コンサルティングの企業クチコミ一覧

PwCアドバイザリー:個人面接での質問内容

●選考ステップ私が応募した際の選考ステップは次の通りでした。インターンシップをはさむ選考のほか、いわゆる一般的な複数の面接を行う選考もあるようです。書類選考⇒インターンシップ⇒個人面接①⇒個人面接②●個人面接での質問内容個人面接①では、ケーススタディを行う面接と学生時代に力を入れてきたことなどを質問 ......(続きは省略されています)

アビームコンサルティング:個人面接での質問・応答内容

●選考ステップ私が応募した際は次のような選考ステップでした。書類選考⇒グループディスカッション・グループ面接(同日)⇒個人面接①⇒個人面接②●個人面接で聞かれたこと個人面接では、主に学生時代に力を入れたことについて聞かれました。ケーススタディはグループディスカッション時に既に終えていたためだと思いま ......(続きは省略されています)

デロイトトーマツコンサルティング:面接内容

履歴書に基づき、自分のハードスキルとソフトスキルについて質問を受けました。ハードスキルについては、エクセルやパソコンのスキルについてや会計や財務の専門知識について話しました。また、ソフトスキルについては自分のコミュニケーション能力やバイリンガルとしての語学のスキルについて話しました。また、学生時代に ......(続きは省略されています)

プライスウォーターハウスクーパース(PwC):面接突破に向けて

PwCで質問された内容は以下です。①なぜコンサル志望なのか②なぜPwCを志望するのか③大学時代何を頑張ったか以下私の回答を参考にしていただけると幸いです。①なぜコンサル志望なのかコンサルタントという仕事が自分に最も価値がつく仕事だと考えたからです。中学生の時、父が外資系企業を解雇された姿を見てから、 ......(続きは省略されています)

A.T. カーニー:コスト削減案件だけかは自分次第

A.T.カーニーはコスト削減に強い業務コンサル寄りの戦略コンサルティングファームです。コンサルティングファームのご多分に漏れず、パートナーの得意領域次第でプロジェクトの構成が変わるところがあり、いわゆる純粋な経営戦略案件から、コスト削減(BPR)、BDD、新規事業戦略など、幅広い案件があります。ただ ......(続きは省略されています)

PwCアドバイザリー:Big4の中でもコンサルよりのファーム

PwCアドバイザリーは、PwCグループの中でもM&Aを軸にしたプロフェッショナルサービスに特化したファームです。M&A戦略・企業再生・企業価値評価・モデリング・PMIなど、それぞれの領域に専門家がいるチーム構成になっています。出自が監査法人であるため、財務・会計の専門性が活きる領域が ......(続きは省略されています)

アビームコンサルティング:海外で仕事ができるITコンサルファーム

アビームコンサルティングはパッケージシステムの導入をメインとしたITコンサルティングファームです。SAPなどのシステムをベースに、SCMやCRMなどのサービス別にプロフェッショナルを抱えるチーム構成になっており、メインはそれぞれのサービス領域におけるSAPに精通したITコンサルタントが要件定義からプ ......(続きは省略されています)

帝国データバンク:全体的にドライな社風

青山の通りにシックな自社ビルを持ち、若干お堅い雰囲気を出していますが、中で働いている人は平均的に若いです。デスクワークは女性がやり、調査員などの花形的な仕事は男性が外でバリバリやるという、典型的な昭和な雰囲気ですが、いたってコミュニケーションはドライで、それを踏まえると、全体の団結力や協調性ばかりを ......(続きは省略されています)

アクセンチュア:良くも悪くも規模の大きい外資系コンサルティング会社。

良くも悪くも規模の大きい外資系コンサルティング会社。良い点クライアントワークが基本なので、顧客視点でのサービスの質を追求するマインドのスタンスが身につく。ロジカルな考え方至上主義なので、いやがおうにも論理的に物事を考える癖が身につく。プロジェクトに属していない時は長期的に休めることが多い。ここで有給を使えば消化率は悪くならない。制度的に残業の規制が厳しくなるにつれ、残業代で稼ぐことができなくなって ......(続きは省略されています)

プライスウォーターハウスクーパース(PwC):非常に魅力的な企業です

こちらの企業から内定をいただきました。選考過程は短期間かつフレキシブルで、内定後のサポートも手厚く、提示された待遇も非常に良かったです。選考過程は、インターン+面接、あるいはグループディスカッション+面接、という過程になるようです。インターンとグループディスカッションは大差ないと聞いています。面接は ......(続きは省略されています)

