選考内容・面接内容の企業クチコミ一覧

住友林業:研究開発での求人

研究開発部の一次面接官は、研究開発部の副所長一名でした。面接中の雰囲気は終始穏やかであり、積極的にコミュニケーションをとってくれるスタイルでした。大まかな面接の流れは、自己紹介、自身の研究内容の紹介、研究内容について質疑応答、入社後にどんなことをしたいか、最後に、逆質問といった流れでした。研究内容についてはかなり深堀されるため、しっかりと自分の研究内容を伝え、社会の発展にどのように寄与できるかを説明しました。 ......(続きは省略されています)

サンドラッグ:面接での質問の内容

面接では「なぜ弊社を志望したのですか」「店舗見学をして感じたことを教えて下さい」「女性にとってきつい作業(力仕事)がある仕事ですが、大丈夫ですか?」といった内容の質問をされました。自分は「これから伸びゆくであろうドラッグストア業界に興味があった、その中でも御社の地域密着型の経営にとても共感した(アルバイトでの経験から地域密着型の経営の重要性がわかるようになったので)」「(店舗見学は商品の陳列方法や店員の接客スキル、手作りのpopなどを見ておくと良いでしょう)」「病気にあまりな ......(続きは省略されています)

住商メタレックス:面接時の質問内容及び解答例

同社での面接は、特に変わった質問はなく一般的な質問がメインでした。その中から質問を1つピックアップし、回答例と共に共有させて頂きます。 <学生時代頑張ったこと(具体的な過程と結果を含んで)>学生時代に何に打ち込んでいたか。どういった姿勢で、結果を出すために具体的に何を実践したのか。その上で出た結果。以上の3点を質問されました。 同面接を通過出来た私の回答例は下記の通りです。 “学生時代は、英語力上達のために英語学習に励んでおりました。具体的には、 ......(続きは省略されています)

マックスバリュ東海:親身でフレンドリーな面接

この会社の選考の流れとしては、会社説明会・クレペリン・適性検査→一次面接→WEB適性検査→二次面接→最終面接→内々定という流れです。会社説明会でESを2枚配布され、一次面接の時に一枚、二次面接の時にもう一枚持ってくるように指示されます。ESでは志望動機、入社したらやりたいこと、学生時代に力を入れたことなどを記入します。特別変わったことは聞かれません。一次面接ですが、私は選考に参加した時期が遅かったため、通常はグループ面接だったところ、個人面接でした。 ......(続きは省略されています)

箱根登山鉄道:集団面接の練習が必要です

エントリーシートでは、志望動機や箱根の観光における課題、学生時代に力を入れたことなどです。エントリーシートを提出すると、そのまま書類選考となり、ここを通過しないと次の面接に進めないのです。なので、この会社への志望度が高いのであれば、エントリーシートを何度も見直しをしたりして、ブラッシュアップする必要があります。また、当然(?)ではありますが、突っ込まれて答えられなくなりそうなウソをESで記入するのはやめておきましょう。無事に書類選考が通過して、面接になるのですが、タイトルにも ......(続きは省略されています)

電通:面接で聞かれること

電通で聞かれる質問を紹介していきたいと思います。電通の選考は不透明なので有名です。毎年選考のかたちが変化するのでどのような形が来ても対応できるようにしておきましょう。基本的に三次面接の次に最終面接がくるパターンが主流です。最終面接はあまり落ちないと噂なので実質三次面接が最終面接みたいなものです。私は三次面接まで進みましたが、どの面接も非常に厳しく難しい面接をしてきます。内容としては、広告代理店で成し遂げたいことは何ですか?広告代理店の存在意義とは何ですか? ......(続きは省略されています)

ソフトバンク:面接で聞かれること

ソフトバンクで聞かれる面接内容。一次面接はグループディスカッションでした。人数は6人くらいでお題を与えられて結論をだすタイプです。私の時は、「義務教育で一教科足すとしたら何ですか」というお題でした。二次面接、三次面接は個人面接(1対1)です。聞かれる内容としては、学生時代頑張ったことを聞かれてそこから派生していく感じです。二次面接は比較的穏やかな感じで行われました。最近のソフトバンクのニュースは何ですか?ソフトバンクの弱みって何だと思いますか?と聞かれました。他社との比較をし ......(続きは省略されています)

