選考内容・面接内容の企業クチコミ一覧

東日本旅客鉄道(JR東日本):SPIについて

 JR東日本の選考は、ES、筆記試験(SPIなどを含む)、面接(1次、2次、3次)です。JR東日本 のSPIは、問題量が多く、私は、最後まで解けませんでした。(それでも、なんとか突破できましたが・・) 事前にSPI対策を十分しておかないと 、とても苦労すると思います。JR東日本のSPIの試験問題自体は、他の会社がSPIとして使っているものとほぼ変わりません。作題も、オーソドックスなものが多いです。ただ、他社と比べて、計算問題が多く、円の ......(続きは省略されています)

プラン・ドゥ・シー:一次面接

一次面接のお話より先に、説明会のESでも審査があります。その時はESは手渡しなので笑顔で言葉を添えながら社員さんに渡せているかで判断されているような気がしました。緊張して笑顔でESを渡せていない人は落ちていました。一次面接では30人ぐらいで、最初はグループディスカッションというより、ちょっとしたブレインミーングストーミングで、グループの中で目をつぶって自分のペンを探すというものでした。その後に筆記試験があり、A3の紙半分に国数英の初歩的な問題が二問づつ、図形理解などの頭の柔ら ......(続きは省略されています)

サカイ引越センター:面接の雰囲気、内容

一次面接、最終面接の内容について書かせていただきます。一次面接は集団面接でした。自己紹介、志望動機、好きな食べ物を聞かれて終わりました。サカイ引越センターの一次面接はその場でフィードバックしてくれる、今後の面接のためにアドバイスをしてくれるという面接練習を兼ねたスタイルでした。自己紹介をしてくれと言われ、学校名、名前、趣味を答えると深堀質問をされるのではなく、「そういう趣味だったらこういう風に話したほうが伝わりやすいよ」や、「もう少しゆっくり話すと聞き取りやすい」など、面接中 ......(続きは省略されています)

ドン・キホーテ:最終面接で聞かれる内容

最終面接の質問内容について書かせていただきます。まず一番最初に志望動機を聞かれました。ドン・キホーテには権限委譲という制度があります。正社員になると自分の担当する売り場の仕入れや配置、値段まで全てを自由に変更することができる権利が一人ひとりに与えられる制度です。私はこの制度を志望動機として、「デザインを学んだ経験を活かして売り場を作り、また売上として自分の成果が直にわかるのでやりがいを感じることができることに魅力を感じた」と回答しました。二つ目の質問は人材育成とは何か、という ......(続きは省略されています)

野村證券:面接について

B社員として採用されたものです。私の時の面接は、1次面接→2次面接・その場で内定という流れでした。中には3次面接があった方もいました。WEBテストを受けエントリーシートを提出したあと、1次面接に呼ばれました。面接場所は高輪研修所です。2人ペアになって、名前を呼ばれ、面接官についていき1対2の面接を2回行いました。1回目は30歳くらいの女性社員、2回目は男性の課長か部長クラスの社員の方でした。1回目は、会話をするような雰囲気で、学生時代何をやっていたのか等聞かれました。2回目の ......(続きは省略されています)

IDOM(旧:ガリバーインターナショナル):一次面接と最終面接

2019年卒で採用を受けた者です。まず、IDOMの1次面接についてです。一次面接はIDOMが行うグループ面接とリクルートが行うリクルーター面接の2種類があるとおもいます。私の場合はリクナビからIDOMを検索し、エントリーしたためリクルーター面接でした。リクルーター面接は1対1の面談のような感じでリラックスした雰囲気で受けられました。質問内容・ガクチカ・選考状況・自己PRを聞かれました。ガクチカに関しては細かく聞かれました。次に、最終面接です。私が感じた最終面接の印象は良くない ......(続きは省略されています)

