UBS証券:選考内容・面接内容

口コミをカテゴリー別に読む

グループディスカッション課題:飛行機の機内販売の売上増加

exam-interview

UBS証券の15卒採用におけるグループディスカッション課題事例です。

問題:
飛行機の機内販売の売り上げを増加させる方法を考えなさい(GD)

解答例:

機内販売の売上=1日に飛ぶ便数*平均便収容人数*利用率*機内販売利用者率*一人当たり購買金額
と分解する。

時間がなかったため最も便数が多い新千歳ー羽田間に限定し、1日に6時~21時の間で1時間に2本飛ぶとする。

1便横7人(2-3-2)*40列=280人(定員)、平日と土日は分けずに乗便率は平均8割、そのうち機内販売を利用する客は20人に一人ぐらいで試算する。

機内販売を増加させるにはどこを伸ばすのが最も効果的かを考え、機内販売利用率もしくは一人当たりの購買金額を選択する(ことになるはずである)。

利用率がボトルネックであるとする場合は、利用者が欲しいと思うものを機内に置いていないのではないか、例えば空港でお土産を買い忘れた人用に北海道の名産品などを取り扱ってはどうか、などの意見が出ると考えられる。
複数で議論して進めなければならないのが難しいところ。

haeschenより

UBS証券の選考内容・面接内容についての記事は参考になりましたか? UBS証券について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

2014年卒・サマーインターンES設問

internship

・部活・サークル活動、趣味・特技や最近関心を寄せていることなどについてご記入ください。(400字以内) ・UBSに応募するにあたり、特にこれだけは伝えておきたいということを自由にご記入ください。(400字以内) ・志望動機をお聞かせください。(400字以内) ・今後1年間で日本において最も株価が上昇する業界を特定し、その理由を述べてください。(400字以内... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

SWOT編集部より

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

野村證券:「ノルマ証券」と異名を与えられるほど徹底した営業力(野村證券)

野村證券はInstitutional Investorの「全日本営業力(All-Japan Sales Team)」調査において、2004~2007年の4連続でトップを堅守し続けました。2008年度は偏差でUBS証券にトップの座を渡しましたが、2位を獲得しています。野村證券は、「調査の野村、情報の野...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。