強み(金融・証券・保険)の企業クチコミ一覧

群馬銀行:会社の強みについて

 群馬銀行の強みは、県内トップのシェア率、給与水準の高さです。                          現在、低金利情勢や激しい金融機関の競合により収益をあげることが難しい中、群馬銀行は群馬県の多くの優良企業との関わりや、県外の多くのお客様との取引があり収益をあげています。埼玉県や東京都、 ......(続きは省略されています)

野村證券:野村の立ち位置

私は20代の頃、2年半FA職という営業専任職の経験をしていました。全て飛び込み営業新規開拓営業で、正直にいうとかなりきつかったですが、退職して今思うと野村のブランド力は日本一だと改めて感じます。まず、野村證券は日本一の売り上げ規模を誇る証券会社であり、これは今でも絶対的な地位を保っています。日本一に ......(続きは省略されています)

百五銀行:地元での高いシェア、コンサルティングによる企業アプローチ

「地元である三重県、愛知県、特に三重県では貸出金シェアが約35%、預金シェアが約41%と高いシェア」(頭取インタビューより)同行のOBが三重県、愛知県の企業に転職しているケースも多く、地元企業との人的ネットワークも強い。また、投資銀行業務を行うコンサルティング課を組織しており、その中でもクリニック・ ......(続きは省略されています)

東京海上日動火災保険:日本最大手の損保会社

日本にはいくつもの損害保険会社がありますが、近年合併により東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、三井住友・あいおいニッセイの大手3社に集約されています。そのなかでも東京海上日動は歴史は最も長く、売上規模も最大となっています。近年個人の自動車保険は通販型に流れていると言われていますが、それでもまだ1割ほ ......(続きは省略されています)

マネックス証券:ネット証券の先駆け

マネックス証券は口座数を見ると2002年時点で約20万口座を突破しており、ネット証券では先駆けとなっている。 参考:http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/RINTVIEW/20020519/1/ 稼働口座数の推移は下記ページで公開されている。 http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/g ......(続きは省略されています)

三菱UFJ信託銀行:市場国際業務

旧三菱信託の頃から、市場国際業務には強みがある。 そのため資産運用面では他社提携商品は少なく、自社のみ運用するヘッジファンド商品が他信託に比べて多い。 ......(続きは省略されています)

T&Dホールディングス(太陽生命保険):グループ資源の総合力

太陽生命は、平成16年4月1日、大同生命およびT&Dフィナンシャル生命とともに「T&Dホールディングス」を設立し、生命保険を中核事業とする保険持株会社として日本で初めて株式上場を成功。当社、大同生命、T&Dフィナンシャル生命を中核会社とするT&D保険グループは、独自の ......(続きは省略されています)

ゴールドマンサックス:「フラッシュオーダー」による超高速注文

フラッシュオーダーは、米国の証券取引所やECN(Electronic communication network:私設の株式電子取引システム)などの取引システムが顧客向けに提供するサービスの一つをいう。

取引所等に入った売買注文情報が限られた業者にだけ、0.03秒ほど他 ......(続きは省略されています)

三井住友銀行:コーポレートファイナンスをプロファイとして適用している。

リスクの高い社会的必要のある案件にも果敢に融資する事が出来る。 ......(続きは省略されています)

損保ジャパン日本興亜ホールディングス:リテール営業

損保ジャパンは約57000店の代理店網と全国516か所の営業ネットワークを築いています。また、保険料収入の28%はプロの専業代理店からのものとなっています(2006年)。プロの代理店で契約するということは、しっかりとしたプロと相談して保険を選ぶことができるため、顧客にとっては安心です。また、現在「リ ......(続きは省略されています)

野村證券:「ノルマ証券」と異名を与えられるほど徹底した営業力

野村證券はInstitutional Investorの「全日本営業力(All-Japan Sales Team)」調査において、2004~2007年の4連続でトップを堅守し続けました。2008年度は偏差でUBS証券にトップの座を渡しましたが、2位を獲得しています。野村證券は、「調査の野村、情報の野 ......(続きは省略されています)

野村證券:日本の伝統的機関投資家から、海外のヘッジファンドまで網羅する顧客基盤

野村證券の強みは強固な顧客基盤です。
以下、野村證券HPからです。
野村證券は国内上場企業の60%以上の幹事会社を務めています。この強固な国内顧客基盤に、旧リーマン・ブラザーズの有したアジア、中東、欧州の顧客基盤が加わり、「日本株式・株式関連ブックランナー リーグテーブル」で ......(続きは省略されています)

ゴールドマンサックス:優れたリスク管理体制

ゴールドマン・サックス(以下GS)はリーマン・ショック後に受けた公的資金を返済し、7月には従業員への高額報酬を復活させました。もともと、GSはサブプライム・ローン問題の影響をあまり受けていません。他者がサブプライム・ローン問題で苦しむ中、GSは利益を上げてきました。その背後には、GSの優れたリスク管 ......(続きは省略されています)

ゴールドマンサックス:政財界とのコネクション

ゴールドマン・サックスの強みとして政財界へ優秀な人材を輩出し、コネクションになっていることが挙げられます。

アメリカ本国ですと、OBには現アメリカ合衆国財務長官のヘンリー・ポールソンや元同国財務長官のロバート・ルービン、ヘンリー・H・ファウラーなどがいます。
......(続きは省略されています)

業界別企業一覧

「メーカー・製造」業界の強み 
「金融・証券・保険」業界の強み 
「広告・マスコミ・芸能」業界の強み 
「建築・住宅・不動産」業界の強み 
「コンサルティング」業界の強み 
「IT·情報·通信」業界の強み 
「インフラ」業界の強み 
「商社」業界の強み 
「流通・小売」業界の強み 
「サービス」業界の強み 
「人材」業界の強み 
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。