ゼリア新薬工業:選考内容・面接内容

口コミをカテゴリー別に読む

紳士に新卒者の話しを聞く面接

exam-interview

会社案内説明会後に1対1か1対2の面接が始まります。 

必ず聞かれる面接官からの質問

①   ゼリア新薬工業への志望理由

・御社は創業以来、医療用医薬品では消化器系の疾患をターゲットとしてトップクラスの企業になっています。また、薬局薬店向けとしては、コンドロイチンやヘパリーゼがトップ製品になっています。これらのことから、将来的にも安定した企業であり、私の社会人としてのスタートとして、明るい性格を活かして御社に貢献できると思い志望しました。

解説 

製薬メーカーの面接については、薬剤名を答えに入れることをお薦めします。医薬品名にカタカナが多いので、医薬品名は2個ぐらいが良いでしょう。

面接官は、会社のことを勉強していると感じて好印象になります。私は、この医薬品名を出した結果、面接官に褒められました。

 

②   学生時代の部活動やアルバイトから何を学びましたか。

 ・高校時代は野球部に所属してキャプテンをしてました。全部員のチームリダーとして、コミュニケーションを学びました。

・コンビニで4年間アルバイトをしていました。そのときにお客様とのコミュニケーションの大切さを学びました。

解説

この質問については、学生時代に何を学んだかを言えるかが重要です。周囲の人たちとコミュニケーションが取れるかなどを確認します。私は、サッカー部でキャプテンをしていたので、好印象でした。

 

③   ゼリア新薬でどのような仕事がしたいですか。

 大学病院やクリニックの先生方に、御社の医薬品の効能効果と副作用などの説明をするMRを志望します。

 解説

医療用医薬品を担当するMR職、薬局薬店で販売する医薬品やドリンクなどを担当する営業職、研究開発、管理部門などがあるため、どこの部門を志望するかは必ず聞かれます。どこでも良い禁忌です。私は、薬局薬店向けの営業と希望しその部署になりました。

 

 

 

MOスペシャリストより

ゼリア新薬工業の選考内容・面接内容についての記事は参考になりましたか? ゼリア新薬工業について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

一族経営にあなたが馴染むかが判断されます

exam-interview

 選考内容については、医療用医薬品が中心なので薬剤師の資格があると採用されやすいです。しかし、製薬業界では中堅のため、新卒者を大手に取られる可能性があるから、理系や文系に関係なく内定が出る可能性は高いです。 毎年、実施されるMR認定試験に合格させることが重要なので成績が悪い人は、選考時に落とされる可... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

マーケHOより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    山崎製パン:選考で質問されたこと

     この業界独特の質問をされたことがとても印象に残っています。その質問は2つあります。1つ目は「自分だったらどんなパンを作りたいか」という新しい商品を提案するものでした。パンの会社ということでユニークだと思いましたが、商品開発だったりアイディアの柔軟性などといったことを考慮に入れると、なかなかすぐには答えられない質問でした。でも、食品業界だとこういった自社の新しい商品を考えてみてくださいといった質問は多いでしょう。斬新な考えができるか、それをきちんと発信できるのかを見...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    eminより

    マツダ:【転職体験談】Uターン就職

    面接で聞かれた内容は3つです。転職する理由は何か、以前の会社ではどのようなことをしていたか、海外勤務の経験はあるか、と対応することはできるか、でした。最初の質問は、大体は聞かれる内容ですが、企業側としても、長く勤められる人を要望しているので、その人間性を見たいのだと思います。...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    シジミ汁より

    パナソニック:改革力

    パナソニックの採用選考は結構な下準備が必要であると感じました。まず、最先端を走るメーカーだからなのか、「新しいものを生み出す力」に関する質問がいくつもありました。1を2にするよりも0から1を生み出すということに重きを置いている企業なんだなあとつくづく感じました。ほかの質問としては、「学生時代に何に一番注力したのか」ということを根掘り葉掘り聞かれました。ただそれだけではなく、「どんなふうに努力したのか」、「なぜそれに注力したのか」など理由を重視しながら質疑応答が進んでいきました...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    peaceより

    エーザイ:最終面接時の質問について

    エーザイにおける最終面接は、役員の方3名と対面して行われました。最初にいただいた質問は、現在の厚生労働大臣は誰か、と言った時事的な内容でした。製薬企業なので厚生労働省の動きについて知っておくことは当然大事だし必要であると思います。次に、現在の他社の先行状況についてです。その中で、なぜエーザイを選ぶのか。特にエーザイよりも格上の会社にも内定をもらっていたり最終選考まで残っていたりすると、細かく聞かれます。最後に、エーザイに入って何をしたいのか、ということでした。こちらについては...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    773より

    日立製作所:幅広い知識が必要

    日立製作所の採用面接を受けました。日立製作所の面接はエントリーシートが受理されてからおよそ2週間くらいで連絡がきて、それからは結構とんとん拍子で採用が進んでいったので、日立製作所を受ける方はエントリーシートを提出してからすぐに面接対策を進めておいた方がよろしいかと思われます。(実際、私は日立製作所の...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    かいすより