日産自動車:面接の内容

日産自動車の面接を受けました。内容は、自己紹介と自己PRを始めに聞かれました。自己PRを言った後はその内容について気になった箇所を深掘りされました。自己PRでは、ゼミ長として個性が強すぎるゼミ生をどのようにまとめるかを話しました。そのあとは、志望動機を話しました。志望動機では、日産の車が好きなこと、出会った社員さんが魅力的で、こんな人になりたいという目標をもてたこと、同じ女性として、女性の目線に立つことができる社員を目指したいということを話しました。 ......(続きは省略されています)

パナソニック:面接内容(大学時代に頑張ったこと)

大学時代学んだこと、どんな授業を受け、得意科目は何か。なぜ得意科目と言えるかや、苦手科目について。どうして苦手に思うのか、その苦手科目についてどのように苦手を克服しようとしたか、その結果苦手は克服できましたか?という内容を聞かれます。 また、学生時代に他に取り組んだこととして、アルバイトの経験、サークル活動などの話も聞かれました。 あとは、大学時代に最も頑張ったことや周りの人を巻き込んで成し遂げたことなども聞かれました。 ......(続きは省略されています)

日本銀行:採用面接

日本銀行一般職を受けた者です。ESで書類審査があります。その後、携帯電話にて先方から連絡がきて、面接日時が決まりました。結構急で、次の日に面接へ行くことになったので、ES出す時点で対策した方がいいと思います。第一面接では、自分が発言したことを掘り下げる質問が多かった印象です。面接の翌日、携帯電話にて審査通過の旨を聞き、二次面接の日程を決めました。それもかなり急なので、はやめはやめの準備をオススメします! ......(続きは省略されています)

大阪シティ信用金庫:金融機関らしくない質問

大阪シティ信用金庫の面接は最終面接までで5回あり,回数が多い印象です.学校推薦の学生は2回だけのようです.大阪シティ信用金庫では「なぜ金融機関で働きたいか」や「働くことについてどう思うか」のような質問もありましたが,「あなたの取扱説明書を教えてください」という質問もありました.友人も同じような質問をされたそうです.その質問に対して,単純で悩むこともなく,非常に取り扱いが簡単という旨の回答をし,面接官の方の感触も良かったです.ストレス解消法を教えてください,というような質問もあ ......(続きは省略されています)

京都信用金庫:オーソドックスな質問が多い面接でした

京都信用金庫にはインターンシップにも行かせていただいていましたが,インターン生も一般の学生と一緒に面接が行われました.面接官の年齢は比較的50代くらいで男性が多いように見受けられました.質問内容は「どのような人に憧れますか?」「どうして京都で働きたいのですか?」ということでした.「どのような人に憧れますか?」についてはインターンシップの時に実際にお会いした窓口係の若手女性職員の方の対応が素晴らしかったのでそんな職員になりたいという回答をしました.面接官の方はその場では嬉しそう ......(続きは省略されています)

穴吹興産:選考は、面接が3回+適性テスト

ざっくばらんに話をしてくださる社員の方が多く、時にフレンドリーとも感じられる対応でした。選考は、面接が3回+適性テストもあります。10名以上は採用していると思うので、選考を受け始めてから内定が出るまである程度時間はかかったように思います。面接の中で聞かれた内容は基本的なことばかりで、志望動機・自己PR・学生生活についてなどです。質問をたくさん投げかけてくるのではなく、一つの話題から話を膨らませて学生の内面を見るという感じです。私の場合はアルバイトのことを多くお話ししましたが、 ......(続きは省略されています)

ミズノ:面接内容

最初は3人1組の集団面接でした。自己紹介や自己PRなど、ありきたりなことを順番に聞かれました。印象的な質問だな、と感じたのは「自分がやっていた(又は好きな)スポーツの良さを他のお二人に説明してください」というものでした。私は学生時代、サッカー部でしたのでサッカーの良さを他の二人に語りました。同様に、他のお二人からもそれぞれ説明を聞かされ、それに対して、一言程度の感想を述べたことを記憶しております。また、次のステップでは、個人面接となりました。「ミズノに入ってやりたいこと」を結 ......(続きは省略されています)

エイチ・アイ・エス:柔軟な対応力が必要!