日本郵政グループ:趣味は意外と大事

日本郵政グループの中でも、郵便局の窓口の採用面接でした。4名ほどの大人数の面接を通過すると、人事の方と1対1の面接があり、その後採用となります。面接では難しい質問はなく、志望動機と長所、短所、など一般的な内容を聞かれます。意外と大事なのが趣味のところです。履歴書にも記載欄がありますが、当然面接ではスポーツや読書など一般的な回答をするかと思います。私も面接では読書を趣味にあげましたが、郵便局は金融機関ということもあり、お金に常に触れる場所ですので横領などの心配がないかをチェック ......(続きは省略されています)

SCSK:面接で聞かれたこと

19卒でIT企業を中心に就職活動をしました。scskはインターンに参加することが内定への近道です。インターンに参加した場合、筆記試験(テストセンターtgweb)と面接2回が選考フローとなります。1回目の面接で聞かれたのは学生時代に力を入れたこと、志望動機の2点でした。まず自己紹介をし、そこから学生時代に力を入れたことに質問が移っていきます。かなり詳しく聞かれますが、朗らかな雰囲気で進みました。志望動機はもちろん、志望順位も詳しく聞かれます。2回目の面接は役員級の社員の方1人で ......(続きは省略されています)

新日鉄住金ソリューションズ:逆質問が主な変わった選考

19卒でIT企業を中心に就職活動をしました。新日鉄住金ソリューションズの選考フローは筆記テスト、面接が3回(若手社員、部長層社員、人事社員)(2回目から最終面接の間までに作文の提出あり)です。全て社員1人に対して学生1人で行われます。前半が社員の方からの質問、後半が逆質問の時間でした。全ての面接を通して聞かれる質問はほぼ同じでした。具体的には、ガクチカ、志望動機、入社したらしたい仕事の3つです。かなり詳しく突っ込まれます。なぜなぜ?と繰り返し聞かれます。また、志望度に関しても ......(続きは省略されています)

ルック:1次面接質問内容

1次から個人面接でした。志望動機と、履歴書の内容について、配属ブランドについての質問のみでした。圧迫感はなく楽しい感じでお話ししました。 ......(続きは省略されています)

紀陽銀行:人物重視の企業です。

 紀陽銀行は他の銀行や会社と違って、ありきたりな質問はされません。それどころか、質問はほとんどされません。エントリーシートや履歴書には、①志望動機②学生時代頑張ったこと③自己PRなどです。実際の面接では、そのような質問も一切されずすべて雑談でした。しかし、人によって様々で、私の友人は志望動機を聞かれたと言ってました。雑談が多いのは事実です。雑談内容としては①兄弟は何人か?②休日は何をしているか?などです。私は①の質問をされ、自然と会話が広がり、10分ほど話して終了でした。本当 ......(続きは省略されています)

近畿大阪銀行:人物重視ではありません。

 近畿大阪銀行の面接内容は変わった質問はされません。しかし会社なりの答え方マニュアルがあるように感じ、それ以外の答え方をした生徒は基本的に内定を出さないように感じました。私が質問された内容は①志望動機②学生時代頑張ったこと③窓口or総合職のどちらを希望するか?でした。アドバイスとしては、この銀行は総合職としてしかとりませんが、質問で窓口か総合職かと聞かれます。その際に基本的には総合職を希望のひとしかとらないので総合職と言ったほうが良いでしょう。また②は、私は学生時代留学をした ......(続きは省略されています)

ソニー:技術総合職の選考内容

インターンや推薦などの事前のコネはなく、大手就活サイトから応募し、面接は全部で3回ありました。 一次面接ではエントリーシートに記入した内容を、ほぼそのまま面接でも説明しました。学生時代に夢中になって取り組んだこと、上手くいかないことがあったときにどう解決したか、自分の性格・・・エピソードの内容よりも、その人のモノの考え方を聞きたい、とのことだったので、私の場合は「すごくポジティブな性格、周りとの調和を重視する、感情的というよりは理論的に問題に取り組むタイプ」みたいな ......(続きは省略されています)

WDB:合同面接等を重視

諸事情で就活の開始が遅れ、7月から8月頃に某サイトで募集していた二次募集に応募しました。印象としては、集団面接や、グループディスカッションに重きを置いていた企業です。西日本で選考を受けましたが、6人程度のグループで話し合いを行う等のいわゆるGD形式の印象が強かったです。グループディスカッションでは、司会等を行うことが必ずしも有利というわけではありませんでした。実際、私のグループでは、司会などの進行役を行った就活生は、論理破綻やまとめかたの悪さが目立ち、フォロー役に徹した2名の ......(続きは省略されています)