船井総合研究所:選考内容は能力ではなく、将来性重視

選考の流れは5次選考までです。選考は私服(オフィスカジュアル)となっていますが、半数くらいはリクルートスーツで参加しています。1次:書類選考2次:グループディスカッション3次:集団面接(人事)4次:集団面接(部長・役員)5次:集団面接(役員)面接の内容としては、能力を見るのではなく、その人の人柄、将 ......(続きは省略されています)

野村総合研究所:一次選考の4人一組グループ面接。構造化できるかどうかがポイント

 一次面接では四人一組のグループ面接でした。グループディスカッションの要素も入っていました。最初に簡単な自己紹介をします。自己紹介で少し場を和ませるという程度なのでそこまで気合を入れて自己アピールする必要はない気がします。自己紹介の後に説明があったのですが、この面接の一つの目的として、構造 ......(続きは省略されています)

アビームコンサルティング:SAP導入プロジェクトが一巡し、新たな事業展開へ

アビームコンサルティングは、著名なシステムであるSAPの導入(特に国内企業が海外に事業展開する際に必要となるグローバルな業務システムの統合がメイン)を支援するプロジェクトに非常に強いのが特徴です。つい最近まではこの種のプロジェクトが売り上げの最も大きな部分を占めている状態でした。しかし、最近ではSAP導入以外にも力を入れて行く方針が固まりつつあります。これには理由があります。第一に、IoTやクラウ ......(続きは省略されています)

船井総合研究所:最終面接はスーツ厳禁!選考の流れと質問項目まとめ。

(具体的な面接での質問項目)・同社への志望動機・コンサルティング業界への志望動機・他社の選考状況・入社後に担当したい業界・本日の服装を選んだ理由(最終面接の服装が私服を指定される為)・同社コンサルタントが執筆した著書を何冊読んだか。何を読んだか・自分という人間を一言で表すと何か(面接フロー)一次面接 ......(続きは省略されています)

船井総合研究所:現場訪問型コンサルティング

マーケティングの中でも販売促進や現場オペレーション構築を徳意としている国内独立系コンサルティングファームである。近年ではサービス業のコンサルティングを得意としている。コンサルティングスタイルとしては月1回~2回クライアント先に訪問して提案と現場の改善を行う事がメインである。経営者向けのコミュニケーシ ......(続きは省略されています)

船井総合研究所:候補者の能力より、スタンスを問われる面接

試験は履歴書(オリジナル)の提出、筆記試験(あまり重要視されていない感じ)、グループワーク、2回の面接という流れになっています。最後の役員面接までいくと、問われることは「船井総合研究所のことをどれだけ研究したか(本気度はどれくらいか)」と「人間力」はあるかの2点のように感じました。人間力の物差しは、 ......(続きは省略されています)

日本総合研究所:志望動機、自分の欠点から社への貢献をアピール

調査系で強いシンクタンクを探して就職活動をしていましたが自分が学んできた経済調査などの分野で秀でた企業ということで「日本総合研究所」ともう一社が自分の中で受けたい面接として残りました。自分が勉強したことがそのまま仕事にできるところとしては建設コンサルタント系などの官公庁からの受注がある企業もよかった ......(続きは省略されています)

野村総合研究所:調査系での業務

都市計画部門の調査業務についてコンサル系の職を希望していたが、建設コンサルタント系の応募はなかなか調査だけに特化したところが少なく、地元銀行による調査研究所などいろいろな方向を模索していたところ、シンクタンクで名高い野村総合研究所がヒットしました。よく調べてからの応募となりました。市場の流通の仕組み ......(続きは省略されています)

マクロミル:インターネットリサーチといえば、マクロミル

マクロミルは、マーケティングリサーチ市場において、従来の手法からインターネットを使ったマーケティングリサーチへの移行を先導したリーディングカンパニーです。事業内容は、インターネットリサーチが主力事業となっており、クライアント(メーカーやマスコミなど民間企業の他、官公庁)から調査の依頼を受け、インター ......(続きは省略されています)

アクセンチュア:最終面接について

 選考のステップについてはその他の口コミに記載されていますので、最終面接の雰囲気や質問された内容について投稿致します。 最終面接はシニアマネージャークラスの方の1対1の面接でした。面接は小さな個室で実施されました。初回の面接のように学生時代の頑張ったこと等の答えやすい内容を和やか ......(続きは省略されています)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。