就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

セブン&アイ·ホールディングス

セブン&アイ·ホールディングス の概要・基本情報

設 立: 2005年9月1日
タグ

セブン&アイ·ホールディングス の特色・要チェックポイント

国内最大の流通コングロマリット。セブン‐イレブン、ヨーカ堂を核に七つの事業領域を展開

会社沿革

1830年 十合伊兵衛が大阪で古着屋「大和屋」を開業(後の(株)そごう)

1920年 台東区浅草に「洋華堂洋品店」を開業

1940年 武蔵野鉄道(現 西武鉄道)が武蔵野デパート設立(後の(株)西武百貨店)

1958年 (株)ヨーカ堂設立(後の(株)イトーヨーカ堂)

1973年 福島県のスーパーマーケット、紅丸商事(後の(株)ヨークベニマル)と業務提携

1973年 (株)デニーズジャパン設立

1973年 (株)ヨークセブン(後の(株)セブンーイレブン・ジャパン)設立

1975年 (株)ヨークマート設立

1982年 セブンイレブンに世界最大規模のPOSシステムレジを導入

1996年 中国の四川省成都市に成都イトーヨーカ堂有限公司設立

1997年 中国に合弁会社、華糖ヨーカ堂有限公司設立

2000年 (株)セブンドリーム・ドットコム設立

2000年 食事配達サービスの「セブンミール」開始

2001年 セブンイレブンのチェーン全店の売上が国内の小売企業でトップになる

2001年 イトーヨーカ堂がネットスーパーを開始

2001年 (株)アイワイバンク銀行設立(後の(株)セブン銀行)

2001年 (株)アイワイ・カード・サービス設立(後の(株)セブン・カードサービス)

2005年 セブンーイレブン北京有限公司設立

2005年 (株)モール・エスシー開発設立

2005年 持株会社(株)セブン&アイ・ホールディングス

設立

2006年 セブン&アイ・ホールディングス

が(株)ミレニアムリテイリングと(株)ヨークベニマルを完全子会社化

2007年 (株)セブン&アイ・フードシステムズ設立

2007年 (株)ミレニアムリテイリングが(株)ロフトを完全子会社化

2007年 電子マネー「nanaco」導入開始

2007年 PB商品の「セブンプレミアム」発売開始

2007年 (株)イトーヨーカ堂、(株)赤ちゃん本舗を子会社化

2008年 (株)セブン&アイ・フィナンシャル・グループ設立(後 の(株)セブン・フィナンシャルサービス)

2008年 (株)セブン&アイ・ネットメディア、農業法人(株)セブンファーム富里設立

2009年 (株)セブンカルチャーネットワーク、(株)セブンヘルスケア(後(株)セブン美のガーデン)設立

2009年 ミレニアムリテイリング、そごう、西武百貨店が統合し、(株)そごう・西武設立

2012年 セブン‐イレブンで超小型電気自動車による「セブンらくらくお届け便」開始

2013年 北海道の食品スーパー(株)ダイイチと(株)ニッセンホールディングスと(株)バルスと業務・資本提携

2013年 (株)天満屋ストアと資本提携、(株)天満屋と業務提携

2015年 (株)セブン&アイ・ホールディングスが(株)バーニーズ ジャパンを完全子会社化

2015年 関西地域の食品スーパー(株)万代と業務提携

2015年 総合ネットサイト「オムニ7」グランドオープン

2016年 (株)セブン&アイ・ホールディングスが(株)ニッセンホールディングスを完全子会社化

2017年 アスクル(株)と業務提携

最新クチコミ

会社沿革

pr

1830年 十合伊兵衛が大阪で古着屋「大和屋」を開業(後の(株)そごう)1920年 台東区浅草に「洋華堂洋品店」を開業1940年 武蔵野鉄道(現 西武鉄道)が武蔵野デパート設立(後の(株)西武百貨店)1958年 (株)ヨーカ堂設立(後の(株)イトーヨーカ堂)1973年 福島県のスーパーマーケット、紅丸商事(後の(株)ヨークベニマル)と業務提携1973年 (株)デニーズジャパン設立1973年 (株)ヨークセブン(後の(株)セブンーイレブン・ジャパン)設立1975年 (株)ヨーク...(続きは省略されています)

ピングより

全体的に暖かい雰囲気。

exam-interview

百貨店等、何社か面接を受けましたが、総じて暖かい印象でした。 質問な基本的なものが多く、「他にも会社がたくさんあるなかでなぜうちを受けようと思ったのですか?」「入社したらどんな仕事をしてみたいですか?」等答えやすいものが多かったです。私は百貨店事業に興味があったので、百貨店のイベント企画に携わりた...(続きは省略されています)

renrenより

財務情報【証券コード】3382

セブン&アイ·ホールディングスは3年前(56318.2億円)と比較して、前期(58356.9億円)は売上が増加しています。
営業利益は3645.7億円となっており、直前期は黒字となっています。

この企業の財務データを他社と比較する

売上・営業利益推移表(P/L)

期間 2014年2月期 2015年2月期 2016年2月期 2017年2月期
売上高 56318.2億円 60389.5億円 60457.0億円 58356.9億円
営業利益 3396.6億円 3433.3億円 3523.2億円 3645.7億円
経常利益 3390.8億円 3414.8億円 3501.7億円 3644.1億円
純利益 1756.9億円 1729.8億円 1609.3億円 967.5億円

●経常利益とは、営業利益から営業外収益・営業外費用を差し引きした後の利益です。 (営業外収益とは企業の本業以外の活動で経常的に発生する収益のことを指しています。)
●純利益とは、経常利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ30%から50%程度) を差し引いたもので す。

貸借対照表(B/S)

期間 2014年2月期 2015年2月期 2016年2月期 2017年2月期
総資産 48113.8億円 52347.1億円 - 55088.9億円
純資産 22215.6億円 24309.2億円 - 24758.1億円
負債 25898.2億円 28037.9億円 - 30330.8億円

●「総資産」は、会社の資産総額であり、純資産(自己資本)と負債総額を合計した金額となります。 この金額が負債よりも低くなると、債務超過となります。
●「純資産」は、会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額です。「自己資本」に近いのですが、 自己資本には新株予約権などを含みません。

事業別売上シェア

コンビニエンスストア 45% 26260.6億円
スーパーストア 35% 20424.9億円
百貨店 15% 8753.5億円
フードサービス 1% 583.6億円
金融関連 2% 1167.1億円
0%
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。