三井住友信託銀行:書類選考後の1次集団面接

書類選考後の1次面接(Aコース採用)は集団面接で4人1グループでした。面接官の方は支店長クラスの男性2名で、1人ずつ簡単な自己紹介をした後、エントリーシートに沿って質問を受けていく形式でした。自己紹介では、名前、出身大学、大学で学んでいたこと、サークル活動、志望動機をそれぞれ簡単にお話していきました。その後の質問では、「卒論の内容について」「サークル活動で印象に残っていること」「なぜ他行ではなく、うちの銀行なのか」ということを聞かれました。私は旅行好きの人たちが集まるサークル ......(続きは省略されています)

日本旅行:面接の内容

近畿ツーリストの採用選考は、 一次試験が集団面接、二次試験は個人面接でした。集団面接では、3人の学生が大きな部屋に呼ばれて、右から1人ずつ指名され、指定されたテーマに沿って答えていく感じです。指定されたテーマとしては、 「志望動機」、「あなたの強み・弱み」、「旅行業界の印象」、「あなたがやりたい仕事」だったと思います。「志望動機」「あなたの強み・弱み」に関しては、大学時代のエピソードを交えてなるべく具体的に話すようにしました。グループ面接なので、あまり時間 ......(続きは省略されています)

JTB:面接の内容について

JTBの面接はES選考が一次選考、本格的な採用面接は、集団面接と個人面接です。集団面接は、5人ほどが1つの部屋に集まって、面接官3人からの質問に答えていく感じです。面接では、「自己紹介」と「あなたの自慢できるところ」、「大学生活でこれを頑張ったというエピソード」が聞かれました。一人につき5分程度で、あっという間に時間が過ぎてしまった感じです。自分をアピールする余裕はありません。ある程度、質問の内容を想定して、答えを用意しておく必要はありますね。 個人面談では、「あな ......(続きは省略されています)

山陰合同銀行:面接できかれること

一次面接は、本社にて、五~六人1グループの集団面接でした。面接官は二人。面接で聞かれたことは、まずは「将来の夢」です。その答えとして私は、御社に入り、たくさんのお客様とふれあい、地域に貢献したいと答えました。次の質問は「志望動機」でした。それについては、山陰地方で地域密着しながらたくさんの活動を行い、店舗数も増し企業拡大されており、また自己資本比率も高く、賢明な企業だと感じ、ここで仕事をすることで地域に貢献できると考えたからと答えました。「自己PR」では、大学時代にアルバイト ......(続きは省略されています)

角川グループホールディングス:面接は鬼のよう

2016年での面接です。面接回数はなんと4回。1回目は学生2の面接官1。現場で働いている方とお話させていただきました。面接内容はやる気とかそういうことではなく、自分の興味のあることをESに沿って聞かれました。現場の方らしく非常にフレンドリーな方でした。2回目は人事担当の方2人と学生1人。役回りなのかすごく強面の人が厳しい目つきで見てきます。態度も圧がすごく、負けそうになりました。面接自体も課題発表や仕事への意気込みなどを話すものでしたがすごく話しづらい雰囲気でした。ただ、その ......(続きは省略されています)

きらやか銀行:パートさんにパワハラを受けた場合の対処法を聞かれました。

2回目の人事面接で、「もし社内でいじめられたらどう対処しますか?」と聞かれました。質問の意図がわからなかったので、「それはどういったシチュエーションを想定した場合のことをおっしゃっているのでしょうか?」と聞き返したところ、「うちのパートさんは気の強い人が多くて、新人に対するあたりが強い。」「支店には正行員が一人いればいいというルールがあるので、たいていの支店は、内勤の女性たちが新入行員とパートさんという構成になりやすい。なので、『正社員で自分たちよりお金もらっているのに、仕事 ......(続きは省略されています)

  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。