私が面接をしたのは全部で3回、どれもグループ面接で、私を含めて4人ずつでした。どの面接でも人事の方の挨拶が非常に元気で体育会系のイメージでした。1回目のグループ面接は志望動機や強み、今まで頑張ってきたことなど基本的なことを聞かれました。きちんと自己分析や入社後のことを話せれば問題ないと思います。2回目のグループ面接は、自己紹介が終わるといきなり話題が変わり、「日本の学生をもっとハングリー精神あふれる人にするにはどうするべきか?」、「あなたが総理大臣ならどのような対策を取るか? ......(続きは省略されています)

JICA:1次面接で聞かれた内容

1次面接の面接官はとても優しそうな中年の女性で、全く圧迫面接ではありませんでした。まず、応募した理由や、学部で力を入れたことなど、一般的なことを聞かれます。その後に、発展途上国への渡航経験、開発援助に関する研究の経験の有無を主に聞かれました。私の知っている内定者はみんな学部で開発援助に関する研究に関わっていたので、そのような経験がないと面接通過は難しいかもしれません。私は経験がなかったため、2次面接に進むことができませんでした。また、「他にアピールしたいことはありますか」と聞 ......(続きは省略されています)

損保ジャパン日本興亜ホールディングス:グループディスカッションによる面談

グループディスカッションによる面談による選考方式でした。質問としては、仕事における一番大事な事を聞かれました。チームは、すでに決められていたので、与えられた時間制限の中でディスカッションしました。他のメンバーと意見を出し合いながら、いかに他のメンバーと協調性を取って意見を発言できるかが争点だったと思いますし、見られてたポイントだったなと思います。一人の人がリーダーシップを取って、司会に徹したり、議事録を取ったりして発表する人は誰なのかとかを決めたりしました。自分の適する役割を ......(続きは省略されています)

パーソルキャリア(旧インテリジェンス):面接回数は多いが、内容の濃さはない

面接が他の会社よりも多い回数ありました。場所は、開催地としてあげられているオフィスならばどこででも受けられました。他社の面接が東京であるときは東京で受けたり、他の時は地元で受けたりと融通がききました。面接回数はとても多かったですが、聞かれることは堅いことではなく人となりを問うような質問ばかりでした。面接官1人に対して、自分だけもしくは私を入れて2人など少人数での面接でした。そのためとても話すことは多くなりますので、初めて会う人と会話を繋げる練習はしておいた方がいいと思います。 ......(続きは省略されています)

日本生命:面接内容

私の場合まず、入室してから立ったままでの自己紹介を行いました。内容としては在籍学校名、氏名、出身地、長所短所、趣味、自己PRを含め5分以内で行いました。またその際は大きな声ではきはきと話すように心がけたのと、常に口角をあげているように努めました。着席した後は趣味でお菓子づくりと言ったので最近、何を作ったのかと何をみて作っているのかの話になりました。また出身地が同じ面接官の方がいらしたので地元の話を少ししました。 ......(続きは省略されています)

全日本空輸(ANA):面接内容と態度

私の場合は集団面接で5対5でした。かなりの圧迫面接と伺っていたので物おじしない態度でいこうと思っていました。実際に始まると一人ずつ自己紹介をしました。一人の持ち時間としては3分くらいが目安でした。その後、ANAといえばどんなイメージがあるかと聞かれました。私はサービス業界の最高峰で常に先進している企業だと思うと答えました。その後は自己紹介の内容で出身地の話になり地元でどんな料理、お店がおすすめで観光スポットなど聞かれました。最後のほうで一人ずつ別の質問をされました。 ......(続きは省略されています)

業界別企業一覧

「メーカー・製造」業界の選考内容・面接内容 
「金融・証券・保険」業界の選考内容・面接内容 
「広告・マスコミ・芸能」業界の選考内容・面接内容 
「建築・住宅・不動産」業界の選考内容・面接内容 
「コンサルティング」業界の選考内容・面接内容 
「IT·情報·通信」業界の選考内容・面接内容 
「インフラ」業界の選考内容・面接内容 
「商社」業界の選考内容・面接内容 
「流通・小売」業界の選考内容・面接内容 
「サービス」業界の選考内容・面接内容 
「人材」業界の選考内容・面接内容 
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。