建築・住宅・不動産の企業クチコミ一覧

パナホーム:求められる人物像を意識。

私は、Pana Homeの経理部での仕事にエントリーし、試験、面接を経て入社を果たしました。もともと、簿記の知識や資格を取得していたので、入社試験では一般常識の様な試験はありましたが、簿記や財務に関する筆記試験はありませんでした。面接の際には、志望動機や入社試験したら挑戦したい事、自分の長所と短所、 ......(続きは省略されています)

東急建設:自己アピールが重要だと感じた集団面接

私は大学で土木を学び、施工管理として働きたいと思い東急建設を志望しました。その際に二次試験で集団面接を受けたのでそのときに感じたことを記します。まず、集団面接は受験者3人に対して面接官が5人ぐらいの構成となっていました。最初にされた質問は大学時代に何をがんばってきたかという質問です。私自身はサークル ......(続きは省略されています)

大成建設:何がしたいのかを明確にしておくことが非常に重要

私は大成建設で施工管理としての職種を希望しており、最終面接まで残りました。しかし、残念ながらあと1歩のところで採用を逃してしまいました。そんな私が感じたこと、また面接で質問されたことを記します。まず、最初に聞かれたことは志望理由です。これはどこの企業でもある手の質問です。志望理由はできるだけ明確にし ......(続きは省略されています)

鹿島建設:インターンシップに参加して

   私は、昨年度の鹿島建設の土木部のインターンシップに参加しました。形式としては、実践型ではなく見学型のインターンシップでした。   主に大規模なダムの建設現場を見学するというものでした。コンクリートの搬入から実際にダムに打設されるまでの過程を見たり、土質試 ......(続きは省略されています)

積水ハウス:残業半端ない

積水ハウスで営業職をやっていました。新卒で入社し、当時はガムシャラに働いていましたが、今思えば異常なまでの残業体質に気付いていませんでした。営業職に支給される残業手当ては月額一律三万円程で50時間は軽く超えます。新卒で入社した為にそれが普通だと思い、何の疑問も抱かずに働いていましたが、あまりの離職率 ......(続きは省略されています)

野村不動産ホールディングス:面接時に質問されたこと

一次面接にて質問された内容です。まず、面接前に筆記試験を行っておりました。それに対して手ごたえはどうだったか、ということを質問されました。個人的には出来たと思います、というような回答をしたら、笑顔であの筆記試験少し難しいんですよね、とフレンドリーに受答えしてくださり、その後の面接は固い空気ではなく、 ......(続きは省略されています)

東日本ハウスHD:体力戦な会社

私はCADオペとして入社致しました。最初はハウジングセンターでの接客とのお話でした。入社後CADオペとして採用となり妊娠を期に退職しましたがとてもいい社会人生活を送ることができ感謝しています。礼儀や社風がしっかりしており人間として成長できました。営業ぼ方は体育会系の方が多く毎日残業ばかりしていました ......(続きは省略されています)

住友不動産:事務としては忙しいと感じることも

管理部門で業務を行っていました。事務職として働いていたため、同僚は女性の割合が高く15~20人前後でした。残業時間ですが、毎日定時が18時でそこから2~3時間ほど残業している方が多かった印象です。部門の中では残業が多く、また通常の自分の業務に加えて他部署からの問い合わせに随時対応しなければいけないた ......(続きは省略されています)

三井不動産:これまでの人生を振り返る

三井不動産の面接の体験談です。私は2016年度修士課程卒の男性です。三井不動産の採用選考の時期は他の不動産会社と結構かぶっていることが多くてこの段階で取捨選択が必要でした。エントリーシートに書かれた質問が、面接中再び聞かれることが少なくありませんでした。特に、大学での研究内容についてはかなり専門的な ......(続きは省略されています)

大東建託:自分次第でどうとでもなる会社

大東建託のビジネスモデルは、土地を所有している人間に対し、相続税対策などを含めた土地の有効活用を提案すること。土地だけを所有していると、相続税がかかるが、そこにローンを組んだ収益性のあるアパートを建てることにより、相続税を軽減しつつ、毎月家賃収入を得ることができる!という仕組みです。また、空き室のリ ......(続きは省略されています)

