2.6%
常包和子 375 69 74 2.5%
山崎健太郎 270 49 53 1.8%
※当時価値(2011年6月28日)と現在価値(2012年5月15日)の単位は百万円です


口コミをカテゴリー別に読む

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • 就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    エントリーシート自動添削