NECソフト

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

口コミをカテゴリー別に読む

クチコミ一覧

=>投稿はこちらから
お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

学部卒SE志望

2011年に都内大学理工学部を卒業した女子です。SIerまたは製造系メーカーに絞って面接を受けていました。NECソフトの面接できかれたことは、1.学生時代に頑張ったこと2.自分の強み3.SE志望4.SEとはどのような仕事か簡単に説明というものが大まかな質問でした。1-3の質問は、特に深く突っ込まれる...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

ngrbsより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    ツルハ:面接

    数年前に中途採用の面接を受けました。知人も同じ時に面接を受けましたが、内容が全く違いました。私の時は大学入試レベルのテストを出された上、「どうせ結婚したら辞めるんでしょ。ここでは辞めないとか言ってても、その時になったら絶対辞めるんだって、あんたみたいのは」と、初対面なのに決めつけられました。知人はテストも出されず、ただ和かに世間話をして終わったそうです。選り好みがあるのでしょうが、そんなあからさますぎる対応をしなくても…と悲しく思います。...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    紀陽銀行:人物重視の企業です。

     紀陽銀行は他の銀行や会社と違って、ありきたりな質問はされません。それどころか、質問はほとんどされません。エントリーシートや履歴書には、①志望動機②学生時代頑張ったこと③自己PRなどです。実際の面接では、そのような質問も一切されずすべて雑談でした。しかし、人によって様々で、私の友人は志望動機を聞かれたと言ってました。雑談が多いのは事実です。雑談内容としては①兄弟は何人か?②休日は何をしているか?などです。私は①の質問をされ、自然と会話が広がり、10分ほど話して終了でした。本当...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    がんばれー!より

    吉本興業:役員面接

    なぜ志望したか、入社してどんな仕事をしたいか、どうなりたいかなどとてもシンプルな内容でした。私の際は、役員8名に対してこちらが6名というグループ対グループの面接でかなり圧迫感はあったと思います。また、役員面接まで来ているが、面白さでここまで進んできたのではないかと言う天然キャラの子もいて、時折役員の方が、その方をいじって真面目な空気が崩れるような雰囲気がありました。その際に空気読んで笑えなかった面々はその面接で落ちたイメージがあります。私は、どちらかと言えば、ふざけていいとこ...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    チカラより

    きらやか銀行:パートさんにパワハラを受けた場合の対処法を聞かれました。

    2回目の人事面接で、「もし社内でいじめられたらどう対処しますか?」と聞かれました。質問の意図がわからなかったので、「それはどういったシチュエーションを想定した場合のことをおっしゃっているのでしょうか?」と聞き返したところ、「うちのパートさんは気の強い人が多くて、新人に対するあたりが強い。」「支店には正行員が一人いればいいというルールがあるので、たいていの支店は、内勤の女性たちが新入行員とパートさんという構成になりやすい。なので、『正社員で自分たちよりお金もらっているのに、仕事...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    ☆ゆき☆より

    積和不動産中部:面接の中での答えにくい質問

    いくつかの面接選考がありますが、そのなかでもなかなか答えにくい質問についてピックアップさせていただきます。まず、「日本が少子高齢化社会に向かっている中で不動産業界の今後についてどう思うか」という質問がありました。これに関しては、「少子高齢化社会が進み、日本全体の人口は減少傾向にあるが、中部地方で言えば、名古屋市は年々人口が増加している傾向にある。」というように、日本全体では人口減少しているが、一部地域は、むしろ人が集中しており、人口増加傾向にあるという説明をする。(積和不動産...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    さくまより