東建コーポレーション:建築営業職の業務や給与、年間の契約数イメージについて

東建コーポレーションは、土地所有者に賃貸アパートやマンションを経営提案し施工から管理、仲介まで一貫する建設会社です。建築営業職、設計職、建築職、仲介職が主な職種ですが、建築営業職は所謂地主に対して、固定資産税や相続税などの節税に役立つアパートや賃貸マンションの賃貸経営を提案します。初任給27万程で設 ......(続きは省略されています)

穴吹興産:最終面接まで

私が実際に内定をいただくまでにどのような面接内容だったかをお伝えします。まず面接は一次面接、二次面接、最終面接の三回でした。一次面接は志望動機と自己PRの2つの質問でした。私の場合は集団面接でしたが、他の方の話も聞いている中で、インドアよりアウドドアの話についてくいつきが良かったです。スポーツの話等 ......(続きは省略されています)

大林組:体力がある人にはおすすめです

私は建築学科で学んでいました。そこで就職活動をする上で目につけたのが、建設業です。建設業は、道路や橋、美術館、図書館等、大規模なものに携わります。これらのものは、地図に載るのです。一生に何度も、誰もがお世話になる地図に自分が携わった建物が載るということに魅力に感じました。そんな中、入社し、激務とは聞 ......(続きは省略されています)

住友林業:この会社は個性、人間性を見ています

この会社は、誰にも負けないものを持っているかどうかより、誰も持っていないものを持っているかを重要視します。個性や人間性を見られます。質問内容として「あなたがアルバイトで一番大変だったことは何ですか」というものがありました。「お客様の誤解がクレームになり、トラブルになりました。その後、〜〜という対応を ......(続きは省略されています)

竹中工務店:なぜ建物なのか

工務店で聞かれる内容としては王道かもしれませんが、なぜ他の建築や工務店ではなく竹中に就職したいのか聞かれました。当時の私の回答は以下になります。「建物に興味を持ったことはほとんどありませんでしたが、インターナショナルスクールで同級生だったインドネシア人の親友が日本に遊びに来た際に考えが変わりました。 ......(続きは省略されています)

野村不動産ホールディングス:和やかながら緊張感あり

野村不動産総合職、最終面接のときの話です。個室で個人面接、広い部屋ではなかったのですが、貫禄のある方が3名、面接官になっていました。質問は一般的なものが多く、奇をてらったものはなかったように記憶しています。「自己PR」「志望動機」「なぜ他社ではなく野村不動産か」「入社後どんなことがしたいか」「自分の ......(続きは省略されています)

清水建設:選考の流れについて

会社の社風としては、平均年齢もそれなりに高いため、比較的落ち着いた社員が多いと感じました。あまりがつがつした社員は少なく、良くも悪くも公務員気質といった感じです。ただし、これはあくまでもプロパー社員の話であり、実際に働く場所においては多数の派遣等の方がいるため、細かい部分まで話をすると配属先によると ......(続きは省略されています)

NECネッツエスアイ:NESICの社風

会社の社風としては、平均年齢もそれなりに高いため、比較的落ち着いた社員が多いと感じました。あまりがつがつした社員は少なく、良くも悪くも公務員気質といった感じです。ただし、これはあくまでもプロパー社員の話であり、実際に働く場所においては多数の派遣等の方がいるため、細かい部分まで話をすると配属先によると ......(続きは省略されています)

住友林業:仕事柄、総合職は転勤は多い

木材・建材業界において業界トップクラスであり、住友財閥系企業。良くも悪くも住友系の社風です。家造り、木材業界内でのブランドイメージは高く、社員もそれを誇りに思っている人が多い。高額な商品を取り扱うため、顧客対応時も大きな責任を感じられる。業界の特性として利益率は低い。社内の力関係では木材系・海外系が ......(続きは省略されています)

LIXIL:選考フロー&選考内容

住宅建材・住宅設備を幅広く扱う一兆円企業です。水周り、収納や扉、エクステリアなど様々な商品を扱っています。企業研究には、ショールーム見学(一般顧客向けのもの)に行ってみるのもオススメです。海外展開も積極的に進めており、説明会で会社の成長戦略についても説明がありました。【エントリーシート】ウェブで提出 ......(続きは省略されています)

  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。